ポイント活用で節約、そして健康生活

よく話題になることですが、私はポイントの活用でなるべく現金を使わないように日々心掛けています。スマホに「毎日やること」フォルダを作り、アンケートに答えたり、くじを引いたり、毎日こつこつ続けてポイントをためるサイトやアプリを集約しています。

起床後や通勤時間、お昼休みなどの空いた時間に一通りそちらを行います。量は自分の負担にならない程度に調整すると良いと思います。また、歩いた歩数でポイントがもらえるアプリもDLしているので、毎日意識して歩くようにしています。メインで溜めているポイントはdポイントです。

他、アンケートサイトなどで溜めたポイントはある程度溜まったらdポイントに変換したりしています。手数料のポイントがかかるものは、例えば1年に1回など決めて変換しています。薬局もdポイントと、薬局のポイントが両方使えるところにして、ポイントのお得な日に買い物をしています。

事前に買うものリストを作成し、無駄な買い物はしないように心がけています。また、お酒に関しては、dポイントをそのまま現金化して使うのではなく、ローソンのお試し引換券に交換して購入しています。

以前はただ何となくコンビニによってお酒を買って・・・とお酒代もかさんでいましたが、今はお試し引換券が使える時は買うことにしたので、お酒の量も減り、休肝日も増えました。ストレスをため過ぎない程度に、うまく利用してみると良いと思います。

ポイントカードの使い分けで楽しく節約できる3つの理由

レンタルショップやコンビニなどで利用できるポイントカードは、私にとって【楽しく節約】するためには欠かせないアイテムです。まず、ポイントを貯める嬉しさがあります。ちりも積もれば山となるで、少額の買い物でもプラスαでポイントがついていく過程はワクワクします。

私の場合は、一定の金額まで貯まったら一気に使い切る。普段はなかなか買えない商品も貯まったポイントで購入するので悩まず使いきれます。また、ポイントカードは種類が多いのも楽しみのひとつです。dポイントカードやnanaco、Suicaなども買い物に応じてポイントがついているので、それらを上手に使う方法など考えていると時間が過ぎるのを忘れてしまいます。

さらにポイントカードの節約術で大きいのは「食費」です。私の場合は、食材をまとめ買いをするのですが、もちろんここでもカードを提示してポイントをガンガン貯めます。節約のコツとしては、目標ポイントを決めることです。私の場合は、3000ポイントを目安にしています。

近所でサービスデーを設けているスーパーマーケットがあるので、近所の人と情報交換をしながら駆けつけます。ポイントが増えて近所の人との交流も出来るので慣れると楽しいですよ。しかも、目標ポイントが貯まったら、それを一気に使い切って豪華な食材を購入するのは、快感でもあります。ぜひ、みなさんも試して頂ければと思います。

主婦の節約生活

主婦の話題によくのぼるのが節約の話です。

最近水道代の話を知人としました。

水道代が光熱費の中でも節約できるのではないかと意見が一致。

そこで、まずは水道の開栓を少し締めてみました。

シャワーの量が減る点では少し不満は残り、勢いよく水が出るシャワーヘッドに交換しました。

子どもたちが手を洗う時、歯磨きの時などの無駄な水は節水できているように感じます。

また節水になると聞いたので食洗器も購入しました。

食洗器に関しては、節水もそうですが家事の負担が減り購入して大正解でした。

月に平均1000円もの節水になりました。

初期投資をしてしまったので出費がありましたが、長い目で見て節約になっているということで納得しています。

また貯蓄に関しては、なかなか他の人と話しにくい話題です。

私は図書館に通い、投資信託の勉強をしました。

積立NISAで口座から引き落とされるように設定しました。

またそれとは別に、毎月給料から積立をはじめました。

これらは強制的に引き落とされているので、かなり効果があるように感じます。

今月は苦しいから預金を下ろしたいと思っても、簡単に下せないのもいい点です。

目標の金額によって貯蓄の仕方も変わると思いますが、さきどり貯蓄はおすすめです。

キャッシングの増額申込みはあてにしない

キャッシングを利用してとてもたくさんのお金を借りられると、気が大きくなってキャッシングできる限度額までお金を借りてしまう人もいます。ですがそうした人というのは、その限度額まで借りたお金を今度返済期限までに返せないことで困ってしまうこともあるものです。

そしてそうした時はまた違うキャッシング会社に借りに行ったり、増額の申し込みをして対処しようとすることもあります。ですが増額の申し込みというのは必ずしも審査が通るわけではないですから注意です。

増額を当てにして買い物をしたり、たくさん借りてしまうのは後で自分の首を絞めることにもなりかねないので気を付けましょう。余裕がある時でも、キャッシングは慎重に利用しましょう。

貯蓄には昼食費を節約するのが近道

お金が貯まらないなと感じたことがある人はたくさんいると思います。

私自身も、以前はお金がなかなか貯まらず、非常に悩んだ経験があります。

なぜたまらないのか、徹底的に自分の家計を分析した結果、大きな原因として、昼食の外食費が無駄にかかりすぎていることに気が付きました。

主に土日の休日に、お出かけした際に「お昼を食べなければならないから適当なと店に入る」という昼食費がかなりかかっていたのです。

この昼食は自分が食べたくてこだわりをもって入った店ではなく、ただお昼をたべるために入った店であり満足感もあまり得ることができません。

そこで私はこの昼食費を浮かすために、徹底して土日にお出かけする際は、家で早めの昼食をとって午後から出かけるか、遅めの昼食にして午前中で用事を済ませてから家で食べるかのどちらかにすることにしました。どうしてもお昼をまたがなければならない場合はおにぎりを作って持っていくことでお腹がすくのを我慢しました。

そうすると、やはり外食と家での昼食では倍以上金額がかわるので、お金があまりかからなくなり、その分、貯蓄に回せるようになりました。

最初は家で毎回昼食を用意するのが面倒だと憂鬱だったのですが、いまは冷凍パスタやレトルト食品などおいしくて安く、手軽に食べられるものが多く売ってあるので、次第に苦痛にはならなくなりました。

あまりストレスが溜まりすぎないように、たまに夜の外食で自分が本当に食べたいお店で贅沢をして節約を楽しくできるように工夫しています。

カードローンの手数料

以前から使っているカードローンについて、手数料が高いなと感じています。

ATMでの入出金は便利なのですが、毎回払っている手数料を考えると、ちょっと失敗だったかもしれません。

何故そう感じているかというと、最近見た某銀行系カードローンが、手数料無料だったからです。

いま使っているカードローンを、なぜ自分が選んだかはもう忘れてしまったのですが、これまでに払った手数料を考えると「もったいなかったな」と思えてなりません。

契約した当時は、それほど深く考えてなかったのかもしれないと反省しています。

1回あたりの金額はともかく、ずっと使うことを考えると、その分の手数料を節約したいな、と思えてきます。

そこで思い切って現在使っているカードローンを解約し、手数料が無料のカードローンに切り替えようと計画しています。

繰り上げ返済が完了するまではある程度時間がかかりそうですが、節約のために、しっかり目標を決めて、目標の期間内に完済する予定です。

もちろん利用しないに越したことはありませんが、いざ使う時に余計なお金を払わなくて済むようにしたいものです。

小さなことでもこつこつ節約して、少しでも多くお金を貯めたいなと考えています。

申し込みが簡単、楽天銀行のカードローン

インターネットから24時間申し込みができて便利な、楽天銀行のカードローン。

このカードローンは、

・楽天銀行に口座がないかた

・楽天のIDを持っていないかた

でも申し込みをすることが可能となっています。

また、インターネットで申し込みができるだけでなく、書類はアプリを使っての提出が可能です。

申し込み後に審査を通過し、在籍確認・本人への電話確認などをクリアできれば、その後にカードが送られてきます。

忙しい方であれば、なかなか銀行の窓口にいって申し込みをする時間も作れませんよね。

そんな方にオススメなカードローンとなっています。

もしカードローンの利用を検討しているのなら、楽天銀行に申し込んでみてはいかがでしょうか。

貯蓄や節約の先にあるものは?

この記事を読んでる方はおそらく将来のことでお金についての不安が大なり小なりあるのかなと思います。

貯蓄や節約は確かにないよりはあった方がいいと思います。

ですが、貯金や節約をしているという話を聞くと生活を切り詰めてという内容も少なくないですよね。

そんな人に聞きたいのですが、そもそも貯蓄や節約をすることが目的になってはいないでしょうか?

お金はあくまでなにかを成し遂げるための道具に過ぎません。

道具を増やすことを目的としては生活はいつまでたっても変わらないですし、気持ち的にも辛くならないですかね?

切り詰めるだけではなくて、ガス抜きも必要だと私は思います。

将来のことは考えてもわからないので、まず3ヶ月分程度の給与分を貯めてみましょう。

生活費の見直しをしてみるのもよいですね。

日々、なににいくらお金を使ってしまっているのか、明らかにすることでみえてくることもあります。

また貯金が全然できないという人は固定費の見直しも必要です。

引っ越し代がかかってしまいますが、ランニングコストを考えると検討してみる価値はありますよ。

貯金ができている人は投資などで増やすという方法があります。

投資はこわいものだと思うかもしれませんが、好きな企業を応援して、リターンで商品券がもらえたりします。

場合によっては元金割れのリスクもありますが、少額ずつ生活に支障のない額を積み立てていくと何年後かには増えているなんてこともあります。

銀行に預けているだけでの利息では増えません。

あくまで1つの案として投資なども考えてみてください。

500円玉貯金や節約方法

心療内科に通院し、ほとんど家から出ないので、お金関係は全て主人に任せてある為、通院などお金が必要な際に貰って、病院代、食費、雑費、お小遣いにあてているのですが、最近の楽しみは本型のはめ込み式の500円貯金です!

1ページ1万円が貯まるのと左側にマメ知識、右側にお金なので、楽しみながら貯金も出来、家族や泥棒(笑)にも気付かれにくいようにカバーも様々な種類があります。小銭で払えるんだけど、あると使ってしまう、、。と思い崩したり、500円がお釣りでくるように計算しながら払っています。

また節約ですが、子供が蛇口を勢いよく出してしまうので、お湯も水も元の部分をしめて調節したり、シャンプーやボディーソープ、食器用洗剤などは薄めても効果は変わらないと聞いたので、3分の1位にして使用しています。半々でも大丈夫らしいのですが、薄いと多く出してしまうので、意味がないかな?と感じました。

後は、地元型のフリマアプリを使い、子供服を安価でお譲り頂いたり、こちらの不要品を買って頂いて、そのお金で外食したりもしています。

送料がかからない分安かったり、販売側の場合、近所まで来てもらえるのも、他のフリマアプリとは違って便利です。

楽しく貯蓄!しあわせ貯金の効果とは?

皆さん、しあわせ貯金ってご存知ですか?

しあわせ貯金とは「嬉しいことがあった時に貯蓄する」という貯金の方法です。

やり方は、嬉しいことがあったら、それを折り紙等の紙に書いて、その中に小銭を入れて、袋や瓶の中に入れます。そして、期間を決めて、1年間貯金するならば一年後にその折り紙など小銭を包んでいるものを開いてその中に書かれている幸せな思い出と共に貯金を取り出します。

お金も貯まれば、日々の幸せも振り返ることができる楽しい貯金の方法です。

しあわせ貯金をすることは、日々の生活に目を向けることにもつながります。日々の生活に目が向くようになれば、「あれ?私無駄遣いしたかも」とか「あれ?これ前に買ったような……」など、自分の行動や持ち物に対しても目が向くようになり、節約もできるようになります。

お金も溜まって節約にもなる、一石二鳥ですね。

しあわせ貯金をする時に必要なのは、幸せな出来事を書いて小銭を包む紙と、それを入れる瓶、または袋。どちらも100円ショップで手に入ります。大きな瓶になると150?200円商品になるかもしれません。袋は巾着袋をおすすめします。

幸せな思い出をお金と一緒に貯金して、無理のない節約をしましょう。