初めてのアイフル利用

学生でまだアルバイトしかしておらず、生活だけで大変な時に、彼女とアウトレットモールに行く事になりました。サイトで見る限り高額なおねだりが来るかなと予感があり、お財布の中を確認したところ所持金ではとても不安でした。

かといって銀行に貯金など無く「どうしたものか」と思っていたところ、消費者金融で借りるという選択肢が頭の中で浮かびました。始めは不安だったもののコンビ二等から返済することができ、なおかつ名前が知られてるのでアイフルを選択しました。

学生でありながら即日借りることが出来て、デート当日に男として無事に見栄を張ることもできて一安心。その翌月にアルバイト費用が入ったところでコンビニから即返済したので利息も大してつきませんでしたが、お財布も再度キツくなってしまったので、今度はリボ払いなどにしようとも思います。

レイクは5万円以内なら180日間無利息サービスが利用できる

消費者金融でよくあるサービスである「無利息サービス」。サービス適用期間は利息が付かないのでお得に利用することができます。レイクは、初めての契約なら2種類の無利息サービスから選ぶことができます。

初めての利用で「30日間無利息サービス」と初めて利用で5万円までなら「180日間無利息サービス」とがあります。なので、少額の借り入れをしたいと思っている人にはレイクはお得に利用することができます。180日間無利息なので、この期間内に返済さえすれば、0円でお金を借りれたことになります。

返済の時もレイクATMか提携ATMを利用すると手数料も0円で利用することができますので、レイクは少額利用するにはおすすめの消費者金融です。

アコムよりプロミスを選ぶ人が多い理由は?

大手の消費者金融で融資スピードが優れているのはアコムとプロミスと言われています。共に申し込みをしてから約1時間で借り入れする事が出来るのですぐにお金が必要な時に利用すると助けてもらえる事が多いです。それでキャッシングをする時にアコムかプロミスのどちらかを選ぶ事になりますが、プロミスを選択する人の方が多いです。そこでなぜプロミスを選ぶ人の方が多いのか見ていく事にしましょう。

アコムは最高金利が18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されています。0.2%の差なのでそれほど変わらないと思う人もいますが、実際に借り入れすると影響してくるので最高金利が低く設定されているプロミスを選ぶ人が多いです。

また共に30日間の無利息サービスを提供していますが、アコムは契約日の翌日からの適用になっているのに対してプロミスは初回借入日の翌日からの適用となっています。プロミスの方が余裕があるのも選ぶ人が多い理由となっています。

銀行のカードローンのメリットについて

銀行のカードローンのメリットは金利の低さです。

通常の借り入れの場合、カードローンでは最高金利が適用されます。銀行では14.5%前後なのに対し、大手消費者金融では18%前後、中小の消費者金融では20%のところもあります。10万円借りていた場合は、銀行の方が年間で3,000円以上も利息が抑えられることになります。

もう一つ、銀行のカードローンのメリットは、提携銀行のATM手数料が無料となっているところが多い点です。自行のATMはもちろん無料。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローンでは、コンビニのATMも手数料無料で使えます。

銀行のカードローンはその銀行に口座を持っていなくても申し込めますし、口座開設もWEBや郵送で出来るところが増えています。ただし、即日融資には対応していないので、借り入れまでの日数に余裕がある人におすすめです。

中小の消費者金融を利用する時は最高金利の設定に注意!

中小の消費者金融は大手の消費者金融より審査に柔軟性があるので可決率も高いと言われています。それでどうしてもお金が必要な時は中小の消費者金融でキャッシングをした方が好都合になる事が多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

中小の消費者金融は最高金利が20%で設定されている業者が多いですが、中にはそれ以上に金利になっている事もあります。しかし法律で20%以上の貸付を行うのは違法になるので最高金利が20%で設定されている悪質な業者の可能性が高いです。

利用してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので中小の消費者金融を利用する時は最高金利が20%以下で設定されている事をしっかり確認してから申し込みをするようにしましょう。

職場の人に内緒で利用出来るモビット!しかし無利息サービスがないので借り方には注意!

大手の消費者金融の中でモビットを選ぶとWEB完結で申し込みをすれば在籍確認を電話以外の方法で行ってくれます。勤務先に電話をかける事がなくなるので職場の人にキャッシングをする事がバレるリスクが少なくなるメリットがあります。

しかしモビットでキャッシングをするとデメリットになってしまう点も少なからずあるので注意しなければいけません。そこでどのような点がデメリットになってしまうのか確認していきましょう。

アコムやプロミスは初めて利用する時に無利息サービスが適用されるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかしモビットは無利息サービスがないので初めて利用する時でも初回借入時から利息が加算されていきます。

無利息サービスがない点がモビットのデメリットなので申し込む前にしっかり頭に入れて上手に利用していきましょう。

バンクイックのサービス面はどのような点が優れている?

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンなので他のカードローンより信頼度が高い事で多くの人に知られています。それでキャッシングをする時もバンクイックを選ぶ人が多いですが、サービス面ではどのような点が優れているのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは審査が回答されるまで数日かかってしまう事が多いですが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行の中に設置されているテレビ窓口でカードローンの申し込みをすると審査が即日回答されます。審査が可決されればその場でカードが発行されるので即日融資にも対応してくれます。またコンビ二に設置されている提携ATMを手数料無料で利用する事が出来るので利便性が高いカードローンという特徴もあります。

エフォートコーポレーションの金利や限度額について

消費者金融であるエフォートコーポレーションの金利や借入限度額はそこまで良くはありません。

まずは、金利でありますが年率15.0%?20.0%までの額に定まります。

通常、金利については初回申し込みでは最高金利が設定されることが多いです。10万円以上の借り入れができるような時なら

利息制限法の影響から18.0%が最初の設定になりますが、お金に余裕のない方が借入することが多いので

最大金利になっているような場合が多いです。

限度額が上がったり、返済実績が上がれば金利も減ってくるでしょう。

借入限度額は最高で50万円までと中小の消費者金融ではよくある基準になっています。1万円から借入ができるので、少額融資に向いている会社です。

現在専業主婦はお金を借りにくい状況です

最近銀行カードローンの過剰融資が問題視され、様々な制約が設けられています。例えば昨年まで契約できたはずの専業主婦が、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンではしれっと契約できないようになっています。そもそも本人に収入のない専業主婦に配偶者に内緒で貸す方に問題があるので、これは致し方ないところです。

大手の銀行カードローンが専業主婦に貸さないなら、他の銀行も横並びで貸さないようになっているのはいかにも日本らしいところであります。しかし専業主婦でもどうしてもお金が必要な時があります。

そこで現在専業主婦がお金を借りられるのは、中小の消費者金融しかありません。中小の消費者金融なら配偶者貸付という特別の制度を利用して、専業主婦に貸し付けている業者もあるのです。

アイフルでキャッシングをする事が出来る人は?

アイフルは即日融資を受ける事が出来る大手の消費者金融なので金欠の状態になった時に利用するとすごく助かります。しかし誰でも利用する事が出来るわけではないので注意が必要です。そこでアイフルはどのような人が利用する事が出来るのか確認していきましょう。

アイフルは20歳以上69歳以下で毎月収入を得ている人となっています。それで正社員、派遣社員、アルバイトなどは該当していれば利用する事が可能です。また学生や主婦でも20歳以上69歳以下で毎月収入を得ていれば利用する事が可能です。しかしアイフルは給与所得でないと収入として認められないので専業主婦や年金受給者は利用する事が出来ません。アイフルにキャッシングの申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。