銀行カードローンの過剰融資問題の本質とは

2010年に改正貸金業法の完全施行によって、消費者金融などの貸金業者には総量規制が導入されました。銀行法によって規制される銀行は総量規制は導入されませんでした。この総量規制によって消費者金融のカードローンの貸出は大幅に減ることになり、変わって2010年からどんどんと貸出残高を増やしてきたのが銀行カードローンだったのです。そして、2017年になって自己破産申請の増加によって銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化したのです。

考えてみれば、遅かれ早かれ銀行カードローンの過剰融資は問題になったと思われますが、その本質には社会問題を何度も引き起こして経営が厳しくなってきた消費者金融が銀行の傘下に入ったり、銀行カードローンの保証会社になったりしたことが上げられます。

このような形式を取ることによって、銀行はカードローンの融資残高をリスク無しに伸ばすし利益を上げることが出来るようになりますし、消費者金融も多額の保証料を取ることによって総量規制によって減ってしまった利益を補填することができたのです。

このことは銀行も消費者金融もウィンウィンになったのです。銀行カードローンの自主規制がどのくらい効果が上げるのかはわかりませんが、自主規制では根本的な解決にはならないでしょう。