地方限定の銀行系カードローンのデメリット

地方限定の銀行系カードローンというのは以下のようなデメリットがあります。

まず、名前の通り、特定の地方限定ですので利用者がほとんどその地域に住んでいる人に限られるので、利用できる幅が少ないです。

また、金利・借入限度額がいいところよりも悪いところが多いのもデメリットになりやすいです。

ATMについても提携先が少なかったり、手数料が普通にとられるといったことも地方の銀行レベルという感じもします。

その他にはやはり借り入れができるまでの審査時間がかかりやすいというようなところも、大手との設備の違い問うものを感じてしまいます。

利便背やサービス面ではやはり大手のほうが分がいいという面は否めないので、よほどいいところがない限りは地方限定のところを使うメリットはないでしょう。