クレジットカードの支払をキャッシングで対応するのは避けるべき!

キャッシングローンの使用例として、生活費の補填や旅行費用、資格取得費用や就職活動費などさまざま挙げられています。しかし、現在ではこれらの多くがクレジットカード決済可能であり、クレジットカードの支払が厳しいといってキャッシングローンで穴埋めするのは避ける必要があります。

特に分割払いを行っている場合、間接的に分割手数料に利息が上乗せされる結果となり、返済負担は大きなものとなります。さらにリボ払いを行っている場合はより総返済額が増える状況を引き起こしてしまいます。

銀行や消費者金融が認めている使用例であっても、返済リスクの増加が考慮されていないケースも多いため、商品紹介などの情報を信じるのは避ける必要があります。