貯蓄には昼食費を節約するのが近道

お金が貯まらないなと感じたことがある人はたくさんいると思います。

私自身も、以前はお金がなかなか貯まらず、非常に悩んだ経験があります。

なぜたまらないのか、徹底的に自分の家計を分析した結果、大きな原因として、昼食の外食費が無駄にかかりすぎていることに気が付きました。

主に土日の休日に、お出かけした際に「お昼を食べなければならないから適当なと店に入る」という昼食費がかなりかかっていたのです。

この昼食は自分が食べたくてこだわりをもって入った店ではなく、ただお昼をたべるために入った店であり満足感もあまり得ることができません。

そこで私はこの昼食費を浮かすために、徹底して土日にお出かけする際は、家で早めの昼食をとって午後から出かけるか、遅めの昼食にして午前中で用事を済ませてから家で食べるかのどちらかにすることにしました。どうしてもお昼をまたがなければならない場合はおにぎりを作って持っていくことでお腹がすくのを我慢しました。

そうすると、やはり外食と家での昼食では倍以上金額がかわるので、お金があまりかからなくなり、その分、貯蓄に回せるようになりました。

最初は家で毎回昼食を用意するのが面倒だと憂鬱だったのですが、いまは冷凍パスタやレトルト食品などおいしくて安く、手軽に食べられるものが多く売ってあるので、次第に苦痛にはならなくなりました。

あまりストレスが溜まりすぎないように、たまに夜の外食で自分が本当に食べたいお店で贅沢をして節約を楽しくできるように工夫しています。