キャッシングの限度額はどう決められているの?

キャッシングの契約の時には最初に利用限度額が定められます。つまり契約できたとしても、その業者の上限ギリギリまで借りられるかどうかは分かりません。利用限度額はその人の信用情報や年収、勤続年数などから決まってきます。業者によって審査基準が異なりますので、「思っていたよりお金が借りられなかった」という結果になることもあります。

貸金業法上では年収の1/3を上限としてしか借りることができませんが、取引実績のない初めて利用する人がいきなり年収の1/3ぎりぎりまで借りることはまずできません。例えば年収300万円の人なら上限は100万円ですが、総量規制の範囲内でその人によって借りられる上限は変わってきます。

収入があり信用できると判断されれば高額の借入も可能です。信用情報から返済能力が疑わしいという場合には、もし契約できたとしても数万円から10万円程度しか借りることができない可能性もあるということです。

延滞することなく返済を続けていき信用を積み上げていけば、増額を希望する時の審査も通りやすくなります。

また長く取引を続けて優良な顧客ということが分かれば、業者側から増額案内が来ることもあります。それでも上限は年収の1/3までですので、これ以上の借入をしたいなら総量規制対象外の業者を選ぶ必要があります。