カードローンの利用について

カードローンと聞いてもピンとこない人は多いと思いますが、カードローンは、個人向けの無担保融資のことを指します。カードローンは担保を付けないでお金を貸すという特徴があり、個人信用を重視したローンということになります。自動車ローンなどの誰でも借りやすいローンとは違い、審査状況によって否決になることも多いです。

お金が必要になった時に便利なものとしてカードローンは多くの人に認知されていますが、カードローンは、基本的に気軽に借りられるローンではないとも言えます。ですが厳格な年収制限がある訳ではなく、原則的に定職に就いていて安定した収入がある方なら申込みは可能と言えます。

限度額10万円のカードローンもあり、学生や専業主婦でもつくれるカードローンも多くなり利便性が高くなりました。審査自体も最近では時間がかからなくなってきているので、利用できる人の幅は広がっていると言えます。カードローンはお金に困った時に便利なものですが、キャッシングと同様にお金を借りていると言う事には変わらないので、しっかりと返済計画を立てて利用を考える事が肝要です。

返済方法としては、利用残高に応じて毎月の金額をあらかじめ決められた返済額に基づき、返済を続ける残高スライド定額リボルビング方式がベターと言えます。