新社会人のキャッシング!契約した翌年度は確定した所得を申告!

銀行や消費者金融のカードローンの中には、入社間もない新社会人が契約できるものもあります。重要なのは安定した収入があり、返済できるかどうかであり、新社会人も見込み年収で契約出来るのが実状です。しかしながら、あくまでも見込み年収であり、年末調整時に確定した年収ではありません。

そのため、カードローンの利用限度は低く設定されるため、確定した年収の連絡忘れは損をする事になります。また、カードローンの中には利用限度枠毎に適用金利がスライドするものもあり、結果として高い金利で契約を継続してしまう可能性もあります。そのため、新社会人の方は損をしないため、年収が確定した際には申告漏れがないように注意することが重要になります。