キャッシング契約時の希望額で注意することとは?

消費者金融のキャシングローンの場合、総量規制により年収の1/3が上限となっています。また、銀行カードローンの場合は、自主規制により年収制限を設けるケースがあり、年収の1/2ないしは消費者金融同様に1/3までなってているケースがあります。申し込み時には、他社借入件数や借入金額を申告する必要があり、返済能力に応じた利用限度額になります。

しかし、契約時に決定される限度額の査定には、総所得になることが多く、返済に充てられる現実的な金額とは異なってしまいます。そのため、希望する限度額は契約者が自ら生活状況に応じた金額を希望することが非常に重要です。金融機関は、融資を行うことで利息収益を得ることが優先され、年収に基づく限界ラインまで提示することがあります。その結果、必要以上の借り入れを生じさせてしまい、契約者自身に掛かる負担の方が増加する傾向にあります。

そのため、金利の高いキャッシング契約は1年以内に完済出来る金額を希望することで、返済遅延や債務超過といったリスクを低減することが可能になります。安易に高額な利用限度額を希望してしまった場合、返済関するリスク以外に他ローンの契約審査に不利な条件ともなるため、計画的な利用以前の事から考えておく必要があります。