キャッシングの申込み先を比較して自分に合ったカードローンを選ぼう

キャッシングの申込み先は、金融業者の数だけ多く存在していますが、申込者にとって最適なカードローン商品は少ないです。なぜなら、カードローン商品ごとに金利設定が異なるだけでなく、契約可能な人の属性範囲に違いがあるので、最初から契約属性として審査通過対象とならないケースもあるからです。

金融業者が受け付けているオンライン申込みの中には、レディースローンでありながら、男性が申し込んでいたりという場合もあります。戸籍上の性別と異なるトランスジェンダー問題があるので、個別に状況を把握する必要があり、システム上で弾いてしまわないようにしている金融業者にとっては、申込み条件を満たさない申込みに対する否決連絡すらも人件費を多く使う内容となってしまいます。

利用規約に明記されていなくても、簡易審査を導入している金融業者が増えているのは、申込み希望者にじっくり選んでもらいたいという事情が見え隠れしているわけです。金利だけでなく、返済日についても指定日のみという金融業者もいれば、最大月6日の中から給与日に合わせて選べる金融業者も登場しています。キャッシング先を選ぶ時には、細かい内容まで比較した上で選ぶことが、申込者だけでなく金融業者にとってもメリットが多いわけです。