ダイレクトワンのサービス内容の2つの特徴

ダイレクトワンはスルガ銀行グループが経営するキャッシングサービスで銀行カードローンだと思ってしまう人が多いです。しかしダイレクトワンは消費者金融に分類されるので銀行カードローンとはサービス内容が異なる部分も多いです。そこでダイレクトワンのサービス内容はどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

・大手の消費者金融より金利が高い

大手の消費者金融の上限金利は18%に設定されているので高金利と言われています。しかしダイレクトワンの上限金利は20%に設定されていて大手の消費者金融より高くなっています。加算される利息が多くなるので借り入れや返済する期間などは注意する必要があります。

・大手の消費者金融より融資スピードが優れている

ダイレクトワンは店頭窓口で申し込みをすると融資可能になるまで最短30分です。大手の消費者金融より融資スピードが優れているので早くお金を借りたい人はメリットになります。

今すぐ融資を受けるための条件を確認しよう

先方へ取引を命じた時に、こちらへ有利な条件につながるかが大事な問題です。キャッシングの成功例は有職者できちんと毎月給料が振り込まれているという部分が条件となり、審査に対する時間が早いほど価値あるサービスに通じます。

無利息の条件が適用されれば、家族に内緒でちゃっかりローンを受ける権利が出ていきます。即日という状況で検索する人が多いので、まずは金融機関で用意しているホームページで内容を確認する事柄が重要です。

ローンにおいては効率よく返済する術が問われ、返済後の信用を保つ条件を目標にすることが理想です。一方手元に現金が少ない場合でも、データとして残されていれば再び借りられる可能性が上がっていきます。

アルバイトでもキャッシングが受けられる!?

アルバイトで収入が少ないけれど、手元に必要な資金がなく、キャッシングを考えているという方は多くおられると思います。

アルバイトだと銀行などではなかなか融資を受けることができません。

ですが、消費者金融であれば現金を借り入れることができるかもしれません。

テレビCMなどでもおなじみの消費者金融であれば、どこも資金力・対応力に余裕がありますので、20歳以上の安定した収入がある方であればアルバイトでも申込みが可能です。

もちろん、バイトもしておらず、本人にまったく収入がないという場合は難しいですが。

また、審査結果も最短で30分~60分で回答され、当日中に振り込まれることがほとんどです。

現金を手にするまでの時間は、数時間程度を見込んでおけば十分でしょう。

急ぎの場合も安心ですね。

銀行カードローンの即日融資がなくなる

2016年から社会問題化している銀行カードローンの過剰融資問題が最近になって金融庁がメガバンクに検査に入るという事態に発展してきています。

金融庁は銀行法にも貸金業法のような総量規制を導入するような脅し文句で銀行カードローンに圧力をかけているようです。

この動きに対して全国銀行協会は総量規制の法的な導入を阻止するために自主規制という形で審査などの厳格化を実施してきましたが、来年からはよく審査を厳格化するために銀行カードローンの即日審査による即日融資をやめる方針を打ち出しています。

銀行カードローンでも即日融資が可能な場合が少なくありませんでしたが、これで銀行カードローンの即日融資は事実上不可能になってしまうようです。

キャッシングはありがたいです。

世の中にはキャッシングをよくないと捉える風潮がありますが、キャッシングはとても便利でありがたいものだと思っています。私は主婦ですがキャッシングを利用したことがあります。まとまったお金が必要だったのですがすぐに用意ができなくてキャッシングしました。

主人に何も頼ることなく、自分の力でできているので誰にも迷惑はかけていません。パート代で賄える額しかキャッシングもしなかったし、キャッシングの返済も期日内だったので無駄な利息を払うこともありませんでした。お金を他人に借りると言う事は親しい友人であってもいいにくいです。

なので、きちんとしたところでお金を借りれる事はとてもありがたいことだと思います。利用する際に計画性があれば本当に便利です。

ローン契約機のある銀行カードローン

銀行カードローンにも大手消費者金融のような無人の自動契約機(ローン契約機)があります。それは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、新生銀行のカードローンです。それぞれのローン契約機の営業時間と簡単な特徴を紹介します。

まず三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のローン契約機をテレビ窓口といいます。その営業時間は平日9時~20時、土曜祝日は10時~18時、日曜は10時~17時と曜日より営業時間が異なることが注意点です。審査は最短30分で完了し即日融資も可能ですが、テレビ窓口の利用には運転免許証が必要です。

次に三井住友銀行カードローンのローン契約機の営業時間は、年中無休の9時~21時です。ちなみにプロミスの自動契約機でも契約可能です。いずれにしても審査は最短30分で完了し、即日融資が可能です。

最後に新生銀行カードローン「レイク」の自動契約機の営業時間は、年中無休の9時~24時です。ただし新規受付は21時までとなります。こちらも審査は最短30分で完了し、即日融資が可能です。

いずれのカードローンも当該銀行の口座は不要です。なおレイクが一番金利が高い分一番審査通過率が高いです。

即日融資が当たり前になりつつあるカードローン

最近カードローンは、即日融資というものが当たり前になりつつあります。お金を借りるまでに1週間ほどかかる地方銀行などが存在するもの事実ですが、余程金利が低いなどのメリットがなければ契約する意味はありません。

しかし即日融資はできるものの、平日のみの金融機関がほとんどです。なぜなら銀行振込みが可能なのは平日15時までだからです。そこで多くの金融機関は平日14時を即日融資のタイムリミットとして、それまでに契約が完了していることを義務づけています。

大手消費者金融などのように自動契約機があれば、平日14時以降や土日祝日でも即日融資が可能です。ただし自動契約機まで行き、最終契約とカードを発行できることが条件となります。都市圏の方はハードルが低いですが、地方でも田舎の方は自動契約機まで遠いので意外とハードルが高いです。

本当に一時的なキャッシングであればクレジットカードの方がお得?

インターネット上でお得なキャッシング方法と言えば、銀行や消費者金融のカードローンを比較するものが多くあります。
しかし、本当にお得なのかと言えば、利息が発生し続けるため、お得とは言い難いのが現状です。
毎月の返済額が少額という反面、返済期間が長期化し易いという問題があります。
例え、口座引き落としにした場合でも、だらだらと返済することになり、金利が低くてもメリットがありません。

一方、クレジットカードのキャッシング枠は利用枠が少額になり、金利も高いことからデメリットが大きいと考えてしまいます。
しかし、翌月に一括返済するという方式が一般的であり、銀行や消費者金融のカードローンに比べ、総返済額が少なくて済むという特徴があります。
さらに、追加返済を行う必要が無いため、提携ATMで発生する手数料も気にしなくて済みます。

より、お得にキャッシングを利用するのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を利用することは悪い方法ではありません。

キャッシングを即日で借りるノウハウ

キャッシングを利用する方のほとんどは、即日融資を希望しています。基本的に人は今すぐにお金が必要なときしかキャッシングを利用しないのです。今日中にお金を用意したい状況においては、審査に落ちることだけは避けたいでしょう。そこで即日で借りるコツとして、金融機関に連絡を一本入れておく方法をおすすめします。即日で借入できる可能性があるのか聞いておくだけでも意味があります。

ローンの審査は属性によって結果が変わってくるため、人によって即日だったり翌日以降になったりします。審査から20分以内に借入できる人もいれば、3日以上かかる人もいるのです。基本的に即日とは最短の場合の日数なので、確実に即日ではありません。金融機関に連絡して年収・勤務先・希望額などを伝えて、即日融資の可能性を確認しましょう。

キャッシングで即日融資を受ける為に必要なこと

キャッシングでその日のうちにお金を借りたいと考えた場合に重要になってくるのが、業者選びと申込み時間、手続きの方法です。

業者を選ぶ時には、即日融資に対応している業者かどうかを確認しておくことが大切です。

即日融資が可能な業者であっても、WEBで申込み、そのまま振込でお金を借りる場合は、金融機関が振込に対応してくれる時間内に、借り入れに関する手続きまで済ませなければ、その日のうちに現金を手にすることができません。

その為、急ぐのであれば、午前中には申込みをしておくことがおすすめです。

しかし、銀行が振込に対応してくれる時間を過ぎてから、急に現金が必要になるということは珍しくありません。

その場合、WEBのみの手続きで即日融資を受けることは難しくなりますが、店頭窓口や自動契約機を利用すれば、即日融資を受けられる可能性が出てきます。

WEBの場合、ATMで使えるカードは、後日郵送という形になりますが、店頭窓口や自動契約機の場合は、その場でカードを発行して貰うことができます。

カードさえあれば、提携ATMからいつでも必要なお金を借りることができます。

急いでお金が必要という場合は、店舗や契約機が近くにある業者を選んでおくと良いでしょう。