キャッシングの申込み先を比較して自分に合ったカードローンを選ぼう

キャッシングの申込み先は、金融業者の数だけ多く存在していますが、申込者にとって最適なカードローン商品は少ないです。なぜなら、カードローン商品ごとに金利設定が異なるだけでなく、契約可能な人の属性範囲に違いがあるので、最初から契約属性として審査通過対象とならないケースもあるからです。

金融業者が受け付けているオンライン申込みの中には、レディースローンでありながら、男性が申し込んでいたりという場合もあります。戸籍上の性別と異なるトランスジェンダー問題があるので、個別に状況を把握する必要があり、システム上で弾いてしまわないようにしている金融業者にとっては、申込み条件を満たさない申込みに対する否決連絡すらも人件費を多く使う内容となってしまいます。

利用規約に明記されていなくても、簡易審査を導入している金融業者が増えているのは、申込み希望者にじっくり選んでもらいたいという事情が見え隠れしているわけです。金利だけでなく、返済日についても指定日のみという金融業者もいれば、最大月6日の中から給与日に合わせて選べる金融業者も登場しています。キャッシング先を選ぶ時には、細かい内容まで比較した上で選ぶことが、申込者だけでなく金融業者にとってもメリットが多いわけです。

即日利用できるキャッシングは海外旅行の際、重宝します

学生時代に海外滞在中、往復航空券のみ購入し、滞在場所など何も決めずに無計画な旅行を決行しました。

もともとの持ち合わせの現金が少ない事もあり、復路航空券の1週間も前に現金が底を尽きてしまいました。

クレジットカードにキャッシングの機能があるとも知らず、ゲストハウス等で手伝いをしながらなんとかしのげました。

やっと帰国の日になり、残ったのはわずかな小銭のみ。日本の空港につけば、お金の引き落としできるし…。と思い安堵していたのもつかの間。

その空港には、空港使用税を現金で払わなければいけなかったのです。必死に説明しました。

クレジットカードはないのか?と言われ、あれよあれよという間にATMでキャッシング方法を教わりました。

上述のストーリの後、異国の土地での現金調達に明け暮れていた1週間の苦労はなんだったのか。あれよあれよという間に現金が手元に!!

無事、税金を支払えたのは良かったです。しかし、もっと早く教えてくれれば…、もっと充実した海外旅行になっていたと思いました。

次の海外旅行からは、高額の現金を持ち歩くリスクもあるので、キャッシングできるATMがある場所を予め把握し、

少額の現金のみ持ち歩き、海外でも口座引き落としのように利用する事がふえました。ほんとに便利で助かります。

日本での日常生活では、口座引き落としで代替の事は足りるかと思いますが、

海外でのピンチの時と、使い方を考えればとても便利な方法です。

むやみに使うと、後からの支払に追われたり大変になりますが、計画的な使用はこれほど便利な物はありません。

アコムで振込キャッシングを利用する時に指定する口座に関する注意点

アコムの借入方法は自社ATMや提携ATMなどもありますが、最近では振込キャッシングを利用する人が多いです。融資の依頼をすると指定の口座に振り込んでもらえるのでアコムの店舗に来店する必要がなくなります。しかし即日融資を受ける時は指定する口座に関して注意点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアコムで振込キャッシングを利用する時に指定する口座に関する注意点を確認していきましょう。

・大手銀行の口座だと銀行の営業時間内に手続きをする必要がある

アコムで振込キャッシングを利用する時の大手銀行の口座を指定する事が出来ますが、即日融資を受ける時は銀行の営業時間内に手続きをする必要があります。銀行の営業時間内に手続きをしないと振込をする事が出来なくなるので翌日以降の振込になってしまいます。即日融資を受ける時は注意しましょう。

・楽天銀行の口座を指定すると24時間いつでも振込可能

大手銀行の口座だと銀行の営業時間内に手続きをする必要がありますが、仕事などで都合がつかない事も多いので困ってしまいます。しかしアコムの振込キャッシングを利用する時に楽天銀行の口座を指定すると24時間いつでも振込してもらう事が出来ます。自分の都合に合わせて即日融資を受ける時は楽天銀行の口座を指定するといいでしょう。

中堅消費者金融の場合、返済方法に要注意!

銀行や大手消費者金融だけでなく、借入先として中小消費者金融を選択することが可能です。日本国内では数多くの貸金業者が営業を行っており、有力な会社として大手に次ぐ中堅消費者金融があります。

ですが、中小消費者金融を利用する場合、金利だけに注目してしまうと実質的な金利が利息制限法の上限20%を超える可能性があります。ただし、利息制限法を超えたとしても出資法の29.2%を超えなければ違反となりません。つまり、利用者が一方的に利息の支払い以外の損を受けることになります。

その理由は、中堅消費者金融の多くは『銀行振込』に影響しています。銀行や大手消費者金融は口座引落やATMからの返済で利用手数料が無料または216円までとなっています。しかし、銀行振込となった場合、異なる銀行間の送金手数料は432円または648円も掛かります。

実は、みなし利息というものがあり、元本以外の支払は利息と見做されることになります。つまり、10万円を金利20%で借り入れし、翌月に完済した場合、計算上の金利が25.2%または27.8%といった高いものになってしまいます。そのため、中小消費者金融から借り入れを検討する場合、返済時の手数料に注意が必要になります。

もし、手数料を回避するのであれば、ネット銀行の振り込み手数料無料サービスや提携ATMの有無、コンビニのメディア端末で返済可能かといったことに注意することをおすすめします。

キャッシング契約時の希望額で注意することとは?

消費者金融のキャシングローンの場合、総量規制により年収の1/3が上限となっています。また、銀行カードローンの場合は、自主規制により年収制限を設けるケースがあり、年収の1/2ないしは消費者金融同様に1/3までなってているケースがあります。申し込み時には、他社借入件数や借入金額を申告する必要があり、返済能力に応じた利用限度額になります。

しかし、契約時に決定される限度額の査定には、総所得になることが多く、返済に充てられる現実的な金額とは異なってしまいます。そのため、希望する限度額は契約者が自ら生活状況に応じた金額を希望することが非常に重要です。金融機関は、融資を行うことで利息収益を得ることが優先され、年収に基づく限界ラインまで提示することがあります。その結果、必要以上の借り入れを生じさせてしまい、契約者自身に掛かる負担の方が増加する傾向にあります。

そのため、金利の高いキャッシング契約は1年以内に完済出来る金額を希望することで、返済遅延や債務超過といったリスクを低減することが可能になります。安易に高額な利用限度額を希望してしまった場合、返済関するリスク以外に他ローンの契約審査に不利な条件ともなるため、計画的な利用以前の事から考えておく必要があります。

大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点

大手の消費者金融は即日融資に対応しているので今すぐお金を借りたい時に利用するとすごく便利です。金欠の状態になった時の対処法として大手の消費者金融でお金を借りるのが定番となってきていますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

・借り過ぎや長期間の返済は危険

大手の消費者金融は即日融資を受ける事が出来るメリットがありますが、金利が高く設定されているデメリットもあります。それにより借り過ぎたり返済期間が長くなると加算される利息も多くなるので返済するのが困難になってしまう可能性があります。借金が膨らむ原因になるので大手の消費者金融でお金を借りる時は必要最低限のお金を借りて早めに返済する事を心掛けましょう。

・借り入れや返済で提携ATMは利用しない

大手の消費者金融の借入方法や返済方法はいろいろありますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する事も可能です。提携ATMはどこにでもあるのですごく便利ですが、利用すると1回ごとに手数料が発生してしまいます。1回ごとに手数料を支払っていると返済する時の負担も大きくなるので提携ATMは利用しないようにしましょう。

銀行カードローンが低金利で融資できる仕組みを知っておくと良い

貸金業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融があります。信販会社と消費者金融は、貸金業法に基づいた貸付を行っているので、2010年6月の法改正により総量規制が導入されて貸付残高を減らしている傾向にあります。銀行カードローンは、銀行法に基づいた貸付という扱いとなるので、適用される法律が消費者金融とは異なるために総量規制対象外です。

消費者金融よりも低金利で無担保ローンを行っている銀行は、なぜ低金利融資が出来るのか不思議に感じる人もいるでしょう。審査を余程厳しくしていると思われがちですが、実際には銀行が損をしない仕組みで貸付を行っているために、銀行カードローンは低金利を維持出来ているわけです。

銀行カードローンを申込みすると、本人確認の後に保証会社として指定されている信販会社または消費者金融から連絡が入るでしょう。保証会社の審査に通過して保証契約を受けられる場合のみ、銀行カードローンを利用出来るわけです。

長期延滞が発生した時には、銀行は保証会社に対して代位弁済を求めるだけで、保証会社が銀行に対して一括返済を行います。保証会社は利用者へ求償権を行使した請求を行なうので、銀行にはリスクが無い貸付を行なっているわけです。

消費者金融の審査は内容の正確性が重視されます

消費者金融からお金を借りる際には、申し込み時に入力する個人情報と勤務先情報について正確に入力する必要があります。審査段階で過去に他の金融業者から借入を行っている場合には、個人信用情報機関へ登録されている内容と整合性が取れていなければなりません。一度申し込みを行っても、何故か審査に通らなかった場合には、すぐに次の申し込みをせずに、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って登録されている内容を確認してみると良いでしょう。

過去または現在に他の金融業者と取引がある場合には、個人信用情報機関へ取引内容ごとに細かく登録されています。登録されている内容に間違いがある場合には、過去に取引があった金融業者経由で登録修正を依頼することが大切です。次に申し込む消費者金融に対しては、本人確認時に個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる部分を指定して、審査に影響が出ないように経緯を説明すると良いです。

前回の申し込みで審査落ちした理由は開示されませんが、少なくとも個人信用情報機関へ登録されている内容が原因で審査落ちしたのであれば、開示請求を行った事実と内容が誤っていることを伝えることも次の申し込みを突破する可能性を広げる意味では重要です。

おまとめローンは余裕がある人が利用する

複数の借入がある場合には、おまとめローンを利用すれば金利が下がるという広告から積極的に検討する人がいます。しかし、おまとめローンを利用する際の目的を誤ってしまうと、かえって返済総額を増やしてしまう点に注意が必要なローンだと知っておからなければなりません。

おまとめローンを利用したことは、他の消費者金融から個人信用情報機関を参照することですぐに分かってしまいます。おまとめローンの金利が下がる仕組みは、利息制限法で定められた上限金利が利用残高に応じて段階的に厳しく制限されていることを利用したものです。100万円を超える金額では、15%が上限金利として定められており、更に金額が増えると段階的に上限金利が厳しくなるわけです。

しかし、毎回の支払額を減らしてしまうと、返済回数がおまとめローン利用前よりも増えてしまう可能性があるので、元金の減り方が借り換え前と同じか寧ろ多い程度に調整する必要があります。多重債務者状態に陥っているために、毎月の返済額を下げるためだけにおまとめローンを利用してしまうと、利息は元金に対して毎回かかるので返済回数が増えた分だけ利息総額が増えてしまうことに気が付いていない人が多いです。

おまとめローンを利用する目的として、早く完済するために利用するならば良い方法ですが、毎月の返済額を減らすための利用は避けた方が良いでしょう。

アコムとアイフルとプロミスの無利息期間の比較

最近では大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは、初めて利用する人であれば、一定期間無利息で利用できる特典が付くことが多くなっています。大手消費者金融として有名なアコム、アイフル、プロミスも初めて契約してキャッシングをする人を対象に、いずれも最大で30日間無利息でキャッシングできるサービスを提供しているのですが、条件や無利息期間開始時期などは微妙に異なります。それぞれの金融機関の無利息期間について解説をします。

・アコム

条件は、アコムの利用が初めてであり、尚且つ返済期日を35日ごととしてカードローンを契約をした人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でカードローンの利用ができます。

・アイフル

条件は、アイフルの利用が初めてであり、キャッシングローンを契約した人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でキャッシングの利用ができます。

・プロミス

条件は、プロミスの利用が初めてであり、尚且つeメールアドレスを登録して、ウェブ明細サービスを利用する、とした人となります。初回出金日の翌日から最大で30日間無利息でサービス利用ができます。

それぞれの金融機関の違いをよく理解して、うまく活用したいですね。