アコムの借り換え専用ローンの特徴を解説

アコムでは借り換え専用ローンという他社債務を一本化して返済負担を減らせる可能性が高いサービスの取り扱いがあります。アコムの借り換え専用ローンの特徴を詳しくみていきましょう。

借り換え専用ローンの最も大きな特徴としてまず紹介したいのが総量規制対象外ということです。アコムは貸金業法に則ってサービス提供をしているので同社のローンは原則総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える借り入れができません。しかし借り換え専用ローンは例外的に総量規制対象外とされているので、他社債務の総額が年収の3分の1を超えていても利用できるのです。

また債務が段階的に減少する返済システムとなっているため、真面目に返済することで確実に借入金の返済を図れます。

消費者金融の無利息期間は契約日に要注意

大手消費者金融各社は初めて利用する方などに一定期間無利息でキャッシングを行なうことができる無利息期間を設けています。

これにより、急な要件でお金が必要になった場合でも決められた期間内に返済することで利息を払わずにキャッシングを行なうことができるのです。

ただしこの無利息期間には注意しなければならない点もあり、無利息期間が始まるタイミングが契約日の翌日からになっている場合があるという点です。

契約した日とキャッシングをした日が異なる場合でも無利息期間は契約日の翌日から始まってしまう消費者金融もあるので、申し込みをする前に無利息期間がいつから開始になるのかしっかりと確認をしましょう。

無利息期間を過ぎてしまうと日割り計算で利息が1日ずつ加算されていくため、できるだけ早く返済した方が返済額を少なく済ませることができます。

消費者金融は即日融資が便利

消費者金融からお金を借りる時には、即日融資が可能なところを選ぶのがポイントです。消費者金融からお金の融資をうけたいと考える時には急いでいることが多いため、少しでも早くお金が手に入ったほうが便利ですし、予定も立てやすくなります。

即日融資をしてもらえるポイントは、早めに申し込みを済ませておくことです。ネットから融資可能かのシミュレーションが出来ますし、可能と診断されたらすぐに申し込みを済ませておけば、早くて1時間程度で審査が完了します。申し込みをした後コールセンターに電話をして急いでいる旨を伝えておくと、優先的に審査をしてもらうことが可能です。支払い期限が迫っていたり冠婚葬祭でお金が足りないという時に便利です。

地方税の滞納分をキャッシングでまかない還付金を得た

自営業者ですが、独立開業後はしばらく収益が出なかったため、地方税は非課税扱いでした。ようやく、一昨年あたりから少しずつ収益も上向きましたが、個人で仕事をしているため源泉徴収されますから、税金を払えるほどの体力はまだありません。

それで今年の確定申告で源泉徴収された分を取り返し、そのお金を滞納していた地方税にそっくり回す気でいました。ところが、源泉された収入が戻る事を知った地元自治体の課税担当者が家に来て、還付金を差し押さえますと通告してきたのです。

つまり、地方税を納税しないと、還付金はいつまで経っても国税局から自分の口座に入らないわけです。解除には地方税の納税が先だといわれました。その足でアイフルに行って事情を説明すると、前年度の確定申告書の控えでキャッシングを受けられました。

1ヶ月無利息プロミスへの返済が終わりました

2週間ほど前に義理の両親から借金の申し込みが携帯電話に入りました。

年金生活で確実に入金されるのは間違いがないので返済への不安や心配は全くありません。

電話で相談をされた次の日には指定口座に入金しました。

ところが今度は私たち家族の中で緊急でお金が必要になってしまいました。

主人と話し合って消費者金融への申し込みをする事にしました。

主人は仕事で時間が合わないので、私の名義で申し込みをする事にしました。

レディースキャッシングで女性のオペレーターの人が対応してくれたので安心しました。

必要事項を相手に伝えて30分程で審査結果の連絡がありました。

今は身分証も携帯カメラで撮影して送る事が出来るので驚きました。

審査には無事に承諾され、必要な5万円の希望額でしたが10万円までの枠がありました。

多く引出をしても返済が大変になると困るので、必要な5万円だけ振込みで入金してもらいました。

カードは後日、自宅に届きました。

この5万円の返済ですが借り入れから1か月までは無利子になります。

振込みから1週間ほどで自宅にカードが届きました。

その返済の為に5万円をコンビニのATMから返済してきました。

急な出費に対応してもらえて、無事に無金利で返済が出来たので本当に助かりました。

次回に必要なお金の入用があるまで、カードは大切に保管しておきます。

お金の借入先は比較をしたうえで決定しよう

必要なときに手軽にお金を借りられるサービスは困ったときの味方となってくれる便利なサービスですが、そのようなサービスを利用するにあたってはすぐに申し込みの手続きに踏み切ってしまうのではなく、事前にある程度の時間をかけて借入先を十分に比較、吟味をすることが大事です。

たとえば、個人向けの融資サービスを提供している業者の中には一定の期間内であれば利息を取らないところもありますし、利用者に対してポイントというかたちで何らかの特典を付与しているところもあります。それとは逆に無利息期間やポイントプログラムがないところもあり、前者と比べると利用者にとってあまりメリットがない業者も少なくはありません。

そのため、少しでも有利な条件でお金を借りるには短絡的にキャッシングに申し込むのではなく、時間をかけて比較や検討をすることが大事になってくるのです。

キャッシングを行うのならアコムがおすすめ!

あなたはキャッシングを利用したことがありますでしょうか?もしキャッシングを行ったことがない方にとってはキャッシングを行う事は不安であるのではないかと思います。しかしながら、大手の消費者金融でお金を借りると言う事はとても安心できることなのです。

大手の消費者金融は国で認めた基準の下、キャッシングを行っております。ですから、しっかりと法律を守った基準でお金を貸し出しているのです。また、初めての方でもキャッシングを受けやすいようなプランなども用意しています。初めての方の満足度が高いこともインターネットの口コミなどで証明されています。もし興味がある方がいましたら一度、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

コンビニATMで余計な借り入れになった!余った分は専用ATMで返済!

銀行や消費者金融のカードローンは、今やコンビニATMを利用することでいつでも自由に利用することができます。ただし、提携ATMは契約先とは異なる金融機関を経由するため、利用手数料が発生してしまいます。

急いでいる時には便利ではあるものの、通常時は可能な限り利用を避けるのがベストです。しかし、コンビニATMの落とし穴はこれだけではありません。

最低利用金額が千円単位ではなく、1万円単位が一般的であり、必要な金額に対して余計に借り入れしてしまうことがあります。その結果、無駄な利息を発生させてしまうといった問題もあります。

そこで、余計に借り入れしてしまった分については、速やかに専用ATMから返済することがおすすめです。当日であれば利息を発生させることも無い上、利用手数料の発生も避けられます。急いで現金が必要だったとしても、支払後に時間の余裕が生じる際にはこの方法により返済してしまうのがポイントです。

アイフルでのキャッシングについて

CMでもお馴染みのアイフルは、大手の消費者金融業者です。

即日融資にも対応していて、最短30分で審査が完了しますので、急な出費などでお急ぎの方には、大変頼りになる金融業者です。

インターネットでの申し込みは、たったの3ステップですので、迷うこともなく、スムーズに申し込みができます。

365日、24時間申し込みができますので、店舗の閉店時間などを気にすることもありません。

インターネットまたは、電話での申し込みの場合は、カードの到着を待つことなく、振り込みをしてもらえます。

カードでのキャッシングは、全国に設置している提携ATMでも、利用ができますので、大変便利です。

申し込み額が50万円以下でしたら、原則、収入証明書は不要で、必要書類は、本人が確認できる、免許証などの書類だけです。

総量規制を気にせずお金を借りられる銀行カードローン

消費者に対してお金の融資を行っているサービスは何種類もありますが、それらのサービスの中には法律によって融資を受けられる金額に上限が決められているものもあります。法律による借入可能額の上限のことを総量規制といいますが、この規制では年収の三分の一までが融資を受けられる上限と定められており、その対象は消費者金融や信販会社、クレジット会社などとなっています。

そのため、消費者金融のキャッシングなどでは総量規制の影響を受けて自身の年収によっては自分の希望額の融資を受けられないケースもあります、万が一、総量規制の影響で消費者金融などからの融資が受けられないという場合には、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用してお金のの工面をするようにしましょう。