キャッシング審査を通るポイントはココ

キャッシング審査は会社により多少ゆるさや厳しさの基準は異なりますが。重要視するポイントはほぼ同じです。そのため、そのポイントさえ押さえておけば何の問題もありません。

そのポイントとは

まずは勤務先への在籍確認。年収と職種を重要視し、返済能力があるかどうかを見極めます。

次に過去に返済遅延やトラブルがないかなどをチェック。

この2点がクリアであれば、ほぼ合格です。

あとは細かい点で、在籍年数や雇用形態、住宅が賃貸か持ち家か。年齢などがチェックされます。家族と同居ですと評価は良いですね。

あとは、同時に他社にも申し込みをしないことと、限度額よりもかなり抑えて借りること。

他社に申込みしていることを黙っていてもバレてしまい、ブラックリストにのってしまう危険が。素直に1社ずつにしましょう。

この点をおさえておけば審査は通ります。

アイフルのかりかえMAXの特徴やメリットは

アイフルでは他社からの借入金の返済負担を軽減できるサービスとしてかりかえMAXというおまとめローンを取り扱っています。かりかえMAXの特徴とメリットをみていきましょう。

・金利と利用限度額

2018年4月13日時点で実質年率は3.0%から17.5%、利用限度額は最高で800万円までとなっています。なおかりかえMAXは例外的に総量規制対象外のローンとなっているので年収の3分の1を超える借り換えにも対応できます。

・資金使途

かりかえMAXはおまとめローンであるため、借りたお金は自由に使うことができず他社借入金の借り換えのみに利用が可能です。

・担保と保証人

かりかえMAXは無担保ローンであるため、担保や連帯保証人などは不要です。

今だからこそ地方銀行にのカードローンを借りるといいかもしれない理由

地方銀行のカードローンは、大手の銀行系カードローンに比べると目立たない存在ではありますが、

今だからこそ地方が狙い目なケースがあります。

大手の銀行は、近年の自主規制の強化により利便性が前よりも減少していますが、地方銀行は

まだその波の影響を大きく受けているわけではないのであります。

まだ、大手の銀行付近が規制に乗り出しているだけですし、いまだに総量規制以上の借入金を認めているところや

地元優遇でのサービスを展開している銀行も存在しています。

ですので、大手で借り入れするよりも、ひょっとしたらいろいろな面で地方銀行の方が

借入しやすくなっているケースがありますので、今ならまだ自主規制が及んでいませんから狙ってみるのもいいかもしれません。

プロミスのおまとめローンの特徴

プロミスでは他社債務を一本にまとめて返済負担を減らすのに役立つおまとめローンの取り扱いがあります。プロミスのおまとめローンの特徴について確認していきましょう。

まず貸付条件についてですが、融資限度額は最高で300万円まで、実質年率は6.3%から17.8%(2018年3月9日現在)となっています。もしも他社から実質年率18.0%で借り入れをしている場合にはこのおまとめローンに乗り換えをすることで支払利息の節約が見込めます。

またプロミスのおまとめローンは総量規制対象外のローンであるため、他社債務をまとめた結果借入総額が年収の3分の1を超えてしまっている場合でも安心して利用できるという特徴があります。

自動契約機でのキャッシングはその場で相談ができる

キャッシングでお金を借りるときには自動契約機を使うという方法があります。

この自動契約機というのは無人で行うという状態なので、一人でなんとかしないといけないと思っている人もいるかもしれないです。

しかし、それは思い込みであり、自動契約機の中には確かに自分以外は誰もいませんけど、誰も助けてくれないわけではないのです。

キャッシングの会社の人間と連絡が取れるようになっており、その人に対して質問をしたりできますから、分からないことがあったら自分で切り抜けないといけないとは言えません。

だから、いつでも頼ることができる便利な環境が揃っているので、自動契約機からキャッシングを利用するというのは結構おすすめと言えるのです。

土日に即日融資を申し込む場合の注意点

急にお金が必要になるのは、平日ではなく土日祝日ではないでしょうか。

土日に即日融資を希望した場合、銀行が休業しているため、原則として、借入金を銀行口座に振り込んでもらう振込キャッシングサービスを受けることができません。そのため、スマホやパソコンで申し込みをして、審査結果が出たら自動契約機でローンカードを受け取るという流れになります。申込み前に、自動契約機の場所や稼働時間をきちんと調べておくことは必須です。

土日は勤めている会社が休みなので、在籍確認ができないという問題もあります。会社から発行されている保険証を提出することで在籍確認の代わりとしてくれる消費者金融もあるので、こちらも事前に確かめておきましょう。

また、50万円以上の借り入れを希望すると、収入証明書が必要となったり、必ず電話での在籍確認が必要となるなど、審査が慎重になります。即日融資も難しくなるので、希望借入金額は控えめにした方がいいでしょう。

アルバイトにお勧め、銀行カードローン

アルバイトというと借金が難しいイメージはないでしょうか。

アルバイトやパートなど収入が少ない人でもお勧めなのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは総量規制対象外なので、低所得の人でも他のキャッシングより借入できる傾向にあります。

総量規制があるところは収入の3分の1までしか借入ができませんが、そんな心配も無用です。

また、審査の基準は「安定した収入がある人」となっているので、アルバイトやパートでも安定した収入があれば審査が通ります。

クレジットカードのキャッシング、消費者金融に比べて利率が低いことも魅力の一つです。

アルバイトだからお金を借りれない、そう思っている人こそ、ぜひ銀行カードローンを試してみてください。

提携ATMの落とし穴!手数料も借りている!

銀行や消費者金融のカードローンは、提携ATMが充実しており、日本全国かつ24時間利用出来るというメリットがあります。一見すると便利なサービスに思えるものの、提携ATMには落とし穴があり、利用手数料が発生するということです。そして、最も注意しなければならないのがこの利用手数料が借入残高に含まれてしまうという点です。

銀行口座からの現金を引き出す場合、手数料は口座残高から差し引かれます。これと同様にカードローンも手数料が借入残高に加算され、利息が発生してしまいます。頻繁に提携ATMを利用する場合、知らず知らずに借入残高を増やしてしまうため、振り込み融資サービスを活用するなどの対策が重要になります。振り込み融資なら振込手数料が引かれる心配がなく、手数料が抑えられるというメリットがあります。

山形にお住まいの方にオススメのカードローン

地方銀行カードローンは、当該銀行口座をお持ちの方を対象に貸付を行っているところが多いです。しかし中には当該銀行口座不要で契約できる地方銀行カードローンもあります。例えば山形銀行のチェリーSなら、口座不要でWeb完結申し込みができます。

チェリーSの基本スペックは、融資限度額が10万円~500万円、金利が年4.5~14.6%です。申し込み条件は山形銀行の営業区域内にお住まいの方で、年齢が20歳以上70歳未満の方となっています。

10万円までの借入なら月2000円の返済でOKで、コンビニATMの手数料が無料というメリットがあります。チェリーSは銀行カードローンなので即日融資は不可能ですが、なかなか低金利で利便性も良いという魅力的なカードローンです。

キャッシングで大事な利息を確認する

手軽に現金を借りることができるキャッシングですが、キャッシングするときに1番大切になってくるのが、利息です。

利息は現金を借りた時に余分に支払わなければいけないもので、この割合が少なければ少ないほど返済をする金額を減らすことができます。利息の金額は会社によって少しずつ異なっており、キャッシングをするときには事前にいくつかの会社を比較しておくことが大切です。できるだけ利息の少ないところで借りることができれば、返済金額を減らすことができます。

どれだけの利息が取られるのかは、インターネットのホームページなので簡単に確認をすることができるようになっています。事前にいくつかの会社を比較して借りる会社を決めておきましょう。

レイクのカードローンのおすすめの申込み方法

レイクのカードローンには様々な申込みを方法がありますが、中でもおすすめなのがスマートフォンのアプリを利用しての申込みです。アプリからの申込みには具体的にどのようなメリットがあるのかについて確認していきましょう。

・来店不要で契約できる

アプリを利用すれば24時間365日申込みができるだけでなく、契約書類の提出や契約の手続きまで行うことができます。来店不要でカードローン契約ができ、振込キャッシングの手続きもアプリで行うことが可能です。

・借入診断も可能

アプリを利用することでカードローンの本申込を行う前にレイクのカードローンが契約可能かどうかの簡易診断を行うこともできます。

・ATMの検索ができる

アプリではスマートフォンの位置情報サービスを利用して、自分のいる付近のATMや店舗の検索ができます。

三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座を指定してプロミスで振込キャッシングを利用する時の振り込まれるタイミングは?

プロミスで振込キャッシングを利用する時に三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定するとリアルタイムでの振込が可能ですが、それ以外の口座を指定すると振り込まれる時間が異なってきます。そこで三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の口座を指定してプロミスで振込キャッシングを利用する時の振り込まれるタイミングを見ていく事にしましょう。

銀行の営業時間が平日の9時から15時までになっているので平日の9時から14時50分までに手続きをすればリアルタイムで振り込まれます。しかし平日の0時から9時までに手続きをすると振り込まれるのが当日の9時30分になってしまいます。またそれ以外の時間帯に手続きをすると翌営業日に振り込まれる事になります。手続きする時間帯によって異なるので注意しましょう。

大手で安心のアコム。初めての方にお薦めです。

初めてキャッシングを申し込むときは誰しもがいろいろな不安があることと思います。そんな中数ある中からどこの会社を選べばよいか迷う方も少なくないでしょう。できれば契約時に‘あれやこれや聞かれたくない’、‘対応してくれるオペレーターが優しい人が良い’など思いますよね?ただこればっかりはやってみないとわかりません。

そんな中いろんなカードを作った私の経験談としてお薦めなのがアコムです。私も一番最初はアコムにしました。一番テレビのコマーシャルで流れておりイメージも良かったから選びました。審査も柔軟な印象で、社会人1年目にカードを作りましたが、カードローンで50万の枠とマスターカード付でしたので、30万のショッピング枠もつきました。

オペレーターも銀行員のように丁寧に対応してくれ、初心者でも安心して申し込みができる会社だと思いますのでぜひ迷っている方は試してみてください。

専業主婦がキャッシングを行うには

毎日の家計をやりくりしている主婦にとって、突然の出費はとても頭の痛い問題ですよね。

今すぐにお金が必要になった場合、キャッシングに頼りたいと思う方もそう少なくはないでしょう。

しかし専業主婦であっても、お金の借り入れを申し込むことは可能なのでしょうか。

まず、総量規制が導入されて専業主婦がキャッシングを行うのが困難になりました。

ですが、配偶者貸付を使えば夫婦のの年収を合計した3分の1まで借り入れすることが可能なのです。

つまり、夫に一定の稼ぎがあれば専業主婦でもキャッシングを行うことができるということになりますね。

夫の同意書や収入証明書、そして夫婦を証明するものさえあれば、配偶者貸付を利用することができます。

ですので、専業主婦がキャッシングを行うにはこの方法を最善と言えるでしょう。

初めてキャッシングに手を染めてしまいました。

 出費がかさむシーズンになってきましたね。収入の範囲で生活をしたいけれど、家賃、水道光熱費、食費なども重なると結構な支出になってしまいます。

僕の場合は6か月定期の切符代と部屋の家賃まとめ払いが重なってかなりの高額になってしまったのです。親にお金を借りるのもなんだか社会人として恥ずかしいことのようにも思え、遂にカードローンを申し込んでしまいました。もっとも、利息で出費するのはもったいないので、30日間利息ゼロのあの会社です。

預金残高は少なかったですが、過去に滞納歴でもないかぎり、よっぽど審査で落ちることもないらしく、僕でも審査に通りました。とりあえず、これで今月を乗り切れる。今はそんな気分ですね。

 キャッシングというとポップな感じがしますが、要するに借金。あまり褒められたものではありません。ただ、たまに緊急避難として借りるのは案外アリかもしれません。