カードローンの比較検討について

最近、テレビCMやネットの広告などで、よく見かけるカードローン、キャッシング。

毎月の給料があと1万、3万多かったらいいのにな…、今月ちょっと使い過ぎちゃった…などなど、そんな時にお金を簡単に借りることが出来る広告を見ると、ついつい手を出してしまう人が多いのではないかと思います。

分割で返済も出来るし、大丈夫か?と思い込んでしまう人が多く、最初は少額から、だんだん感覚がマヒして、ついつい一万二万…と借り入れ金額が増えていきます。

そこがカードローンの恐ろしいところです。

借りる前にまず、返済時の利率をしっかり確認することが大切です。

アイフルやレイクなどの消費者金融より、銀行系のカードローンのほうが利率が低いところが多いです。

また、初回の借り入れは、会社によりますが、一週間?二週間無利子!というところが多いので、給料日前などに一時的に借りて、給料が入ったら、無利子期間中に返す。それなら、全く損はしません。

あとは、初回の審査で、必ず勤め先に在籍確認の電話がいきます。

会社名は名乗らずに…というところがほとんどですが、そのような電話がかかってくると、怪しく思われたりもするので、事前に会社の人に上手くいっておく(クレジットカード新しく作るので、もしかしたら在籍確認あるかも…など)と良いと思います。

ますは、しっかり色々な会社を調べ、比較検討してから始めてください。

勢いでは始めないほうがいいことは、間違えないです。

キャッシングローンのデメリット!目的別ローンの審査では不利になる!その理由は?

銀行や消費者金融など、キャッシングローンは日常的な現金の不足から長期に亘る借り入れまで対応することが出来ます。特にカードローンは、自分の都合に合わせて借り入れが出来る上、突発的な出費にも対応出来ます。

しかしながら、カードローンは目的別のキャッシングローンに比べ、新たなローン契約をする上では不利になりがちです。そもそも、カードローンは大口融資ではなく、小口融資であり、1万円や2万円といった少額の借り入れが出来ます。しかし、少額の借り入れほど、家計収支の管理が出来ていないと判断される可能性があります。1万円や2万円といった金額は、日常生活において節約次第で簡単に確保出来てしまいます。

そして、何度も借り入れをすることは収支管理が出来ていないだけでなく、預貯金も出来ないという印象を与えてしまいます。借金と預貯金はあまり関係のないものと考えがちですが、お金を計画的に利用するという点では似た性質があり、借金とマイナスをゼロまで貯金するというものと考えられます。

つまり、生活費が足りないからといって頻繁に利用することは、お金に対する考え方や管理がルーズと判断される要因になります。そのため、自動車ローンや住宅ローンの返済リスクが高く評価されてしまいます。

そのため、カードローンは必要最小限の利用限度額とし直ぐに返済する、高額な融資は借り入れ後、返済のみの目的別ローンにするなどといった方法が好ましくなります。10万円の利用限度額であれば、結婚式が3回続いてもご祝儀は捻出できる上、ボーナスで一括返済も可能です。重要なことは、1年以内に完済出来る金額に留めておくことであり、新たなローン契約前に完済状態に出来るかどうかです。

キャッシング契約が出来ない場合、中小消費者金融へ契約を申し込むといったケースがあるものの、よりお金に対する考え方はシビアなため、悪いイメージを与えない様にするのがポイントです。

主婦はキャッシングできる?

主婦でも、突然お金が必要になることってありますよね。

まとまったお金が必要になったけど、夫には言えない。そんなこともあるのではないでしょうか。そんな時、さてどうするか。親がまず思い浮かびますが、老いた両親も年金暮らしだったり細々とした生活をしているのに頼りたくない。友人などには絶対にお金を借りたくない。

こんな時、専業主婦でもキャッシングという手があります。

キャッシングという言葉にすごく抵抗感を持っている方もいらっしゃるでしょうが、きちんと返せる範囲で借りるなら健全なもの。住宅ローンや車のローンと同じようなものです。借りて消せばいいだけ。そんなに非難されるようなものではないのです。

銀行系のカードローンならパートやアルバイトで収入のある方はもちろんですが、無収入の主婦でも借り入れできるものもあります。最近のレディースローンですと、オペレーターも女性だったり、とても親切で相談しやすいと思います。それに嬉しいことに「30日間まで無利息」なんていうカードローンも多いのです。

そして何よりこれは大事なのですが「夫にバレないで借りられる」ものが多いってこと。これが一番不安ですよね。

主婦の方も、突然のお金が必要になったらキャッシングという手もあることを忘れないでくださいね。

カードローンを滞納したら取り立てに来るの?

初めてカードローンを利用される方は、もしカードローンを滞納したら厳しい取り立てが自宅にやって来るからと考え、利用を躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。しかし現在は貸金業法という法律で、違法な取り立てに対して厳しい処罰が行われるので心配ありません。

例えば正当な理由なく20時~翌朝9時に自宅に訪問したり、電話をかけることが禁じられています。正当な理由とは、例えばカードローン契約者が「仕事が終わる22時に電話して欲しい」などと伝えた場合です。また正当な理由なく仕事場へ電話をかけることも禁じられています。

貸金業者も業務停止命令を喰らうとイメージダウンが甚だしいので、危ない橋は渡らないでしょう。特に現在大手の金融機関は自宅に取り立てに来ることはなく、電話や督促状が自宅に来る程度です。

「なんだそれなら返済しなくてもいいのでは?」と思われた方は浅はかな考えの持ち主です。督促状を無視し続けていると、借り入れ額によっては裁判を起こされ、給与などが差し押さえられるかもしれません。また裁判ざたにならなくても、3ヶ月以上返済を滞納したら信用情報機関にその滞納の記録が残ります。この記録は滞納が解消しても5年も残り、いわゆるブラック状態になります。こうなると一切のローンが組めなくなるので、安易に滞納してはならないのです。

カードローンの問題は過剰融資以外にある!

銀行カードローンの過剰貸付や借り入れが問題化し、借り入れ行為自体に悪いイメージがあります。銀行カードローンと言えども、上限金利14.5前後というのは低いとは言えません。しかし、金利自体が返済不能になる原因ではなく、要因です。早期返済を行うことで、利息の発生は抑えられ、結果として直接的な原因ではありません。

むしろ、カードローンの問題は返済方法にあり、リボルビングスライド方式が原因と言えます。銀行カードローンの多くは、毎月の返済額を低いといった謳い文句があるものの、これは返済期間を長期化させ、発生する利息を増やすことに繋がります。

目的別ローンの場合は、毎月の約定返済額が高く設定されており、自動車ローンなどがいい例となります。毎月の返済額が高ければ、必要以上に借り入れを行い難くなります。

また、返済が厳しいというイメージは、悪いように思われるものの、実際には無理な借り入れからの自己防衛にも繋がっていました。結果的に銀行カードローンの問題は、返済が長期化し易いことが一番の問題となります。

そのため、返済に苦しまないためには、どの様な返済方法が最適なのか、そして毎月どれほど返済に充てられるのかを認識しておく必要があります。如何に過剰融資や借り入れを防止したとしても、少額の借り入れで返済が苦しくなってしまう、現在の返済方式を規制することが一番の課題です。

楽天銀行カードローンはアルバイトでも契約可能

銀行のカードローンは、ノンバンクのカードローンと比較すると、低金利かつ高利用限度額であるケースが多いですし、総量規制対象外なので年収に関係なく借り入れができるというメリットが有ります。その一方で、雇用形態がアルバイトなどの場合は契約するのが難しいという問題もあります。

しかしながら、楽天銀行カードローンは銀行系カードろーんでありながら、アルバイトでも契約ができるという大きなメリットをもったカードローンとなります。楽天銀行カードローンについて、詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

利用限度額については最高で800万円までと高利用限度額になっていますし、金利に関しては年0.95%~7.25%(2017年9月1日現在)と大変な低金利となっています。お得に借り入れがしたいという人にはピッタリのカードローンですね。

・申込み要件

申込み要件については、満20歳以上62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)であり、日本国内に住居していて、申込者本人あるいは配偶者に安定した収入があること、とされています。

雇用形態が正社員でなくても契約可能なのがうれしいですね。

・契約に必要なもの

運転免許証等の本人確認書類と源泉徴収票などの収入証明書類があれば契約可能となります。

総量規制対象外とは?

お金を貸し付けることに関して規制があります。それは本当に色々とあるのですが総量規制というのもあるのです。キャッシングサービス、カードローンサービスにおいて、総量規制というのが課せられるようになりました。貸し付ける総量に対する規制になりますから、よく覚えておきましょう。それが年収の三分の一、ということになっています。

しかし、対象外となることもありますから、色々とタイプがある、ということはよく理解しておきましょう。まず総量規制対象外となるのが銀行です。あくまで総量規制とは貸金業に対する規制になりますから、要するに消費者金融などが規制の対象になるわけです。つまりは、銀行のカードローンなどは総量規制、貸し付け制限が課せられることがない、ということになります。しかし、だからといって銀行が年収の三分の一以上を確実に貸してくれるわけではない、ということは認識しておきましょう。

もう一つ、規制の対象外となるのが、おまとめローンなどになります。総量規制とは貸し付ける側の規制ではあるのですがおまとめローンの場合、借り手が金利面などでお得になります。お得になるわけですから、それに関しては規制外になっています。

おまとめローン利用時の鉄則とは

おまとめローンを利用することが出来れば、目に見えるようなデメリットは感じられることはありません。おまとめローンは利用する側のメリットが多いローン商品であることは間違いない事実です。
しかし、一見するとおまとめローンのメリットに見える「月々の返済金額」を減らせるということは実はデメッリトになる可能性が高いので、おまとめローンを利用するときには「月々の返済額」についてはよほど注意して設定することが必要です。

月々の返済額を減額するということは、その返済額に対して元本への充当額が少なくなるということを意味しています。
元本への充当額が少なくなれば当然ながら、元本が減っていくスピードは遅くなることが考えられます。
つまり、いつまでたっても返済が終わらず、おまとめローンのメリットを享受するどころか、たくさんの利息額を払うことによっておまとめローンの金融機関を喜ばせるだけということになってしまいます。

それぞれのおまとめローンの返済シュミレーションを利用してメリットのある月々の返済額を設定する必要がありますが、もし月々の返済額に不安がある場合には月々の返済額を少なくして、繰り上げ返済をできるだけ利用して早期完済を目指すべきでしょう。

無利息でお得にキャッシングができるサービスのメリット

冠婚葬祭や仕事に必要なアイテムを買う費用が急に必要になったときなど、手元の資金が足りない時にキャッシングをすると便利です。キャッシングというと利息がかかると思いがちですが、無利息で簡単でお得に資金を手に入れることが可能なキャッシングの方法があります。それは、大手のクレジットカード会社が行っている30日間無利息キャッシングサービスです。利息がかからないので、お得にキャッシングをしたいユーザーに人気が高いです。1ヶ月以内の返済をすれば無利息なので、給料日が近い場合などすぐにお金が入る予定がある人にとってお得なサービスです。

キャッシングを大手消費者金融ですることはポピュラーですが、消費者金融でお金を借りることに抵抗がある人にとって便利なのが、銀行でキャッシングをすることです。銀行の中にも30日間無利息キャッシングができるところがあります。また、アルバイトの人や専業主婦でも気軽にキャッシングができるのが楽天銀行です。専業主婦の人でも条件が合えば簡単に審査を通るので人気が高いです。手続きも分かりやすいので、あまりキャッシングをしたことがない人で安心です。楽天ローンの契約はスマホですることができるので、仕事で忙しくて時間がない人にとって便利です。

キャッシングの申込み先を比較して自分に合ったカードローンを選ぼう

キャッシングの申込み先は、金融業者の数だけ多く存在していますが、申込者にとって最適なカードローン商品は少ないです。なぜなら、カードローン商品ごとに金利設定が異なるだけでなく、契約可能な人の属性範囲に違いがあるので、最初から契約属性として審査通過対象とならないケースもあるからです。

金融業者が受け付けているオンライン申込みの中には、レディースローンでありながら、男性が申し込んでいたりという場合もあります。戸籍上の性別と異なるトランスジェンダー問題があるので、個別に状況を把握する必要があり、システム上で弾いてしまわないようにしている金融業者にとっては、申込み条件を満たさない申込みに対する否決連絡すらも人件費を多く使う内容となってしまいます。

利用規約に明記されていなくても、簡易審査を導入している金融業者が増えているのは、申込み希望者にじっくり選んでもらいたいという事情が見え隠れしているわけです。金利だけでなく、返済日についても指定日のみという金融業者もいれば、最大月6日の中から給与日に合わせて選べる金融業者も登場しています。キャッシング先を選ぶ時には、細かい内容まで比較した上で選ぶことが、申込者だけでなく金融業者にとってもメリットが多いわけです。