アイフルの普通のキャッシングとおまとめローンの契約方法の違いは?

アイフルは普通のキャッシングと複数の業者からの借入を一つにまとめるおまとめローンがあります。

使用用途が違うのはもちろんですが、契約方法も異なってくるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこでアイフルの普通のキャッシングとおまとめローンの契約方法の違いを確認していきましょう。

普通のキャッシングは店頭窓口、てまいらず、ネットなどで契約する事が出来ます。

しかしおまとめローンは店頭窓口か郵送で契約をする事になります。

ネットで申し込みをする事は可能ですが、契約する事は出来ないので注意が必要です。

また郵送で契約手続きをする時は融資可能になるまで時間がかかってしまう事が多いので注意が必要です。

申し込みをする前に違いをしっかり確認しておくようにしましょう。

自動契約機でキャッシングを申し込むメリット

キャッシングが便利な部分は、一度契約をしたら、限度額まで何度でも融資を受けられて、融資されたお金をユーザーが好きなように使える事です。このキャッシングの契約を行うには、申込書と本人確認書類を提出して審査を受けて通過する事が必要です。本人確認書類としては、健康保険証やパスポートや運転免許証が該当します。

キャッシングの申し込みは、街中で見かける自動契約機で行えます。この自動契約機は、近年、タッチパネルを採用しており、ディスプレイに表示される通りに申込者が操作をしていく事で、必要事項の入力と本人確認書類のスキャニングを終えて、審査センターへ送る事が出来ます。審査センターでは、申込み内容を精査して、本人確認書類や在籍確認によって、実際に本人がキャッシングの申込みをしたのかどうかを確認します。消費者金融会社独自のスコアリングシステムや信用情報機関のデータベースに照らし合わせて、返済能力があるのかを調べます。

無事に審査を通過すれば、正式に消費者金融会社とキャッシングの契約をします。この後は、キャッシング用のカードが発行されたり、Web返済などのカードレスな入金・返済システムを使えたり出来ます。自動契約機でキャッシングを申し込むメリットは、ネットによる申込みなどが出来ない時に、自動契約機を使う事で行える点です。

銀行カードローンの即日融資がなくなる

2016年から社会問題化している銀行カードローンの過剰融資問題が最近になって金融庁がメガバンクに検査に入るという事態に発展してきています。

金融庁は銀行法にも貸金業法のような総量規制を導入するような脅し文句で銀行カードローンに圧力をかけているようです。

この動きに対して全国銀行協会は総量規制の法的な導入を阻止するために自主規制という形で審査などの厳格化を実施してきましたが、来年からはよく審査を厳格化するために銀行カードローンの即日審査による即日融資をやめる方針を打ち出しています。

銀行カードローンでも即日融資が可能な場合が少なくありませんでしたが、これで銀行カードローンの即日融資は事実上不可能になってしまうようです。

ローン契約機のある銀行カードローン

銀行カードローンにも大手消費者金融のような無人の自動契約機(ローン契約機)があります。それは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、新生銀行のカードローンです。それぞれのローン契約機の営業時間と簡単な特徴を紹介します。

まず三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のローン契約機をテレビ窓口といいます。その営業時間は平日9時~20時、土曜祝日は10時~18時、日曜は10時~17時と曜日より営業時間が異なることが注意点です。審査は最短30分で完了し即日融資も可能ですが、テレビ窓口の利用には運転免許証が必要です。

次に三井住友銀行カードローンのローン契約機の営業時間は、年中無休の9時~21時です。ちなみにプロミスの自動契約機でも契約可能です。いずれにしても審査は最短30分で完了し、即日融資が可能です。

最後に新生銀行カードローン「レイク」の自動契約機の営業時間は、年中無休の9時~24時です。ただし新規受付は21時までとなります。こちらも審査は最短30分で完了し、即日融資が可能です。

いずれのカードローンも当該銀行の口座は不要です。なおレイクが一番金利が高い分一番審査通過率が高いです。

即日融資が当たり前になりつつあるカードローン

最近カードローンは、即日融資というものが当たり前になりつつあります。お金を借りるまでに1週間ほどかかる地方銀行などが存在するもの事実ですが、余程金利が低いなどのメリットがなければ契約する意味はありません。

しかし即日融資はできるものの、平日のみの金融機関がほとんどです。なぜなら銀行振込みが可能なのは平日15時までだからです。そこで多くの金融機関は平日14時を即日融資のタイムリミットとして、それまでに契約が完了していることを義務づけています。

大手消費者金融などのように自動契約機があれば、平日14時以降や土日祝日でも即日融資が可能です。ただし自動契約機まで行き、最終契約とカードを発行できることが条件となります。都市圏の方はハードルが低いですが、地方でも田舎の方は自動契約機まで遠いので意外とハードルが高いです。

本当に一時的なキャッシングであればクレジットカードの方がお得?

インターネット上でお得なキャッシング方法と言えば、銀行や消費者金融のカードローンを比較するものが多くあります。
しかし、本当にお得なのかと言えば、利息が発生し続けるため、お得とは言い難いのが現状です。
毎月の返済額が少額という反面、返済期間が長期化し易いという問題があります。
例え、口座引き落としにした場合でも、だらだらと返済することになり、金利が低くてもメリットがありません。

一方、クレジットカードのキャッシング枠は利用枠が少額になり、金利も高いことからデメリットが大きいと考えてしまいます。
しかし、翌月に一括返済するという方式が一般的であり、銀行や消費者金融のカードローンに比べ、総返済額が少なくて済むという特徴があります。
さらに、追加返済を行う必要が無いため、提携ATMで発生する手数料も気にしなくて済みます。

より、お得にキャッシングを利用するのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を利用することは悪い方法ではありません。

キャッシングを即日で借りるノウハウ

キャッシングを利用する方のほとんどは、即日融資を希望しています。基本的に人は今すぐにお金が必要なときしかキャッシングを利用しないのです。今日中にお金を用意したい状況においては、審査に落ちることだけは避けたいでしょう。そこで即日で借りるコツとして、金融機関に連絡を一本入れておく方法をおすすめします。即日で借入できる可能性があるのか聞いておくだけでも意味があります。

ローンの審査は属性によって結果が変わってくるため、人によって即日だったり翌日以降になったりします。審査から20分以内に借入できる人もいれば、3日以上かかる人もいるのです。基本的に即日とは最短の場合の日数なので、確実に即日ではありません。金融機関に連絡して年収・勤務先・希望額などを伝えて、即日融資の可能性を確認しましょう。

キャッシングで即日融資を受ける為に必要なこと

キャッシングでその日のうちにお金を借りたいと考えた場合に重要になってくるのが、業者選びと申込み時間、手続きの方法です。

業者を選ぶ時には、即日融資に対応している業者かどうかを確認しておくことが大切です。

即日融資が可能な業者であっても、WEBで申込み、そのまま振込でお金を借りる場合は、金融機関が振込に対応してくれる時間内に、借り入れに関する手続きまで済ませなければ、その日のうちに現金を手にすることができません。

その為、急ぐのであれば、午前中には申込みをしておくことがおすすめです。

しかし、銀行が振込に対応してくれる時間を過ぎてから、急に現金が必要になるということは珍しくありません。

その場合、WEBのみの手続きで即日融資を受けることは難しくなりますが、店頭窓口や自動契約機を利用すれば、即日融資を受けられる可能性が出てきます。

WEBの場合、ATMで使えるカードは、後日郵送という形になりますが、店頭窓口や自動契約機の場合は、その場でカードを発行して貰うことができます。

カードさえあれば、提携ATMからいつでも必要なお金を借りることができます。

急いでお金が必要という場合は、店舗や契約機が近くにある業者を選んでおくと良いでしょう。

おまとめローン利用時の鉄則とは

おまとめローンを利用することが出来れば、目に見えるようなデメリットは感じられることはありません。おまとめローンは利用する側のメリットが多いローン商品であることは間違いない事実です。
しかし、一見するとおまとめローンのメリットに見える「月々の返済金額」を減らせるということは実はデメッリトになる可能性が高いので、おまとめローンを利用するときには「月々の返済額」についてはよほど注意して設定することが必要です。

月々の返済額を減額するということは、その返済額に対して元本への充当額が少なくなるということを意味しています。
元本への充当額が少なくなれば当然ながら、元本が減っていくスピードは遅くなることが考えられます。
つまり、いつまでたっても返済が終わらず、おまとめローンのメリットを享受するどころか、たくさんの利息額を払うことによっておまとめローンの金融機関を喜ばせるだけということになってしまいます。

それぞれのおまとめローンの返済シュミレーションを利用してメリットのある月々の返済額を設定する必要がありますが、もし月々の返済額に不安がある場合には月々の返済額を少なくして、繰り上げ返済をできるだけ利用して早期完済を目指すべきでしょう。

即日利用できるキャッシングは海外旅行の際、重宝します

学生時代に海外滞在中、往復航空券のみ購入し、滞在場所など何も決めずに無計画な旅行を決行しました。

もともとの持ち合わせの現金が少ない事もあり、復路航空券の1週間も前に現金が底を尽きてしまいました。

クレジットカードにキャッシングの機能があるとも知らず、ゲストハウス等で手伝いをしながらなんとかしのげました。

やっと帰国の日になり、残ったのはわずかな小銭のみ。日本の空港につけば、お金の引き落としできるし…。と思い安堵していたのもつかの間。

その空港には、空港使用税を現金で払わなければいけなかったのです。必死に説明しました。

クレジットカードはないのか?と言われ、あれよあれよという間にATMでキャッシング方法を教わりました。

上述のストーリの後、異国の土地での現金調達に明け暮れていた1週間の苦労はなんだったのか。あれよあれよという間に現金が手元に!!

無事、税金を支払えたのは良かったです。しかし、もっと早く教えてくれれば…、もっと充実した海外旅行になっていたと思いました。

次の海外旅行からは、高額の現金を持ち歩くリスクもあるので、キャッシングできるATMがある場所を予め把握し、

少額の現金のみ持ち歩き、海外でも口座引き落としのように利用する事がふえました。ほんとに便利で助かります。

日本での日常生活では、口座引き落としで代替の事は足りるかと思いますが、

海外でのピンチの時と、使い方を考えればとても便利な方法です。

むやみに使うと、後からの支払に追われたり大変になりますが、計画的な使用はこれほど便利な物はありません。