キャッシングの限度額の増額を業者側が提案してくれる条件は?

キャッシングの限度額を増額したい時に自分から申請するのが基本的な方法ですが、業者側から提案される事もあります。そこでキャッシングの限度額の増額を業者側が提案してくれるのはどのような条件に該当する人なのか見ていく事にしましょう。

キャッシングの契約をして間もない時は業者側もあまり信用していないのが本音です。しかし契約してから1年以上経過していて返済期日までにしっかり返済しているとこの人は返済能力がしっかりしていると判断されます。それで業者側から信用されるようになり限度額の増額を提案してもらえます。また東京や大阪など主要都市にある業者を利用してキャッシングをしている時は契約してから半年以上経過していて返済期日までにしっかり返済していると限度額の増額を提案してもらえる事もあります。

地方限定の銀行系カードローンのデメリット

地方限定の銀行系カードローンというのは以下のようなデメリットがあります。

まず、名前の通り、特定の地方限定ですので利用者がほとんどその地域に住んでいる人に限られるので、利用できる幅が少ないです。

また、金利・借入限度額がいいところよりも悪いところが多いのもデメリットになりやすいです。

ATMについても提携先が少なかったり、手数料が普通にとられるといったことも地方の銀行レベルという感じもします。

その他にはやはり借り入れができるまでの審査時間がかかりやすいというようなところも、大手との設備の違い問うものを感じてしまいます。

利便背やサービス面ではやはり大手のほうが分がいいという面は否めないので、よほどいいところがない限りは地方限定のところを使うメリットはないでしょう。

銀行カードローンの過剰融資問題の本質とは

2010年に改正貸金業法の完全施行によって、消費者金融などの貸金業者には総量規制が導入されました。銀行法によって規制される銀行は総量規制は導入されませんでした。この総量規制によって消費者金融のカードローンの貸出は大幅に減ることになり、変わって2010年からどんどんと貸出残高を増やしてきたのが銀行カードローンだったのです。そして、2017年になって自己破産申請の増加によって銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化したのです。

考えてみれば、遅かれ早かれ銀行カードローンの過剰融資は問題になったと思われますが、その本質には社会問題を何度も引き起こして経営が厳しくなってきた消費者金融が銀行の傘下に入ったり、銀行カードローンの保証会社になったりしたことが上げられます。

このような形式を取ることによって、銀行はカードローンの融資残高をリスク無しに伸ばすし利益を上げることが出来るようになりますし、消費者金融も多額の保証料を取ることによって総量規制によって減ってしまった利益を補填することができたのです。

このことは銀行も消費者金融もウィンウィンになったのです。銀行カードローンの自主規制がどのくらい効果が上げるのかはわかりませんが、自主規制では根本的な解決にはならないでしょう。

おまとめローン利用時でも借り入れできるところはあるのか?

おまとめローンは利用中は他から借入できないという風に一般的に言われています。

確かに消費者金融などの規約を見ていると借入できないようなところが多いといわれています。

それも祖もはず、借入金額が多いのに他から借り入れをしたら、返済ができないかもしれないリスクが大きいからです。

ですが、金融機関の中には他からの借り入れができるような場合もあります。

こういったことがある理由としては総量規制によって借入上限があるから、あまりにも借入することはできないという面があるからです。

そうなれば、あまりに返済しきれないお金を借入するようなこともありませんので、安心感があるからこそ

ある程度まではいいという風にしていることがあるのです。

キャッシングに申し込む際は、返済方法のチェックも必要です。

初めてキャッシングを申し込む際に気になるのは、審査に通るかどうかということ、そして金利がどれくらいになるか、ということではないでしょうか。大手消費者金融のサイトでは、返済のシミュレーションができるようになっているので、申込み前にだいたいの金利を計算することができます。ですが、金利と同じくらいに注意をしたいのが、返済方法です。

キャッシングの返済はATMの利用が一般的ですが、日ごろの行動範囲に手数料無料で利用できるATMがあるかどうかは意外と重要です。返済の度にATMの手数料がかかれば金利が高いのと同じことになるし、近所にATMがなくて返済が遅れると余分な金利を払うことにもなります。初めてキャッシングに申し込み際には、自分にとって返済しやすい消費者金融を選ぶというのもポイントの一つです。

金融事故情報で連鎖的に利用停止や解約の可能性も!

銀行や消費者金融でのローン契約、クレジットカードの契約では個人信用情報が重要です。新規申し込み時に個人信用情報に事故情報があると審査通過は困難になっています。ですが、利用期間中でも注意が必要であり、カードローンの返済遅延でクレジットカードも利用停止になるリスクがあります。

キャッシングを提供する貸金業者は消費者金融だけではなく、クレジットカード会社もあります。特にクレジットカードにショッピング枠の他にキャッシング枠を設けていると連鎖的に利用停止になるケースがあります。貸金業法では、契約者の途上与信を3ヶ月ごとに確認することが義務付けられています。つまり、キャッシング枠のあるクレジットカードも対象となり、結果としてクレジットカード会社にも知られることになります。

現在では、クレジットカードを持っている方が多く、キャッシング枠も知らずに契約していることがあるため、連鎖的に利用停止にならないよう注意が必要です。そのため、クレジットカードではキャッシングを利用しないなどの対策が重要になります。

貸金業者の中には、返済遅延に厳しい対応を取る会社もあり、一回の返済遅延が生活全体に大きなデメリットを与えることもあります。そのため、契約先の検討も慎重に行う必要があります。

WEB完結申し込みならば時間や場所を制限されずにいつでもキャッシングを申し込める

平日は仕事に追われて生活をしている人の場合、自分が自由に使える時間帯というものは非常に限定されてくるので、いざキャッシングの申し込みをしに消費者金融の店舗に足を運ぼうとしてもなかなか時間の都合がつかないという人は少なくはないはずです。

また、仕事を終えた後に消費者金融の店舗に足を運ぼうとしてもすでに終業時間となっており、キャッシングの申し込みを受け付けてくれない場合もあります。そのようなときに便利なのがキャッシングのWEB完結申し込みです。このWEB完結申し込みでは文字通り、キャッシングの申し込みの手続きのすべてがネット上で完結されるため消費者金融の店舗に足を運ぶことなく、営業時間を気にする必要がありません。

自宅や職場のパソコンなどからいつでも自分の都合のいい時にキャッシングを申し込むことができるのです。

ダイレクトワンのサービス内容の2つの特徴

ダイレクトワンはスルガ銀行グループが経営するキャッシングサービスで銀行カードローンだと思ってしまう人が多いです。しかしダイレクトワンは消費者金融に分類されるので銀行カードローンとはサービス内容が異なる部分も多いです。そこでダイレクトワンのサービス内容はどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

・大手の消費者金融より金利が高い

大手の消費者金融の上限金利は18%に設定されているので高金利と言われています。しかしダイレクトワンの上限金利は20%に設定されていて大手の消費者金融より高くなっています。加算される利息が多くなるので借り入れや返済する期間などは注意する必要があります。

・大手の消費者金融より融資スピードが優れている

ダイレクトワンは店頭窓口で申し込みをすると融資可能になるまで最短30分です。大手の消費者金融より融資スピードが優れているので早くお金を借りたい人はメリットになります。

キャッシングはありがたいです。

世の中にはキャッシングをよくないと捉える風潮がありますが、キャッシングはとても便利でありがたいものだと思っています。私は主婦ですがキャッシングを利用したことがあります。まとまったお金が必要だったのですがすぐに用意ができなくてキャッシングしました。

主人に何も頼ることなく、自分の力でできているので誰にも迷惑はかけていません。パート代で賄える額しかキャッシングもしなかったし、キャッシングの返済も期日内だったので無駄な利息を払うこともありませんでした。お金を他人に借りると言う事は親しい友人であってもいいにくいです。

なので、きちんとしたところでお金を借りれる事はとてもありがたいことだと思います。利用する際に計画性があれば本当に便利です。

カードローンの比較検討について

最近、テレビCMやネットの広告などで、よく見かけるカードローン、キャッシング。

毎月の給料があと1万、3万多かったらいいのにな…、今月ちょっと使い過ぎちゃった…などなど、そんな時にお金を簡単に借りることが出来る広告を見ると、ついつい手を出してしまう人が多いのではないかと思います。

分割で返済も出来るし、大丈夫か?と思い込んでしまう人が多く、最初は少額から、だんだん感覚がマヒして、ついつい一万二万…と借り入れ金額が増えていきます。

そこがカードローンの恐ろしいところです。

借りる前にまず、返済時の利率をしっかり確認することが大切です。

アイフルやレイクなどの消費者金融より、銀行系のカードローンのほうが利率が低いところが多いです。

また、初回の借り入れは、会社によりますが、一週間?二週間無利子!というところが多いので、給料日前などに一時的に借りて、給料が入ったら、無利子期間中に返す。それなら、全く損はしません。

あとは、初回の審査で、必ず勤め先に在籍確認の電話がいきます。

会社名は名乗らずに…というところがほとんどですが、そのような電話がかかってくると、怪しく思われたりもするので、事前に会社の人に上手くいっておく(クレジットカード新しく作るので、もしかしたら在籍確認あるかも…など)と良いと思います。

ますは、しっかり色々な会社を調べ、比較検討してから始めてください。

勢いでは始めないほうがいいことは、間違えないです。