大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点

大手の消費者金融は即日融資に対応しているので今すぐお金を借りたい時に利用するとすごく便利です。金欠の状態になった時の対処法として大手の消費者金融でお金を借りるのが定番となってきていますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

・借り過ぎや長期間の返済は危険

大手の消費者金融は即日融資を受ける事が出来るメリットがありますが、金利が高く設定されているデメリットもあります。それにより借り過ぎたり返済期間が長くなると加算される利息も多くなるので返済するのが困難になってしまう可能性があります。借金が膨らむ原因になるので大手の消費者金融でお金を借りる時は必要最低限のお金を借りて早めに返済する事を心掛けましょう。

・借り入れや返済で提携ATMは利用しない

大手の消費者金融の借入方法や返済方法はいろいろありますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する事も可能です。提携ATMはどこにでもあるのですごく便利ですが、利用すると1回ごとに手数料が発生してしまいます。1回ごとに手数料を支払っていると返済する時の負担も大きくなるので提携ATMは利用しないようにしましょう。

おまとめローンは余裕がある人が利用する

複数の借入がある場合には、おまとめローンを利用すれば金利が下がるという広告から積極的に検討する人がいます。しかし、おまとめローンを利用する際の目的を誤ってしまうと、かえって返済総額を増やしてしまう点に注意が必要なローンだと知っておからなければなりません。

おまとめローンを利用したことは、他の消費者金融から個人信用情報機関を参照することですぐに分かってしまいます。おまとめローンの金利が下がる仕組みは、利息制限法で定められた上限金利が利用残高に応じて段階的に厳しく制限されていることを利用したものです。100万円を超える金額では、15%が上限金利として定められており、更に金額が増えると段階的に上限金利が厳しくなるわけです。

しかし、毎回の支払額を減らしてしまうと、返済回数がおまとめローン利用前よりも増えてしまう可能性があるので、元金の減り方が借り換え前と同じか寧ろ多い程度に調整する必要があります。多重債務者状態に陥っているために、毎月の返済額を下げるためだけにおまとめローンを利用してしまうと、利息は元金に対して毎回かかるので返済回数が増えた分だけ利息総額が増えてしまうことに気が付いていない人が多いです。

おまとめローンを利用する目的として、早く完済するために利用するならば良い方法ですが、毎月の返済額を減らすための利用は避けた方が良いでしょう。

アコムとアイフルとプロミスの無利息期間の比較

最近では大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは、初めて利用する人であれば、一定期間無利息で利用できる特典が付くことが多くなっています。大手消費者金融として有名なアコム、アイフル、プロミスも初めて契約してキャッシングをする人を対象に、いずれも最大で30日間無利息でキャッシングできるサービスを提供しているのですが、条件や無利息期間開始時期などは微妙に異なります。それぞれの金融機関の無利息期間について解説をします。

・アコム

条件は、アコムの利用が初めてであり、尚且つ返済期日を35日ごととしてカードローンを契約をした人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でカードローンの利用ができます。

・アイフル

条件は、アイフルの利用が初めてであり、キャッシングローンを契約した人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でキャッシングの利用ができます。

・プロミス

条件は、プロミスの利用が初めてであり、尚且つeメールアドレスを登録して、ウェブ明細サービスを利用する、とした人となります。初回出金日の翌日から最大で30日間無利息でサービス利用ができます。

それぞれの金融機関の違いをよく理解して、うまく活用したいですね。

おまとめローンを効果的に活用するには

おまとめローンを利用すれば、複数の金融機関からの借入の管理が簡素化されることになりますし、金利も下がることがほとんどです。実質的に借金が減額されるわけではありませんが、おまとめローンを活用することで返済が容易になることが考えられます。

おまとめローンを活用するためには月々の返済額をどうするかしっかりと考えなければなりません。おまとめローンでは月々の返済額を少なくすることもできますが、あまりに月々の返済額を減らしてしまいますと、返済期間が長期化することになり、総返済額が増えることにつながりかねません。

逆に月々の返済額を以前と変わらないくらいの金額にするとか、以前の返済額よりも総額すれば、金利が下がることから総返済額が大幅に減額されることが考えられます。もちろん、借金の総返済額に対する金利の効果は大きいですから、月々の返済額を少し減らしても総返済額が減ることもありますが、おまとめローンのメリットをフルに活用するためには月々の返済額をしっかりと検討するべきです。

極論をすればおまとめローンを利用するならば少なくとも総返済額が減るように活用しなければおまとめローンの意味はないといってもいいでしょう。

返済が遅れそうになったら、、、

返済がおくれたと分かった時点で、はやくくカード会社に送れることを連絡することです。早めに連絡すれば返済日を送らせてくれたり、利息分だけの支払いでその月は済ませてくれるケースがあります。そして、どうしても返済できなければ返済するためのキャッシングをする方法もあって、カードでのキャッシングは他のローンより審査に通りやすくて、手軽にかりられて、借金を返すため借入をする方は多いです。

そして、クレジットカードキャッシングはお金をかりる機能で、これにはショッピング機能とキャッシぐ機能といった2つの機能があって、これで買い物をしてキャッシング機能でお金を借りる仕組み。そして、勝っ寝具機能とまぎらわしい名前を持った機能などもあります。

クレジットカードはショッピング機能・キャッシぐ機能2つがあって、ショッピング機能は買い物の機能で、ショッピング枠といった枠の中で利用可能です。そしてキャッシングはお金を借りる機能で、キャッシング枠という枠の中で利用できます。そして、キャッシング枠はショッピング枠中に入っていてショッピング枠・キャッシング枠がフルに使えるのではないです。キャッシング枠と同じようにクレジットでお金を借りるにはクレジットカード現金化があります。

楽天銀行目的型ローンブライダルについて

使いやすさと魅力的な金利設定で多くの人の生活の役になっている金融機関の1つが楽天銀行であり、楽天ユーザーやインターネットを通じた買い物や金融取引などを行う人達からは楽天銀行は特に重宝されています。

楽天銀行は魅力的な預金商品や使い勝手の良い楽天銀行スーパーローンがよく注目されていますが、生活の助けとなる魅力的なローンサービスも数多くあります。その中の1つが目的型ローンブライダルであり、結婚式を挙げたいけれど経済的な余裕が無い、という人にピッタリのローンサービスとなっています。

目的型ローンブライダルは、その名の通りブライダルに使うお金を提供するローンであり、借りたお金の使いみちは決められている分、フリーローンなどよりも好条件で借り入れができます。

具体的な数値を挙げますと、利用限度額は最大で300万円までで、金利は年7.0%の固定金利となっています。返済方法については毎月決められた日に預金口座から自動引き落としで返済していく方式で、返済額は借入金額が50万円以下の場合だと毎月1万円の返済となっています。

なお融資をしてもらう際には資金用途確認書類として見積書や請求書などが必要になるので、しっかり準備をしておきましょう。

総量規制対象外のキャッシングとは

キャッシングには総量規制の対象になるものとそうでないものの二通りがあります。総量規制を受けるキャッシングの場合、全社合わせて年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。そのため、既にキャッシングでお金を借りている人は、信用力に余力があっても総量規制にかかって審査落ちになる可能性があります。

総量規制は貸金業法にその規定があります。したがって貸金業法が適用されない会社のキャッシングはすべて総量規制対象外となります。具体的には銀行、信用金庫などのキャッシングが総量規制対象外です。これに対して消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の適用を受けます。これらのキャッシングは総量規制の対象となります。

総量規制対象外のキャッシングのほうが制限を気にしなくてもよいぶん、使いやすいのは事実です。ただ、一般的に銀行などのキャッシングは審査が厳しくなる傾向にあります。総量規制を受けるキャッシング、総量規制対象外のキャッシングはともにそれぞれの特徴があるので、自分の利用方法や信用力に応じて上手に使い分けましょう。

返済は最優先に行う

「借りたものは返す」これは至極当然のルールであると言えます。借りる相手を問わず、借りたものをしっかりと返すことが出来なければ人としての信用を無くしてしまうだけでなく、それ以降は何も貸してもらえない状況に陥ってしまう可能性も高くなります。

今やキャッシングを利用してお金を借りる人は非常に多くなりました。それぞれ理由は違うにしても共通していることは「お金を借りる」ということです。もし、自分がお金を貸してそれがしっかりと返済されなければどう思うでしょうか。おそらく「この人は信用できない。もう貸すことは止めよう。外の人にも教えてあげよう。」といった内容を思う方が大半かと思います。これは消費者金融においても同様のものです。

しかし、一つ個人間の問題と違うことは、「客観的な事実として広く共有されてしまう」ということです。ご存知の方いるでしょうが、キャッシングを提供している業者はそれぞれある情報を共有しています。この情報こそが「個人信用情報」というものであり、キャッシング利用における審査はこの情報が大きな影響を持っています。

もし、返済を怠ってしまったり踏み倒そうとするとその事実はしっかりと刻まれ、それ以降は信用取引(キャッシングや一部ローンなど)を組むことが非常に難しくなってしまいます。もちろん、食事も我慢して返済をしろということはありませんが、自分を律して極力返済を優先していくことが重要です。

レイクを利用してキャッシングをするメリット

新生銀行が提供しているキャッシングサービスのレイクには借入をするメリットがいろいろあるので、多くの人がキャッシングを利用しています。

そこでレイクを利用してキャッシングをするメリットとしてどのようなことがあげられるのかというとまず即日融資を受けることができるということです。レイクではキャッシングの申込をインターネット上ですることができ、素早く審査をしてもらうことが可能です。審査を通過することができたら、申込者名義の普通預金口座に融資金を振り込んでもらえます。ただ即日融資を受けるためには14時までに申込と審査を完了させておく必要があるので、できるだけ朝早くに申込の手続きをしたほうがいいでしょう。

それから初めてレイクを利用してキャッシングをすると一定期間の間無利息で借入をすることができます。通常であれば契約した日か初めて融資を受けた日の翌日から30日なのですが、ここは原則のパターンと5万円までであれば180日間無利息という2つのパターンがあり、5万円以下の少額の融資を受ける場合は後者を選択したほうがよりお得に借入をすることが可能です。キャッシングを利用する人の中には生活費を補填するためという人も多いですが、このような人は大体借入は数万円程度なので、無利息サービスをしっかり活用することができます。

さらに借入をする時や返済をする時に手数料がかかってきてしまうことがありますが、レイクの場合は無料ですることができます。

キャッシングにおける銀行と消費者金融の違い

キャッシングには銀行で行う場合と消費者金融で行う場合があります。
いずれもキャッシングをすること自体には変わりはありませんが、条件面などにおいていくつか違うところがあります。

まず金利面ですが、消費者金融の場合は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれた時代もあり、年利30%以上というのも珍しくはありませんでした。

しかし現在はそのような高金利は法律で禁止されていますので、大体18%くらいまでとなっています。

消費者金融同士では禁裏はどこもそれほど大きくは変わりません。
ですので、お互いにサービスの質をいかに向上させていくかでしのぎを削っています。

一方、銀行の金利は、消費者金融に比べるとかなり低く抑えられています。
これは、銀行というのは昔から地域に根ざして、住民との信頼関係をしっかり築き上げてきているため、低金利となっているのです。

また、融資限度額については、消費者金融は銀行よりも低めになります。

これは金融庁の指導で、借りすぎによるトラブルを防止するため、貸金業法で、年間所得の3分の1までしか借入はできないようになっているためです。

これを総量規制といいます。それに対して、銀行は貸金業法ではなく銀行業法に基づいて運営しており、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、融資限度額は消費者金融よりも高く設定されているのです。

ただ、銀行は審査が厳しく、融資には慎重であることが多いのが一般的です。