キャッシングで損をしていませんか?現金払いしか出来ない時に利用しよう!

日本は先進国でありながら、キャッシュレス社会とは程遠く、現金決済が未だに主流です。そのため、手元に現金が無い時にキャッシングは便利と思いがちです。しかし、キャッシングにより現金払いすると短期間であっても利息が発生してしまいます。クレジットカードで支払いを行えば、利息が生じず負担を抑えることも可能です。

そこでキャッシングを利用する際には、どうしてもクレジットカードが利用出来ず現金払いしか対応していない時に限定することをおすすめします。安易に現金払いの方が安心出来るからといってキャッシングに頼らず、利息を発生させずに支払が出来ないかを先ずは検討することが重要です。最近ではキャッシュレス化の推進が図られており、クレジットカードの利用範囲は広がっています。そのため、キャッシングは以前に比べると優位なものではなくなりつつあります。

ローンカードは魔法のカードではない

カードローンは一般的にまず融資限度額を決められ、その範囲内で何度も利用できます。例えばアイフルで5万円の限度額で契約すると、毎月4000円の支払いを続けている限り、総額5万円に達する限りずっと使えるという訳です。こう書くとまるで魔法のカードのように感じられますが、そう甘くありません。

なぜなら完済しない限りずっと年利18%という高い金利を支払うこととなり、まるでカードローンの奴隷のように縛られるからです。このように意志の弱い方は余裕ができた際に繰り上げ返済をし、完済後すぐにカードローンを解約するのがオススメです。また中小の消費者金融のように、借りるのは1度だけであとは返済するだけというフリーローンを利用すると良いでしょう。

私の申し込みから借り入れまでの体験談について

私はインターネットから消費者金融のキャッシングを利用したことがあります。最短で30分の審査が可能ながら、本当に即日キャッシングを行うことができるのかと言う疑問がありましたが、ものは試しと言うことで実際にキャッシングを利用してみることにしました。

インターネットから申し込みを行うことで、電話口で話す内容がほとんどなくなり、この時点でも審査が簡単かつ簡潔に行えそうな感じがしました。職場に行く場合にインターネットで申し込みを行ったと言うことで、自分の都合の時間が良い時に職場確認の連絡をもらいました。

その職場確認が完了した後に、仕事が終わってから最寄りの無人ATMに出向き借り入れを行いました。私のキャッシングは朝に申し込みを行い、深夜にはお金を借り入れることができました。簡単かつ便利なキャッシングに非常に満足した経験があります。

消費者金融で即日お金をキャッシング

私は3年前にギャンブルにはまってしまい毎月給料のほとんどをギャンブルにつぎ込むような生活を送っていました。

別に実家暮らしとかで独り身なら問題ないでしょ!って思われるかもしれませんが結婚はしていなかったものの同棲している彼女がおり、賃貸のアパートに暮らしていました。

田舎なのでそこまで家賃や生活費が高いわけではありませんが給料のほとんどをギャンブルにつぎ込んでしまった時はさすがに家賃や生活費がほとんどなく彼女にばれたらやばいと思い何か方法はないかと友人に相談したところ某有名な消費者金融を紹介してもらいました。

最初は正直消費者金融かーと不安はあったんですが迷っている暇もないと思い早速自動キャッシングコーナーに向かい無事審査も通り30万を即日キャッシングすることが出来なんとか生き延びる事が出来ました!

葬儀費用がなくアコムでキャッシング

急に家族の不幸ができ葬儀の準備をしていました。自宅の預金は故人名義のものばかりでしたが、金融機関では死亡設定がかかっておりお金を引き出す事ができませんでした。しかし、お金がない無いからといって、葬儀をしない訳にもいきません。そこで頼ったのは『アコム』でした。

30日間、無利子と記載があったので、「30日あったら故人の相続手続きも終わり返済できるだろう」と思い、迷わずアコムで借り入れをしました。

葬儀の準備でバタバタしていたので、インターネットで手続きが全て完了できて本当に便利でした。また、審査から融資まで1時間ほどで完了しましたので、無事に葬儀会社にお金を支払うことができ、立派な葬儀を執り行うことができました。故人もきっと喜んでいると思います。

クレジットカードのキャッシング枠を0にする方法

クレジットカードにもキャッシング枠というのはありますが、基本的に使わなかったりする人もいるでしょう。

しかしキャッシング枠が設定されていると、基本的にローンの際に不利になったりするようなケースがあります。

そこでキャッシング枠を焼失させたいときに、どんな方法をとればいいのか?

実は意外と簡単で、クレジット会社に直接電話をし手見たり、クレジット会社のHPなどからキャッシング枠をなくすという連絡をすれば

簡単に借入枠はなくなります。

インターネットが苦手でも、電話などをするだけでほんの数分程度できゃっしんぐわくはなくなりますので、とても簡単です。

ローンを組んだり、キャッシング枠が必要ない、悪用されるのを避けたいというようなときには、解約をしてみるといいでしょう。

学生がキャッシングをする場合は

学生であっても、20歳を超えておりアルバイトなどで収入を得ている人であれば、キャッシングの審査を受けることができます。銀行では親の同意書が必要になることもありますが、消費者金融は親の同意がなくても利用できることが多くなっています。

そのため、業者選びを慎重に行えば、家族に知られずお金を借りることができます。ただ、これまで借入経験が全く無い学生であっても、意外な理由で審査落ちをしてしまうことは珍しくありません。

その一つが、携帯電話の割賦の支払状況です。延滞などがあれば、そのことが理由で審査落ちとなってしまうことがあります。そのため、キャッシングの審査を受ける前には、信用情報に問題がないかを振り返っておくことがおすすめです。

初めてのキャッシング利用での無利息サービスと初回返済日について

プロミスやアコムなど、大手消費者金融でのキャッシングのメリットの一つが、30日間の無利息サービスです。お給料日前のピンチをしのぐ場合など、すぐに返済できるメドが立っている場合は、利息ゼロで借りることができます。

初めてのキャッシングで無利息サービスを利用する場合によくある勘違いが、30日間無利息=30日間返済不要、という思い込みです。

キャッシングでは、借り入れか3週間程度で初回の返済日がやってきます。30日以内に全額返済する予定でも、初回返済日には最低返済金額を入金する必要があります。

消費者金融の会員サービスやアプリでは、返済日をメールでお知らせしてくれるサービスがあるので、忘れることのないように設定しておくとよいでしょう。

審査では年収に足切りもある!基準は会社でそれぞれ!

キャッシングローンの多くは、契約者に安定した収入があれば、パートやアルバイト、派遣社員といった職業属性による制約はありません。しかし、年収が安定していれば良いという訳ではなく、しっかりと申し込み基準が存在し足切りが存在します。

年収が低過ぎるほど融資リスクが高くなるというのが実態です。そのため、パートやアルバイトで収入を得ている場合でも、年収が少ない方は申込先を慎重に判断する必要があります。

銀行の場合、年収条件は厳しく、大手消費者金融ならそれに追従します。年収が少なく、少額の融資を受けたいという場合は銀行や大手消費者金融というよりも柔軟性に富み少額融資を行ってくれる中小消費者金融を選ぶなど、判断が重要になります。

みずほ銀行のATMが止まって困っている人がたくさんいるらしい

さっきテレビのニュースを見ていると、この3連休みずほ銀行は新システムに移行するためATMやネットバンキングが使えなくて現金を引き出せない人が結構いるようです。インタビューに答えていた若者は「あと3000円しかない」と半べそをかいていました。私はみずほ銀行の口座を持っていないので関係ありませんが、もしメインバンクのATMが使えなくなったらどうするか考えてみました。

まず手持ちのお金が全くないなら、親か友達に頭を下げて5000円でも借りるでしょうね。もし断られたら大手消費者金融に駆け込むかもしれません。なぜなら大手消費者金融なら、連休中でも午後9時くらいまでは即日融資が受けられるからです。担当者に事情を話して、とりあえず5000円ほど借りて無利息期間中に返済すれば問題ありません。

プロミスでキャッシングを受ける際の大まかな流れについて

プロミスを利用しキャッシングを受ける際にあたり、どのような流れや手続きを踏まなければならないのかということについてお話ししていきたいと思います。

まずはインターネットから借りるにあたっての本人確認や本人情報などのデータを入力しなければなりません。その後は申し込み確認の電話や在籍確認などを行い、審査が行われ合否が判定されます。

審査に通ると契約に関する事前連絡や契約そのものに関する確認事項が締結され、キャッシングを受けることができると言う流れになっています。キャッシングのお金はコンビニエンスストアや直属のATMなどから24時間引き出すことが可能です。

さほど難しい手続きなどは必要なく借りることができますので、利用を検討されている方にはおすすめできる消費者金融です。

地方税の滞納分をキャッシングでまかない還付金を得た

自営業者ですが、独立開業後はしばらく収益が出なかったため、地方税は非課税扱いでした。ようやく、一昨年あたりから少しずつ収益も上向きましたが、個人で仕事をしているため源泉徴収されますから、税金を払えるほどの体力はまだありません。

それで今年の確定申告で源泉徴収された分を取り返し、そのお金を滞納していた地方税にそっくり回す気でいました。ところが、源泉された収入が戻る事を知った地元自治体の課税担当者が家に来て、還付金を差し押さえますと通告してきたのです。

つまり、地方税を納税しないと、還付金はいつまで経っても国税局から自分の口座に入らないわけです。解除には地方税の納税が先だといわれました。その足でアイフルに行って事情を説明すると、前年度の確定申告書の控えでキャッシングを受けられました。

キャッシングを行うのならアコムがおすすめ!

あなたはキャッシングを利用したことがありますでしょうか?もしキャッシングを行ったことがない方にとってはキャッシングを行う事は不安であるのではないかと思います。しかしながら、大手の消費者金融でお金を借りると言う事はとても安心できることなのです。

大手の消費者金融は国で認めた基準の下、キャッシングを行っております。ですから、しっかりと法律を守った基準でお金を貸し出しているのです。また、初めての方でもキャッシングを受けやすいようなプランなども用意しています。初めての方の満足度が高いこともインターネットの口コミなどで証明されています。もし興味がある方がいましたら一度、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

コンビニATMで余計な借り入れになった!余った分は専用ATMで返済!

銀行や消費者金融のカードローンは、今やコンビニATMを利用することでいつでも自由に利用することができます。ただし、提携ATMは契約先とは異なる金融機関を経由するため、利用手数料が発生してしまいます。

急いでいる時には便利ではあるものの、通常時は可能な限り利用を避けるのがベストです。しかし、コンビニATMの落とし穴はこれだけではありません。

最低利用金額が千円単位ではなく、1万円単位が一般的であり、必要な金額に対して余計に借り入れしてしまうことがあります。その結果、無駄な利息を発生させてしまうといった問題もあります。

そこで、余計に借り入れしてしまった分については、速やかに専用ATMから返済することがおすすめです。当日であれば利息を発生させることも無い上、利用手数料の発生も避けられます。急いで現金が必要だったとしても、支払後に時間の余裕が生じる際にはこの方法により返済してしまうのがポイントです。

総量規制を気にせずお金を借りられる銀行カードローン

消費者に対してお金の融資を行っているサービスは何種類もありますが、それらのサービスの中には法律によって融資を受けられる金額に上限が決められているものもあります。法律による借入可能額の上限のことを総量規制といいますが、この規制では年収の三分の一までが融資を受けられる上限と定められており、その対象は消費者金融や信販会社、クレジット会社などとなっています。

そのため、消費者金融のキャッシングなどでは総量規制の影響を受けて自身の年収によっては自分の希望額の融資を受けられないケースもあります、万が一、総量規制の影響で消費者金融などからの融資が受けられないという場合には、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用してお金のの工面をするようにしましょう。