返済は最優先に行う

「借りたものは返す」これは至極当然のルールであると言えます。借りる相手を問わず、借りたものをしっかりと返すことが出来なければ人としての信用を無くしてしまうだけでなく、それ以降は何も貸してもらえない状況に陥ってしまう可能性も高くなります。

今やキャッシングを利用してお金を借りる人は非常に多くなりました。それぞれ理由は違うにしても共通していることは「お金を借りる」ということです。もし、自分がお金を貸してそれがしっかりと返済されなければどう思うでしょうか。おそらく「この人は信用できない。もう貸すことは止めよう。外の人にも教えてあげよう。」といった内容を思う方が大半かと思います。これは消費者金融においても同様のものです。

しかし、一つ個人間の問題と違うことは、「客観的な事実として広く共有されてしまう」ということです。ご存知の方いるでしょうが、キャッシングを提供している業者はそれぞれある情報を共有しています。この情報こそが「個人信用情報」というものであり、キャッシング利用における審査はこの情報が大きな影響を持っています。

もし、返済を怠ってしまったり踏み倒そうとするとその事実はしっかりと刻まれ、それ以降は信用取引(キャッシングや一部ローンなど)を組むことが非常に難しくなってしまいます。もちろん、食事も我慢して返済をしろということはありませんが、自分を律して極力返済を優先していくことが重要です。

レイクを利用してキャッシングをするメリット

新生銀行が提供しているキャッシングサービスのレイクには借入をするメリットがいろいろあるので、多くの人がキャッシングを利用しています。

そこでレイクを利用してキャッシングをするメリットとしてどのようなことがあげられるのかというとまず即日融資を受けることができるということです。レイクではキャッシングの申込をインターネット上ですることができ、素早く審査をしてもらうことが可能です。審査を通過することができたら、申込者名義の普通預金口座に融資金を振り込んでもらえます。ただ即日融資を受けるためには14時までに申込と審査を完了させておく必要があるので、できるだけ朝早くに申込の手続きをしたほうがいいでしょう。

それから初めてレイクを利用してキャッシングをすると一定期間の間無利息で借入をすることができます。通常であれば契約した日か初めて融資を受けた日の翌日から30日なのですが、ここは原則のパターンと5万円までであれば180日間無利息という2つのパターンがあり、5万円以下の少額の融資を受ける場合は後者を選択したほうがよりお得に借入をすることが可能です。キャッシングを利用する人の中には生活費を補填するためという人も多いですが、このような人は大体借入は数万円程度なので、無利息サービスをしっかり活用することができます。

さらに借入をする時や返済をする時に手数料がかかってきてしまうことがありますが、レイクの場合は無料ですることができます。

キャッシングにおける銀行と消費者金融の違い

キャッシングには銀行で行う場合と消費者金融で行う場合があります。
いずれもキャッシングをすること自体には変わりはありませんが、条件面などにおいていくつか違うところがあります。

まず金利面ですが、消費者金融の場合は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれた時代もあり、年利30%以上というのも珍しくはありませんでした。

しかし現在はそのような高金利は法律で禁止されていますので、大体18%くらいまでとなっています。

消費者金融同士では禁裏はどこもそれほど大きくは変わりません。
ですので、お互いにサービスの質をいかに向上させていくかでしのぎを削っています。

一方、銀行の金利は、消費者金融に比べるとかなり低く抑えられています。
これは、銀行というのは昔から地域に根ざして、住民との信頼関係をしっかり築き上げてきているため、低金利となっているのです。

また、融資限度額については、消費者金融は銀行よりも低めになります。

これは金融庁の指導で、借りすぎによるトラブルを防止するため、貸金業法で、年間所得の3分の1までしか借入はできないようになっているためです。

これを総量規制といいます。それに対して、銀行は貸金業法ではなく銀行業法に基づいて運営しており、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、融資限度額は消費者金融よりも高く設定されているのです。

ただ、銀行は審査が厳しく、融資には慎重であることが多いのが一般的です。