誰でも借りれるわけではないので注意!アコムの申し込み条件は?

正社員だけでなく派遣社員、アルバイト、自営業などいろいろな雇用形態で働いている人が利用する事が出来るアコム。消費者金融の中でも特に人気がありますが、申し込みをする事が出来る条件はしっかりあるので把握しておかなければいけません。そこでどのような条件があるのか確認しておきましょう。

アコムの申し込み条件は20歳以上69歳以下で安定した収入がある人となっています。19歳未満と70歳以上に人は条件から外れてしまうので申し込みをする事が出来ません。

また安定した収入というのは月に1回以上の収入を得ているという意味になります。数か月に1回のペースで収入を得ている人は条件から外れてしまうので申し込みをする事が出来ません。このように申し込みをする事が出来ない人も出てくるので条件に該当しているかどうかを確認してから申し込みましょう。

アコムの借換え専用ローンの詳細と特徴を解説!

アコムのでは他社債務を一本化し、返済負担の軽減を期待できる借換え専用ローンという便利なローンサービスの取り扱いがあります。同ローンサービスの詳細と特徴を確認していきましょう。

・貸付条件

2018年11月22日時点で実質年率は7.7%から18.0%、借入限度額は最高で300万円という条件になっています。

・総量規制対象外

一般的にノンバンク系のローンサービスは総量規制の対象となっていますが、アコムの借換え専用ローンは例外的に総量規制対象外となっているため、年収の3分の1を超える借り入れも可能となっています。

・無担保

同ローンサービスは無担保ローンとなっているため、連帯保証人や担保などは不要で契約が可能となっています。

キャッシングを利用する派遣社員の本人確認は?

派遣社員の方にとって気になるのが職場への本人確認です。どこに確認が入るのか、どういった内容なのか、派遣社員の方の場合、雇用主と就業先が違うので心配されることでしょう。

実は、派遣社員の本人確認も、基本的には正社員の方と全く同じなんですよ。就業先の方に簡単な在籍紹介のお電話が入るだけとなります。もしかして、日々働いてもいない派遣元の会社へお電話がはいり、いませんと言われてしまうのではないかと心配されている方は、その心配には及びません。

また、内容についても派遣社員だからと言って特別なことは何もなく、勤務しているかどうかを尋ねるごく簡単なものとなります。派遣社員の方でも安心して利用できるのがキャッシングの良いところです。

時間に余裕がある時は銀行カードローンを利用するのがおすすめの理由は?

早くお金を借りたい時は消費者金融の方がいいですが、時間に余裕がある時は銀行カードローンを利用した方がいいです。最近では銀行カードローンを利用する人も増えてきていますが、なぜおすすめなのか理由を挙げていきましょう。

消費者金融は金利が18%から20%ぐらいで設定されているので加算される利息も多くなってしまいます。しかし銀行カードローンは金利が14%ぐらいで設定されているので加算される利息も少なくなります。返済する時に楽になるのがおすすめする理由の一つです。

また最近ではネット銀行のカードローンが増えてきているのでネット完結でお金を借りれるようにもなってきています。消費者金融もネット完結でお金を借りる事が出来ますが、借入条件が良いネット銀行のカードローンを利用した方がお得になります。

三井住友銀行カードローンの申し込みと承認

私は以前、三井住友銀行でカードローンの申し込みとその承認を受けました。その時の事をお話しします。私はインターネットで、三井住友銀行がカードローンの客を募集しているのを知り、パソコンの画面から必要事項を入力しました。

そうしますと、2,3日経過した後、銀行から電話があり、詳細情報を尋ねてきました。私は質問に答えていると、事業者の場合、領収書のコピーか何か証明するものをfaxで送って下さいとの事でした。それで、領収書のコピーをfaxで送付しますと、また、連絡があり、これでOKですと言う返事でありました。

融資額が100万円以下なら収入証明書不要であったので、領収書がその代りになると言う事でありました。後日、また連絡があり、融資の承認が下りましたと言う事でありました。私は、喜んで、銀行からカードが送られて来ると、早速に利用させてもらいました。

エフォートコーポレーションの金利や限度額について

消費者金融であるエフォートコーポレーションの金利や借入限度額はそこまで良くはありません。

まずは、金利でありますが年率15.0%?20.0%までの額に定まります。

通常、金利については初回申し込みでは最高金利が設定されることが多いです。10万円以上の借り入れができるような時なら

利息制限法の影響から18.0%が最初の設定になりますが、お金に余裕のない方が借入することが多いので

最大金利になっているような場合が多いです。

限度額が上がったり、返済実績が上がれば金利も減ってくるでしょう。

借入限度額は最高で50万円までと中小の消費者金融ではよくある基準になっています。1万円から借入ができるので、少額融資に向いている会社です。

今すぐ融資を受けるための条件を確認しよう

先方へ取引を命じた時に、こちらへ有利な条件につながるかが大事な問題です。キャッシングの成功例は有職者できちんと毎月給料が振り込まれているという部分が条件となり、審査に対する時間が早いほど価値あるサービスに通じます。

無利息の条件が適用されれば、家族に内緒でちゃっかりローンを受ける権利が出ていきます。即日という状況で検索する人が多いので、まずは金融機関で用意しているホームページで内容を確認する事柄が重要です。

ローンにおいては効率よく返済する術が問われ、返済後の信用を保つ条件を目標にすることが理想です。一方手元に現金が少ない場合でも、データとして残されていれば再び借りられる可能性が上がっていきます。

アルバイトでもキャッシングが受けられる!?

アルバイトで収入が少ないけれど、手元に必要な資金がなく、キャッシングを考えているという方は多くおられると思います。

アルバイトだと銀行などではなかなか融資を受けることができません。

ですが、消費者金融であれば現金を借り入れることができるかもしれません。

テレビCMなどでもおなじみの消費者金融であれば、どこも資金力・対応力に余裕がありますので、20歳以上の安定した収入がある方であればアルバイトでも申込みが可能です。

もちろん、バイトもしておらず、本人にまったく収入がないという場合は難しいですが。

また、審査結果も最短で30分~60分で回答され、当日中に振り込まれることがほとんどです。

現金を手にするまでの時間は、数時間程度を見込んでおけば十分でしょう。

急ぎの場合も安心ですね。

キャッシング契約時の希望額で注意することとは?

消費者金融のキャシングローンの場合、総量規制により年収の1/3が上限となっています。また、銀行カードローンの場合は、自主規制により年収制限を設けるケースがあり、年収の1/2ないしは消費者金融同様に1/3までなってているケースがあります。申し込み時には、他社借入件数や借入金額を申告する必要があり、返済能力に応じた利用限度額になります。

しかし、契約時に決定される限度額の査定には、総所得になることが多く、返済に充てられる現実的な金額とは異なってしまいます。そのため、希望する限度額は契約者が自ら生活状況に応じた金額を希望することが非常に重要です。金融機関は、融資を行うことで利息収益を得ることが優先され、年収に基づく限界ラインまで提示することがあります。その結果、必要以上の借り入れを生じさせてしまい、契約者自身に掛かる負担の方が増加する傾向にあります。

そのため、金利の高いキャッシング契約は1年以内に完済出来る金額を希望することで、返済遅延や債務超過といったリスクを低減することが可能になります。安易に高額な利用限度額を希望してしまった場合、返済関するリスク以外に他ローンの契約審査に不利な条件ともなるため、計画的な利用以前の事から考えておく必要があります。

消費者金融の審査は内容の正確性が重視されます

消費者金融からお金を借りる際には、申し込み時に入力する個人情報と勤務先情報について正確に入力する必要があります。審査段階で過去に他の金融業者から借入を行っている場合には、個人信用情報機関へ登録されている内容と整合性が取れていなければなりません。一度申し込みを行っても、何故か審査に通らなかった場合には、すぐに次の申し込みをせずに、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って登録されている内容を確認してみると良いでしょう。

過去または現在に他の金融業者と取引がある場合には、個人信用情報機関へ取引内容ごとに細かく登録されています。登録されている内容に間違いがある場合には、過去に取引があった金融業者経由で登録修正を依頼することが大切です。次に申し込む消費者金融に対しては、本人確認時に個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる部分を指定して、審査に影響が出ないように経緯を説明すると良いです。

前回の申し込みで審査落ちした理由は開示されませんが、少なくとも個人信用情報機関へ登録されている内容が原因で審査落ちしたのであれば、開示請求を行った事実と内容が誤っていることを伝えることも次の申し込みを突破する可能性を広げる意味では重要です。