銀行カードローンが低金利で融資できる仕組みを知っておくと良い

貸金業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融があります。信販会社と消費者金融は、貸金業法に基づいた貸付を行っているので、2010年6月の法改正により総量規制が導入されて貸付残高を減らしている傾向にあります。銀行カードローンは、銀行法に基づいた貸付という扱いとなるので、適用される法律が消費者金融とは異なるために総量規制対象外です。

消費者金融よりも低金利で無担保ローンを行っている銀行は、なぜ低金利融資が出来るのか不思議に感じる人もいるでしょう。審査を余程厳しくしていると思われがちですが、実際には銀行が損をしない仕組みで貸付を行っているために、銀行カードローンは低金利を維持出来ているわけです。

銀行カードローンを申込みすると、本人確認の後に保証会社として指定されている信販会社または消費者金融から連絡が入るでしょう。保証会社の審査に通過して保証契約を受けられる場合のみ、銀行カードローンを利用出来るわけです。

長期延滞が発生した時には、銀行は保証会社に対して代位弁済を求めるだけで、保証会社が銀行に対して一括返済を行います。保証会社は利用者へ求償権を行使した請求を行なうので、銀行にはリスクが無い貸付を行なっているわけです。

金利の面で有利な銀行キャッシング

まとまった額の借り入れの場合、色々な面から消費者金融よりも銀行のキャッシングサービスが非常に有利になってきます。

まず第一に、同じ額を借り入れるなら銀行の金利の方が安くなることが多いです。消費者金融よりも若干審査が厳しいかとは思いますが、現在他社で借り入れがなく信用情報に傷のない方でしたらまず銀行のキャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

また、まとまった額の借り入れの場合、消費者金融ですと総量規制がありますので収入の1/3までしか借りられませんが、銀行の場合はその総量規制の対象外となりますので、必要額が大きい時は銀行のキャッシングを利用することになります。

急ぎの出費にも、消費者金融と変わらないくらいスピーディに借入の契約ができる銀行もありますので、非常に便利なサービスですね。