キャッシングにおける銀行と消費者金融の違い

キャッシングには銀行で行う場合と消費者金融で行う場合があります。
いずれもキャッシングをすること自体には変わりはありませんが、条件面などにおいていくつか違うところがあります。

まず金利面ですが、消費者金融の場合は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれた時代もあり、年利30%以上というのも珍しくはありませんでした。

しかし現在はそのような高金利は法律で禁止されていますので、大体18%くらいまでとなっています。

消費者金融同士では禁裏はどこもそれほど大きくは変わりません。
ですので、お互いにサービスの質をいかに向上させていくかでしのぎを削っています。

一方、銀行の金利は、消費者金融に比べるとかなり低く抑えられています。
これは、銀行というのは昔から地域に根ざして、住民との信頼関係をしっかり築き上げてきているため、低金利となっているのです。

また、融資限度額については、消費者金融は銀行よりも低めになります。

これは金融庁の指導で、借りすぎによるトラブルを防止するため、貸金業法で、年間所得の3分の1までしか借入はできないようになっているためです。

これを総量規制といいます。それに対して、銀行は貸金業法ではなく銀行業法に基づいて運営しており、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、融資限度額は消費者金融よりも高く設定されているのです。

ただ、銀行は審査が厳しく、融資には慎重であることが多いのが一般的です。