キャッシング審査の注意事項

キャッシングを使う際に幾つか注意事項がありますが、こちらの状況を借り入れ先に伝える審査が一番注意力が必要で重要なプロセスであると考えてもらって構いません。

あなたがそもそもお金が借りられるかどうかはその審査によって決まるものですし、いくらまで借りられるかという限度額についても審査によって決められてしまいます。金額次第でどうキャッシングを活用した計画を立てるかが大きく変わってくるわけですから、審査に力を入れるのは必然的なものです。

貸し出す消費者金融にとってもそれは同じことで、限られた時間しかない審査の中でいかにその人のことを見極めるか頭を悩ませています。

いくらまで貸せる信用があるか、明確化された尺度があるわけではありませんので、あなたの申告する情報をもとに信用情報機関や自ら確認を行うことで信用の精度を上げているのです。いわば意外と属人的なアプローチをしているわけです。ですのであなたがキャッシングの審査に向けて申告した内容に意図していたかいないかに関わらず誤りがあった場合にはどうしても心証が悪くなります。

一番心証が悪くなるパターンが他社からの借入の有無を偽ってしまうことです。他社からの借入の有無はその人の置かれた状況を端的に示してくれます。そこからの借入を返済しきれていないまま、新たな審査を受けるということは状況が相当に切羽詰まっていることがわかります。

どちらかというと貸すのを避けたいタイプの顧客となりますね。それを他からの借入がないと言ってしまうと判断を誤り、会社に被害が出てきかねないものですから、非常に敏感にチェックされます。奨学金など、一般的にローンかどうかわからないものも含めて、他社からの借入は正直な申告をしておくほうが無難です。

なお、そうした他社からの借入などの情報は消費者金融が共同して利用している信用情報機関にデータが残っていますので隠し通すことはできないのであしからず。