レイクを利用してキャッシングをするメリット

新生銀行が提供しているキャッシングサービスのレイクには借入をするメリットがいろいろあるので、多くの人がキャッシングを利用しています。

そこでレイクを利用してキャッシングをするメリットとしてどのようなことがあげられるのかというとまず即日融資を受けることができるということです。レイクではキャッシングの申込をインターネット上ですることができ、素早く審査をしてもらうことが可能です。審査を通過することができたら、申込者名義の普通預金口座に融資金を振り込んでもらえます。ただ即日融資を受けるためには14時までに申込と審査を完了させておく必要があるので、できるだけ朝早くに申込の手続きをしたほうがいいでしょう。

それから初めてレイクを利用してキャッシングをすると一定期間の間無利息で借入をすることができます。通常であれば契約した日か初めて融資を受けた日の翌日から30日なのですが、ここは原則のパターンと5万円までであれば180日間無利息という2つのパターンがあり、5万円以下の少額の融資を受ける場合は後者を選択したほうがよりお得に借入をすることが可能です。キャッシングを利用する人の中には生活費を補填するためという人も多いですが、このような人は大体借入は数万円程度なので、無利息サービスをしっかり活用することができます。

さらに借入をする時や返済をする時に手数料がかかってきてしまうことがありますが、レイクの場合は無料ですることができます。

返済は最優先に行う

「借りたものは返す」これは至極当然のルールであると言えます。借りる相手を問わず、借りたものをしっかりと返すことが出来なければ人としての信用を無くしてしまうだけでなく、それ以降は何も貸してもらえない状況に陥ってしまう可能性も高くなります。

今やキャッシングを利用してお金を借りる人は非常に多くなりました。それぞれ理由は違うにしても共通していることは「お金を借りる」ということです。もし、自分がお金を貸してそれがしっかりと返済されなければどう思うでしょうか。おそらく「この人は信用できない。もう貸すことは止めよう。外の人にも教えてあげよう。」といった内容を思う方が大半かと思います。これは消費者金融においても同様のものです。

しかし、一つ個人間の問題と違うことは、「客観的な事実として広く共有されてしまう」ということです。ご存知の方いるでしょうが、キャッシングを提供している業者はそれぞれある情報を共有しています。この情報こそが「個人信用情報」というものであり、キャッシング利用における審査はこの情報が大きな影響を持っています。

もし、返済を怠ってしまったり踏み倒そうとするとその事実はしっかりと刻まれ、それ以降は信用取引(キャッシングや一部ローンなど)を組むことが非常に難しくなってしまいます。もちろん、食事も我慢して返済をしろということはありませんが、自分を律して極力返済を優先していくことが重要です。

学生でもキャッシングは利用可能か?

学生の方も学費や遊興費など様々なところでお金が必要になることでしょう。そんな臨時の出費に対して利用できるのが学生ローンです。

学生ローンは18歳以上の大学生・短大生・専門学校生などの方々が利用できるサービスです。利用可能額は通常通り総量規制に則りアルバイトなどの年収から3分の1に相当する金額だけ利用可能です。

金利については業者によってバラつきますが、基本的には大手金融業者よりも少し高めに設定されていることがほとんどです。

ただし返済についての一月の金額も少額で対応ができるなど学生ローンならではのサービス内容も存在します。
審査については通常のローン契約と同様の審査を行いますので審査が通りやすいというような事は決してありません。

キャッシング審査の注意事項

キャッシングを使う際に幾つか注意事項がありますが、こちらの状況を借り入れ先に伝える審査が一番注意力が必要で重要なプロセスであると考えてもらって構いません。

あなたがそもそもお金が借りられるかどうかはその審査によって決まるものですし、いくらまで借りられるかという限度額についても審査によって決められてしまいます。金額次第でどうキャッシングを活用した計画を立てるかが大きく変わってくるわけですから、審査に力を入れるのは必然的なものです。

貸し出す消費者金融にとってもそれは同じことで、限られた時間しかない審査の中でいかにその人のことを見極めるか頭を悩ませています。

いくらまで貸せる信用があるか、明確化された尺度があるわけではありませんので、あなたの申告する情報をもとに信用情報機関や自ら確認を行うことで信用の精度を上げているのです。いわば意外と属人的なアプローチをしているわけです。ですのであなたがキャッシングの審査に向けて申告した内容に意図していたかいないかに関わらず誤りがあった場合にはどうしても心証が悪くなります。

一番心証が悪くなるパターンが他社からの借入の有無を偽ってしまうことです。他社からの借入の有無はその人の置かれた状況を端的に示してくれます。そこからの借入を返済しきれていないまま、新たな審査を受けるということは状況が相当に切羽詰まっていることがわかります。

どちらかというと貸すのを避けたいタイプの顧客となりますね。それを他からの借入がないと言ってしまうと判断を誤り、会社に被害が出てきかねないものですから、非常に敏感にチェックされます。奨学金など、一般的にローンかどうかわからないものも含めて、他社からの借入は正直な申告をしておくほうが無難です。

なお、そうした他社からの借入などの情報は消費者金融が共同して利用している信用情報機関にデータが残っていますので隠し通すことはできないのであしからず。

キャッシングのおまとめローンで逆に損をするケース

キャッシングにはおまとめローンという、大変便利な制度がありますが、これを利用すると通常は返済金額が減るというメリットがあります。それを目的にしておまとめローンを利用する方も多くいるでしょう。

ただ、このおまとめローンは、確かに毎月の返済金額は減ったものの、トータルで支払う金額が増えているということもあり、実は気付かないところで損をしているなんてケースがあるのです。それはどうしてか?というと、返済期間があまり長くなりすぎているケースです。毎月の返済金額が減ったとしても、返済にかかる期間が延びると、それだけ利息が追加されていきます。

その利息の追加分があまりに多くなると、結局おまとめローン利用前よりも多く返済しないといけない事態になっているということもあるのです。利息は返済期間に比例してかかるため、この返済期間が長ければ、それだけどんどん利息がかかっていき、気付かないところで、おまとめローンを利用する前の返済金額を越えているかもしれません。

得をするためにおまとめローンを利用しているのですから、実は返済期間がどれだけ増えているか?ということにも注目しないと、利用した意味がないということになってしまうかもしれません。

金利の面で有利な銀行キャッシング

まとまった額の借り入れの場合、色々な面から消費者金融よりも銀行のキャッシングサービスが非常に有利になってきます。

まず第一に、同じ額を借り入れるなら銀行の金利の方が安くなることが多いです。消費者金融よりも若干審査が厳しいかとは思いますが、現在他社で借り入れがなく信用情報に傷のない方でしたらまず銀行のキャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

また、まとまった額の借り入れの場合、消費者金融ですと総量規制がありますので収入の1/3までしか借りられませんが、銀行の場合はその総量規制の対象外となりますので、必要額が大きい時は銀行のキャッシングを利用することになります。

急ぎの出費にも、消費者金融と変わらないくらいスピーディに借入の契約ができる銀行もありますので、非常に便利なサービスですね。