キャッシングのおまとめローンで逆に損をするケース

キャッシングにはおまとめローンという、大変便利な制度がありますが、これを利用すると通常は返済金額が減るというメリットがあります。それを目的にしておまとめローンを利用する方も多くいるでしょう。

ただ、このおまとめローンは、確かに毎月の返済金額は減ったものの、トータルで支払う金額が増えているということもあり、実は気付かないところで損をしているなんてケースがあるのです。それはどうしてか?というと、返済期間があまり長くなりすぎているケースです。毎月の返済金額が減ったとしても、返済にかかる期間が延びると、それだけ利息が追加されていきます。

その利息の追加分があまりに多くなると、結局おまとめローン利用前よりも多く返済しないといけない事態になっているということもあるのです。利息は返済期間に比例してかかるため、この返済期間が長ければ、それだけどんどん利息がかかっていき、気付かないところで、おまとめローンを利用する前の返済金額を越えているかもしれません。

得をするためにおまとめローンを利用しているのですから、実は返済期間がどれだけ増えているか?ということにも注目しないと、利用した意味がないということになってしまうかもしれません。