総量規制対象外のキャッシングとは

キャッシングには総量規制の対象になるものとそうでないものの二通りがあります。総量規制を受けるキャッシングの場合、全社合わせて年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。そのため、既にキャッシングでお金を借りている人は、信用力に余力があっても総量規制にかかって審査落ちになる可能性があります。

総量規制は貸金業法にその規定があります。したがって貸金業法が適用されない会社のキャッシングはすべて総量規制対象外となります。具体的には銀行、信用金庫などのキャッシングが総量規制対象外です。これに対して消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の適用を受けます。これらのキャッシングは総量規制の対象となります。

総量規制対象外のキャッシングのほうが制限を気にしなくてもよいぶん、使いやすいのは事実です。ただ、一般的に銀行などのキャッシングは審査が厳しくなる傾向にあります。総量規制を受けるキャッシング、総量規制対象外のキャッシングはともにそれぞれの特徴があるので、自分の利用方法や信用力に応じて上手に使い分けましょう。