大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点

大手の消費者金融は即日融資に対応しているので今すぐお金を借りたい時に利用するとすごく便利です。金欠の状態になった時の対処法として大手の消費者金融でお金を借りるのが定番となってきていますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

・借り過ぎや長期間の返済は危険

大手の消費者金融は即日融資を受ける事が出来るメリットがありますが、金利が高く設定されているデメリットもあります。それにより借り過ぎたり返済期間が長くなると加算される利息も多くなるので返済するのが困難になってしまう可能性があります。借金が膨らむ原因になるので大手の消費者金融でお金を借りる時は必要最低限のお金を借りて早めに返済する事を心掛けましょう。

・借り入れや返済で提携ATMは利用しない

大手の消費者金融の借入方法や返済方法はいろいろありますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する事も可能です。提携ATMはどこにでもあるのですごく便利ですが、利用すると1回ごとに手数料が発生してしまいます。1回ごとに手数料を支払っていると返済する時の負担も大きくなるので提携ATMは利用しないようにしましょう。

銀行カードローンが低金利で融資できる仕組みを知っておくと良い

貸金業者には、銀行だけでなく信販会社や消費者金融があります。信販会社と消費者金融は、貸金業法に基づいた貸付を行っているので、2010年6月の法改正により総量規制が導入されて貸付残高を減らしている傾向にあります。銀行カードローンは、銀行法に基づいた貸付という扱いとなるので、適用される法律が消費者金融とは異なるために総量規制対象外です。

消費者金融よりも低金利で無担保ローンを行っている銀行は、なぜ低金利融資が出来るのか不思議に感じる人もいるでしょう。審査を余程厳しくしていると思われがちですが、実際には銀行が損をしない仕組みで貸付を行っているために、銀行カードローンは低金利を維持出来ているわけです。

銀行カードローンを申込みすると、本人確認の後に保証会社として指定されている信販会社または消費者金融から連絡が入るでしょう。保証会社の審査に通過して保証契約を受けられる場合のみ、銀行カードローンを利用出来るわけです。

長期延滞が発生した時には、銀行は保証会社に対して代位弁済を求めるだけで、保証会社が銀行に対して一括返済を行います。保証会社は利用者へ求償権を行使した請求を行なうので、銀行にはリスクが無い貸付を行なっているわけです。

消費者金融の審査は内容の正確性が重視されます

消費者金融からお金を借りる際には、申し込み時に入力する個人情報と勤務先情報について正確に入力する必要があります。審査段階で過去に他の金融業者から借入を行っている場合には、個人信用情報機関へ登録されている内容と整合性が取れていなければなりません。一度申し込みを行っても、何故か審査に通らなかった場合には、すぐに次の申し込みをせずに、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って登録されている内容を確認してみると良いでしょう。

過去または現在に他の金融業者と取引がある場合には、個人信用情報機関へ取引内容ごとに細かく登録されています。登録されている内容に間違いがある場合には、過去に取引があった金融業者経由で登録修正を依頼することが大切です。次に申し込む消費者金融に対しては、本人確認時に個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる部分を指定して、審査に影響が出ないように経緯を説明すると良いです。

前回の申し込みで審査落ちした理由は開示されませんが、少なくとも個人信用情報機関へ登録されている内容が原因で審査落ちしたのであれば、開示請求を行った事実と内容が誤っていることを伝えることも次の申し込みを突破する可能性を広げる意味では重要です。