総量規制対象外とは?

お金を貸し付けることに関して規制があります。それは本当に色々とあるのですが総量規制というのもあるのです。キャッシングサービス、カードローンサービスにおいて、総量規制というのが課せられるようになりました。貸し付ける総量に対する規制になりますから、よく覚えておきましょう。それが年収の三分の一、ということになっています。

しかし、対象外となることもありますから、色々とタイプがある、ということはよく理解しておきましょう。まず総量規制対象外となるのが銀行です。あくまで総量規制とは貸金業に対する規制になりますから、要するに消費者金融などが規制の対象になるわけです。つまりは、銀行のカードローンなどは総量規制、貸し付け制限が課せられることがない、ということになります。しかし、だからといって銀行が年収の三分の一以上を確実に貸してくれるわけではない、ということは認識しておきましょう。

もう一つ、規制の対象外となるのが、おまとめローンなどになります。総量規制とは貸し付ける側の規制ではあるのですがおまとめローンの場合、借り手が金利面などでお得になります。お得になるわけですから、それに関しては規制外になっています。

おまとめローン利用時の鉄則とは

おまとめローンを利用することが出来れば、目に見えるようなデメリットは感じられることはありません。おまとめローンは利用する側のメリットが多いローン商品であることは間違いない事実です。
しかし、一見するとおまとめローンのメリットに見える「月々の返済金額」を減らせるということは実はデメッリトになる可能性が高いので、おまとめローンを利用するときには「月々の返済額」についてはよほど注意して設定することが必要です。

月々の返済額を減額するということは、その返済額に対して元本への充当額が少なくなるということを意味しています。
元本への充当額が少なくなれば当然ながら、元本が減っていくスピードは遅くなることが考えられます。
つまり、いつまでたっても返済が終わらず、おまとめローンのメリットを享受するどころか、たくさんの利息額を払うことによっておまとめローンの金融機関を喜ばせるだけということになってしまいます。

それぞれのおまとめローンの返済シュミレーションを利用してメリットのある月々の返済額を設定する必要がありますが、もし月々の返済額に不安がある場合には月々の返済額を少なくして、繰り上げ返済をできるだけ利用して早期完済を目指すべきでしょう。

無利息でお得にキャッシングができるサービスのメリット

冠婚葬祭や仕事に必要なアイテムを買う費用が急に必要になったときなど、手元の資金が足りない時にキャッシングをすると便利です。キャッシングというと利息がかかると思いがちですが、無利息で簡単でお得に資金を手に入れることが可能なキャッシングの方法があります。それは、大手のクレジットカード会社が行っている30日間無利息キャッシングサービスです。利息がかからないので、お得にキャッシングをしたいユーザーに人気が高いです。1ヶ月以内の返済をすれば無利息なので、給料日が近い場合などすぐにお金が入る予定がある人にとってお得なサービスです。

キャッシングを大手消費者金融ですることはポピュラーですが、消費者金融でお金を借りることに抵抗がある人にとって便利なのが、銀行でキャッシングをすることです。銀行の中にも30日間無利息キャッシングができるところがあります。また、アルバイトの人や専業主婦でも気軽にキャッシングができるのが楽天銀行です。専業主婦の人でも条件が合えば簡単に審査を通るので人気が高いです。手続きも分かりやすいので、あまりキャッシングをしたことがない人で安心です。楽天ローンの契約はスマホですることができるので、仕事で忙しくて時間がない人にとって便利です。