初めてのアイフル利用

学生でまだアルバイトしかしておらず、生活だけで大変な時に、彼女とアウトレットモールに行く事になりました。サイトで見る限り高額なおねだりが来るかなと予感があり、お財布の中を確認したところ所持金ではとても不安でした。

かといって銀行に貯金など無く「どうしたものか」と思っていたところ、消費者金融で借りるという選択肢が頭の中で浮かびました。始めは不安だったもののコンビ二等から返済することができ、なおかつ名前が知られてるのでアイフルを選択しました。

学生でありながら即日借りることが出来て、デート当日に男として無事に見栄を張ることもできて一安心。その翌月にアルバイト費用が入ったところでコンビニから即返済したので利息も大してつきませんでしたが、お財布も再度キツくなってしまったので、今度はリボ払いなどにしようとも思います。

レイクは5万円以内なら180日間無利息サービスが利用できる

消費者金融でよくあるサービスである「無利息サービス」。サービス適用期間は利息が付かないのでお得に利用することができます。レイクは、初めての契約なら2種類の無利息サービスから選ぶことができます。

初めての利用で「30日間無利息サービス」と初めて利用で5万円までなら「180日間無利息サービス」とがあります。なので、少額の借り入れをしたいと思っている人にはレイクはお得に利用することができます。180日間無利息なので、この期間内に返済さえすれば、0円でお金を借りれたことになります。

返済の時もレイクATMか提携ATMを利用すると手数料も0円で利用することができますので、レイクは少額利用するにはおすすめの消費者金融です。

アコムよりプロミスを選ぶ人が多い理由は?

大手の消費者金融で融資スピードが優れているのはアコムとプロミスと言われています。共に申し込みをしてから約1時間で借り入れする事が出来るのですぐにお金が必要な時に利用すると助けてもらえる事が多いです。それでキャッシングをする時にアコムかプロミスのどちらかを選ぶ事になりますが、プロミスを選択する人の方が多いです。そこでなぜプロミスを選ぶ人の方が多いのか見ていく事にしましょう。

アコムは最高金利が18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されています。0.2%の差なのでそれほど変わらないと思う人もいますが、実際に借り入れすると影響してくるので最高金利が低く設定されているプロミスを選ぶ人が多いです。

また共に30日間の無利息サービスを提供していますが、アコムは契約日の翌日からの適用になっているのに対してプロミスは初回借入日の翌日からの適用となっています。プロミスの方が余裕があるのも選ぶ人が多い理由となっています。

銀行のカードローンのメリットについて

銀行のカードローンのメリットは金利の低さです。

通常の借り入れの場合、カードローンでは最高金利が適用されます。銀行では14.5%前後なのに対し、大手消費者金融では18%前後、中小の消費者金融では20%のところもあります。10万円借りていた場合は、銀行の方が年間で3,000円以上も利息が抑えられることになります。

もう一つ、銀行のカードローンのメリットは、提携銀行のATM手数料が無料となっているところが多い点です。自行のATMはもちろん無料。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローンでは、コンビニのATMも手数料無料で使えます。

銀行のカードローンはその銀行に口座を持っていなくても申し込めますし、口座開設もWEBや郵送で出来るところが増えています。ただし、即日融資には対応していないので、借り入れまでの日数に余裕がある人におすすめです。

中小の消費者金融を利用する時は最高金利の設定に注意!

中小の消費者金融は大手の消費者金融より審査に柔軟性があるので可決率も高いと言われています。それでどうしてもお金が必要な時は中小の消費者金融でキャッシングをした方が好都合になる事が多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

中小の消費者金融は最高金利が20%で設定されている業者が多いですが、中にはそれ以上に金利になっている事もあります。しかし法律で20%以上の貸付を行うのは違法になるので最高金利が20%で設定されている悪質な業者の可能性が高いです。

利用してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので中小の消費者金融を利用する時は最高金利が20%以下で設定されている事をしっかり確認してから申し込みをするようにしましょう。