おまとめローンは余裕がある人が利用する

複数の借入がある場合には、おまとめローンを利用すれば金利が下がるという広告から積極的に検討する人がいます。しかし、おまとめローンを利用する際の目的を誤ってしまうと、かえって返済総額を増やしてしまう点に注意が必要なローンだと知っておからなければなりません。

おまとめローンを利用したことは、他の消費者金融から個人信用情報機関を参照することですぐに分かってしまいます。おまとめローンの金利が下がる仕組みは、利息制限法で定められた上限金利が利用残高に応じて段階的に厳しく制限されていることを利用したものです。100万円を超える金額では、15%が上限金利として定められており、更に金額が増えると段階的に上限金利が厳しくなるわけです。

しかし、毎回の支払額を減らしてしまうと、返済回数がおまとめローン利用前よりも増えてしまう可能性があるので、元金の減り方が借り換え前と同じか寧ろ多い程度に調整する必要があります。多重債務者状態に陥っているために、毎月の返済額を下げるためだけにおまとめローンを利用してしまうと、利息は元金に対して毎回かかるので返済回数が増えた分だけ利息総額が増えてしまうことに気が付いていない人が多いです。

おまとめローンを利用する目的として、早く完済するために利用するならば良い方法ですが、毎月の返済額を減らすための利用は避けた方が良いでしょう。

おまとめローンを効果的に活用するには

おまとめローンを利用すれば、複数の金融機関からの借入の管理が簡素化されることになりますし、金利も下がることがほとんどです。実質的に借金が減額されるわけではありませんが、おまとめローンを活用することで返済が容易になることが考えられます。

おまとめローンを活用するためには月々の返済額をどうするかしっかりと考えなければなりません。おまとめローンでは月々の返済額を少なくすることもできますが、あまりに月々の返済額を減らしてしまいますと、返済期間が長期化することになり、総返済額が増えることにつながりかねません。

逆に月々の返済額を以前と変わらないくらいの金額にするとか、以前の返済額よりも総額すれば、金利が下がることから総返済額が大幅に減額されることが考えられます。もちろん、借金の総返済額に対する金利の効果は大きいですから、月々の返済額を少し減らしても総返済額が減ることもありますが、おまとめローンのメリットをフルに活用するためには月々の返済額をしっかりと検討するべきです。

極論をすればおまとめローンを利用するならば少なくとも総返済額が減るように活用しなければおまとめローンの意味はないといってもいいでしょう。

キャッシングのおまとめローンで逆に損をするケース

キャッシングにはおまとめローンという、大変便利な制度がありますが、これを利用すると通常は返済金額が減るというメリットがあります。それを目的にしておまとめローンを利用する方も多くいるでしょう。

ただ、このおまとめローンは、確かに毎月の返済金額は減ったものの、トータルで支払う金額が増えているということもあり、実は気付かないところで損をしているなんてケースがあるのです。それはどうしてか?というと、返済期間があまり長くなりすぎているケースです。毎月の返済金額が減ったとしても、返済にかかる期間が延びると、それだけ利息が追加されていきます。

その利息の追加分があまりに多くなると、結局おまとめローン利用前よりも多く返済しないといけない事態になっているということもあるのです。利息は返済期間に比例してかかるため、この返済期間が長ければ、それだけどんどん利息がかかっていき、気付かないところで、おまとめローンを利用する前の返済金額を越えているかもしれません。

得をするためにおまとめローンを利用しているのですから、実は返済期間がどれだけ増えているか?ということにも注目しないと、利用した意味がないということになってしまうかもしれません。