アコムで振込キャッシングを利用する時に指定する口座に関する注意点

アコムの借入方法は自社ATMや提携ATMなどもありますが、最近では振込キャッシングを利用する人が多いです。融資の依頼をすると指定の口座に振り込んでもらえるのでアコムの店舗に来店する必要がなくなります。しかし即日融資を受ける時は指定する口座に関して注意点があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアコムで振込キャッシングを利用する時に指定する口座に関する注意点を確認していきましょう。

・大手銀行の口座だと銀行の営業時間内に手続きをする必要がある

アコムで振込キャッシングを利用する時の大手銀行の口座を指定する事が出来ますが、即日融資を受ける時は銀行の営業時間内に手続きをする必要があります。銀行の営業時間内に手続きをしないと振込をする事が出来なくなるので翌日以降の振込になってしまいます。即日融資を受ける時は注意しましょう。

・楽天銀行の口座を指定すると24時間いつでも振込可能

大手銀行の口座だと銀行の営業時間内に手続きをする必要がありますが、仕事などで都合がつかない事も多いので困ってしまいます。しかしアコムの振込キャッシングを利用する時に楽天銀行の口座を指定すると24時間いつでも振込してもらう事が出来ます。自分の都合に合わせて即日融資を受ける時は楽天銀行の口座を指定するといいでしょう。

アコムとアイフルとプロミスの無利息期間の比較

最近では大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは、初めて利用する人であれば、一定期間無利息で利用できる特典が付くことが多くなっています。大手消費者金融として有名なアコム、アイフル、プロミスも初めて契約してキャッシングをする人を対象に、いずれも最大で30日間無利息でキャッシングできるサービスを提供しているのですが、条件や無利息期間開始時期などは微妙に異なります。それぞれの金融機関の無利息期間について解説をします。

・アコム

条件は、アコムの利用が初めてであり、尚且つ返済期日を35日ごととしてカードローンを契約をした人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でカードローンの利用ができます。

・アイフル

条件は、アイフルの利用が初めてであり、キャッシングローンを契約した人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でキャッシングの利用ができます。

・プロミス

条件は、プロミスの利用が初めてであり、尚且つeメールアドレスを登録して、ウェブ明細サービスを利用する、とした人となります。初回出金日の翌日から最大で30日間無利息でサービス利用ができます。

それぞれの金融機関の違いをよく理解して、うまく活用したいですね。