カードローンを比較してお得に利用するコツ

代表的な消費者金融系のカードローンの上限金利は18パーセントですが、実際には業者によって適用される利率は異なります。また審査方法も様々なので、お金を借りたいと考える人たちのニーズに合わせて、最適なサービスを見つける必要があります。個別の銀行や消費者金融のサイトで融資条件をチェックする方法もありますが、キャッシングやカードローンの比較サイトを利用するのが効率的です。比較サイトでは金利や借りやすさなどの諸条件で業者を比べることができるので、誰でも利用しやすいサービスを見つけることができます。特に初めてお金を借りる場合には、無利息キャンペーンのある業者が最適です。また即日融資が可能な業者の特集コーナーは、緊急にお金が必要になったときにも便利です。

カードローンの手数料

以前から使っているカードローンについて、手数料が高いなと感じています。

ATMでの入出金は便利なのですが、毎回払っている手数料を考えると、ちょっと失敗だったかもしれません。

何故そう感じているかというと、最近見た某銀行系カードローンが、手数料無料だったからです。

いま使っているカードローンを、なぜ自分が選んだかはもう忘れてしまったのですが、これまでに払った手数料を考えると「もったいなかったな」と思えてなりません。

契約した当時は、それほど深く考えてなかったのかもしれないと反省しています。

1回あたりの金額はともかく、ずっと使うことを考えると、その分の手数料を節約したいな、と思えてきます。

そこで思い切って現在使っているカードローンを解約し、手数料が無料のカードローンに切り替えようと計画しています。

繰り上げ返済が完了するまではある程度時間がかかりそうですが、節約のために、しっかり目標を決めて、目標の期間内に完済する予定です。

もちろん利用しないに越したことはありませんが、いざ使う時に余計なお金を払わなくて済むようにしたいものです。

小さなことでもこつこつ節約して、少しでも多くお金を貯めたいなと考えています。

申し込みが簡単、楽天銀行のカードローン

インターネットから24時間申し込みができて便利な、楽天銀行のカードローン。

このカードローンは、

・楽天銀行に口座がないかた

・楽天のIDを持っていないかた

でも申し込みをすることが可能となっています。

また、インターネットで申し込みができるだけでなく、書類はアプリを使っての提出が可能です。

申し込み後に審査を通過し、在籍確認・本人への電話確認などをクリアできれば、その後にカードが送られてきます。

忙しい方であれば、なかなか銀行の窓口にいって申し込みをする時間も作れませんよね。

そんな方にオススメなカードローンとなっています。

もしカードローンの利用を検討しているのなら、楽天銀行に申し込んでみてはいかがでしょうか。

カードローンは無利息で手軽にお金を借りられる

彼女と旅行を計画していたのですが、飲みに行ったり洋服を買ったりとお金を使いすぎてしまったため、旅行のための資金が足りなくなってしまいました。

彼女にそのことを知られてしまったら喧嘩になってしまうし、友人からお金を借りるのは少し金額が大きくなってしまうので、テレビなどのCMでも良くみるカードローンを利用する事にしてみました。

キャンペーンで30日間無利息ということで、カードローンでお金を借りても翌月の給料日にお金を返せば利息がかかることなくお金を借りることができるのです。私は早速5万円の借入を申し込み、審査もスムーズに通過して無事借入することができました。

その後翌月の給料日に借入した5万円を一括返済することで、無利息でお金を借りることができたのです。

カードローンは手軽で無利息で借りることもできるので、30日以内に返すことが出来れば借りた分のお金だけ返せば良いのでおすすめとなります。

三井住友銀行カードローンの申し込みと承認

私は以前、三井住友銀行でカードローンの申し込みとその承認を受けました。その時の事をお話しします。私はインターネットで、三井住友銀行がカードローンの客を募集しているのを知り、パソコンの画面から必要事項を入力しました。

そうしますと、2,3日経過した後、銀行から電話があり、詳細情報を尋ねてきました。私は質問に答えていると、事業者の場合、領収書のコピーか何か証明するものをfaxで送って下さいとの事でした。それで、領収書のコピーをfaxで送付しますと、また、連絡があり、これでOKですと言う返事でありました。

融資額が100万円以下なら収入証明書不要であったので、領収書がその代りになると言う事でありました。後日、また連絡があり、融資の承認が下りましたと言う事でありました。私は、喜んで、銀行からカードが送られて来ると、早速に利用させてもらいました。

カードローンの利用が会社にバレたら

カードローンの審査のひとつ在籍確認を受ける時、会社にバレてしまったらと心配をする人は少なくありません。審査自体は、職場の人に気づかれないように慎重に行われますが、万が一バレても仕事に影響が出る可能性は殆どありません。

カードローンというのは、個人の借入で返済の遅れなどが発生しても会社に迷惑をかけることがないものです。勿論、闇金のように職場まで取り立てにくるような業者を利用した場合は、今後の仕事に影響が出る可能性がありますが、一般的な消費者金融であれば問題がないことが殆どです。

ギャンブルや浪費のための借入であればイメージが悪くなることもありますが、どうしても必要な借入であれば理解をして貰える可能性は高いと考えておいて良いでしょう。

総量規制を気にせずお金を借りられる銀行カードローン

消費者に対してお金の融資を行っているサービスは何種類もありますが、それらのサービスの中には法律によって融資を受けられる金額に上限が決められているものもあります。法律による借入可能額の上限のことを総量規制といいますが、この規制では年収の三分の一までが融資を受けられる上限と定められており、その対象は消費者金融や信販会社、クレジット会社などとなっています。

そのため、消費者金融のキャッシングなどでは総量規制の影響を受けて自身の年収によっては自分の希望額の融資を受けられないケースもあります、万が一、総量規制の影響で消費者金融などからの融資が受けられないという場合には、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用してお金のの工面をするようにしましょう。

銀行のカードローンのメリットについて

銀行のカードローンのメリットは金利の低さです。

通常の借り入れの場合、カードローンでは最高金利が適用されます。銀行では14.5%前後なのに対し、大手消費者金融では18%前後、中小の消費者金融では20%のところもあります。10万円借りていた場合は、銀行の方が年間で3,000円以上も利息が抑えられることになります。

もう一つ、銀行のカードローンのメリットは、提携銀行のATM手数料が無料となっているところが多い点です。自行のATMはもちろん無料。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローンでは、コンビニのATMも手数料無料で使えます。

銀行のカードローンはその銀行に口座を持っていなくても申し込めますし、口座開設もWEBや郵送で出来るところが増えています。ただし、即日融資には対応していないので、借り入れまでの日数に余裕がある人におすすめです。

消費者金融会社のカードローンを使ったキャッシングで充実した日常を

消費者金融会社でお金を借りる場合、カードローンやキャッシングといった方法が選べます。銀行グループ傘下の消費者金融会社であれば、カードローンという形で融資を受けられます。その為、ローン契約機が銀行の各支店のATMコーナーに設置されている事もあります。

消費者金融会社のカードローンは、キャッシングサービスと同じ使い方が出来ますので、使用用途が色々と考えられます。但し、家や車を購入するといった場合には、目的別ローンを利用した方が金利面や返済方法などの要素で有利です。

カードローンとキャッシングは借入利率を比較しながら選びますと、返済の時の返済総額を抑えられますので、利用者は負担を減らせます。計画的な使い方が利用者の日常を充実したものにしてくれるでしょう。

専業主婦でも契約できる楽天銀行カードローン

2010年に総量規制の法律が施行されて以降、専業主婦がキャッシング契約をしたりカードローン契約をしたりするのは極端に難しくなりました。特に近年では専業主婦がカードローン契約をするのは絶望的となっているわけですが、楽天銀行カードローンであれば全く問題なく専業主婦でもカードローン契約ができるので、カードローン契約をしたいと考える専業主婦に特におすすめができます。

楽天銀行カードローンは通常の申し込みであれば契約の際に収入証明書類の提出を求められるケースが多いのですが、専業主婦が申し込みをした場合には収入証明書類の提出は不要となっています。また来店不要で契約ができるため、人目が気になるという主婦でも安心して契約ができます。

地方限定の銀行系カードローンのデメリット

地方限定の銀行系カードローンというのは以下のようなデメリットがあります。

まず、名前の通り、特定の地方限定ですので利用者がほとんどその地域に住んでいる人に限られるので、利用できる幅が少ないです。

また、金利・借入限度額がいいところよりも悪いところが多いのもデメリットになりやすいです。

ATMについても提携先が少なかったり、手数料が普通にとられるといったことも地方の銀行レベルという感じもします。

その他にはやはり借り入れができるまでの審査時間がかかりやすいというようなところも、大手との設備の違い問うものを感じてしまいます。

利便背やサービス面ではやはり大手のほうが分がいいという面は否めないので、よほどいいところがない限りは地方限定のところを使うメリットはないでしょう。

即日融資が当たり前になりつつあるカードローン

最近カードローンは、即日融資というものが当たり前になりつつあります。お金を借りるまでに1週間ほどかかる地方銀行などが存在するもの事実ですが、余程金利が低いなどのメリットがなければ契約する意味はありません。

しかし即日融資はできるものの、平日のみの金融機関がほとんどです。なぜなら銀行振込みが可能なのは平日15時までだからです。そこで多くの金融機関は平日14時を即日融資のタイムリミットとして、それまでに契約が完了していることを義務づけています。

大手消費者金融などのように自動契約機があれば、平日14時以降や土日祝日でも即日融資が可能です。ただし自動契約機まで行き、最終契約とカードを発行できることが条件となります。都市圏の方はハードルが低いですが、地方でも田舎の方は自動契約機まで遠いので意外とハードルが高いです。

カードローンの比較検討について

最近、テレビCMやネットの広告などで、よく見かけるカードローン、キャッシング。

毎月の給料があと1万、3万多かったらいいのにな…、今月ちょっと使い過ぎちゃった…などなど、そんな時にお金を簡単に借りることが出来る広告を見ると、ついつい手を出してしまう人が多いのではないかと思います。

分割で返済も出来るし、大丈夫か?と思い込んでしまう人が多く、最初は少額から、だんだん感覚がマヒして、ついつい一万二万…と借り入れ金額が増えていきます。

そこがカードローンの恐ろしいところです。

借りる前にまず、返済時の利率をしっかり確認することが大切です。

アイフルやレイクなどの消費者金融より、銀行系のカードローンのほうが利率が低いところが多いです。

また、初回の借り入れは、会社によりますが、一週間?二週間無利子!というところが多いので、給料日前などに一時的に借りて、給料が入ったら、無利子期間中に返す。それなら、全く損はしません。

あとは、初回の審査で、必ず勤め先に在籍確認の電話がいきます。

会社名は名乗らずに…というところがほとんどですが、そのような電話がかかってくると、怪しく思われたりもするので、事前に会社の人に上手くいっておく(クレジットカード新しく作るので、もしかしたら在籍確認あるかも…など)と良いと思います。

ますは、しっかり色々な会社を調べ、比較検討してから始めてください。

勢いでは始めないほうがいいことは、間違えないです。

カードローンを滞納したら取り立てに来るの?

初めてカードローンを利用される方は、もしカードローンを滞納したら厳しい取り立てが自宅にやって来るからと考え、利用を躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。しかし現在は貸金業法という法律で、違法な取り立てに対して厳しい処罰が行われるので心配ありません。

例えば正当な理由なく20時~翌朝9時に自宅に訪問したり、電話をかけることが禁じられています。正当な理由とは、例えばカードローン契約者が「仕事が終わる22時に電話して欲しい」などと伝えた場合です。また正当な理由なく仕事場へ電話をかけることも禁じられています。

貸金業者も業務停止命令を喰らうとイメージダウンが甚だしいので、危ない橋は渡らないでしょう。特に現在大手の金融機関は自宅に取り立てに来ることはなく、電話や督促状が自宅に来る程度です。

「なんだそれなら返済しなくてもいいのでは?」と思われた方は浅はかな考えの持ち主です。督促状を無視し続けていると、借り入れ額によっては裁判を起こされ、給与などが差し押さえられるかもしれません。また裁判ざたにならなくても、3ヶ月以上返済を滞納したら信用情報機関にその滞納の記録が残ります。この記録は滞納が解消しても5年も残り、いわゆるブラック状態になります。こうなると一切のローンが組めなくなるので、安易に滞納してはならないのです。

カードローンの問題は過剰融資以外にある!

銀行カードローンの過剰貸付や借り入れが問題化し、借り入れ行為自体に悪いイメージがあります。銀行カードローンと言えども、上限金利14.5前後というのは低いとは言えません。しかし、金利自体が返済不能になる原因ではなく、要因です。早期返済を行うことで、利息の発生は抑えられ、結果として直接的な原因ではありません。

むしろ、カードローンの問題は返済方法にあり、リボルビングスライド方式が原因と言えます。銀行カードローンの多くは、毎月の返済額を低いといった謳い文句があるものの、これは返済期間を長期化させ、発生する利息を増やすことに繋がります。

目的別ローンの場合は、毎月の約定返済額が高く設定されており、自動車ローンなどがいい例となります。毎月の返済額が高ければ、必要以上に借り入れを行い難くなります。

また、返済が厳しいというイメージは、悪いように思われるものの、実際には無理な借り入れからの自己防衛にも繋がっていました。結果的に銀行カードローンの問題は、返済が長期化し易いことが一番の問題となります。

そのため、返済に苦しまないためには、どの様な返済方法が最適なのか、そして毎月どれほど返済に充てられるのかを認識しておく必要があります。如何に過剰融資や借り入れを防止したとしても、少額の借り入れで返済が苦しくなってしまう、現在の返済方式を規制することが一番の課題です。