即日融資が当たり前になりつつあるカードローン

最近カードローンは、即日融資というものが当たり前になりつつあります。お金を借りるまでに1週間ほどかかる地方銀行などが存在するもの事実ですが、余程金利が低いなどのメリットがなければ契約する意味はありません。

しかし即日融資はできるものの、平日のみの金融機関がほとんどです。なぜなら銀行振込みが可能なのは平日15時までだからです。そこで多くの金融機関は平日14時を即日融資のタイムリミットとして、それまでに契約が完了していることを義務づけています。

大手消費者金融などのように自動契約機があれば、平日14時以降や土日祝日でも即日融資が可能です。ただし自動契約機まで行き、最終契約とカードを発行できることが条件となります。都市圏の方はハードルが低いですが、地方でも田舎の方は自動契約機まで遠いので意外とハードルが高いです。

カードローンの比較検討について

最近、テレビCMやネットの広告などで、よく見かけるカードローン、キャッシング。

毎月の給料があと1万、3万多かったらいいのにな…、今月ちょっと使い過ぎちゃった…などなど、そんな時にお金を簡単に借りることが出来る広告を見ると、ついつい手を出してしまう人が多いのではないかと思います。

分割で返済も出来るし、大丈夫か?と思い込んでしまう人が多く、最初は少額から、だんだん感覚がマヒして、ついつい一万二万…と借り入れ金額が増えていきます。

そこがカードローンの恐ろしいところです。

借りる前にまず、返済時の利率をしっかり確認することが大切です。

アイフルやレイクなどの消費者金融より、銀行系のカードローンのほうが利率が低いところが多いです。

また、初回の借り入れは、会社によりますが、一週間?二週間無利子!というところが多いので、給料日前などに一時的に借りて、給料が入ったら、無利子期間中に返す。それなら、全く損はしません。

あとは、初回の審査で、必ず勤め先に在籍確認の電話がいきます。

会社名は名乗らずに…というところがほとんどですが、そのような電話がかかってくると、怪しく思われたりもするので、事前に会社の人に上手くいっておく(クレジットカード新しく作るので、もしかしたら在籍確認あるかも…など)と良いと思います。

ますは、しっかり色々な会社を調べ、比較検討してから始めてください。

勢いでは始めないほうがいいことは、間違えないです。

カードローンを滞納したら取り立てに来るの?

初めてカードローンを利用される方は、もしカードローンを滞納したら厳しい取り立てが自宅にやって来るからと考え、利用を躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。しかし現在は貸金業法という法律で、違法な取り立てに対して厳しい処罰が行われるので心配ありません。

例えば正当な理由なく20時~翌朝9時に自宅に訪問したり、電話をかけることが禁じられています。正当な理由とは、例えばカードローン契約者が「仕事が終わる22時に電話して欲しい」などと伝えた場合です。また正当な理由なく仕事場へ電話をかけることも禁じられています。

貸金業者も業務停止命令を喰らうとイメージダウンが甚だしいので、危ない橋は渡らないでしょう。特に現在大手の金融機関は自宅に取り立てに来ることはなく、電話や督促状が自宅に来る程度です。

「なんだそれなら返済しなくてもいいのでは?」と思われた方は浅はかな考えの持ち主です。督促状を無視し続けていると、借り入れ額によっては裁判を起こされ、給与などが差し押さえられるかもしれません。また裁判ざたにならなくても、3ヶ月以上返済を滞納したら信用情報機関にその滞納の記録が残ります。この記録は滞納が解消しても5年も残り、いわゆるブラック状態になります。こうなると一切のローンが組めなくなるので、安易に滞納してはならないのです。

カードローンの問題は過剰融資以外にある!

銀行カードローンの過剰貸付や借り入れが問題化し、借り入れ行為自体に悪いイメージがあります。銀行カードローンと言えども、上限金利14.5前後というのは低いとは言えません。しかし、金利自体が返済不能になる原因ではなく、要因です。早期返済を行うことで、利息の発生は抑えられ、結果として直接的な原因ではありません。

むしろ、カードローンの問題は返済方法にあり、リボルビングスライド方式が原因と言えます。銀行カードローンの多くは、毎月の返済額を低いといった謳い文句があるものの、これは返済期間を長期化させ、発生する利息を増やすことに繋がります。

目的別ローンの場合は、毎月の約定返済額が高く設定されており、自動車ローンなどがいい例となります。毎月の返済額が高ければ、必要以上に借り入れを行い難くなります。

また、返済が厳しいというイメージは、悪いように思われるものの、実際には無理な借り入れからの自己防衛にも繋がっていました。結果的に銀行カードローンの問題は、返済が長期化し易いことが一番の問題となります。

そのため、返済に苦しまないためには、どの様な返済方法が最適なのか、そして毎月どれほど返済に充てられるのかを認識しておく必要があります。如何に過剰融資や借り入れを防止したとしても、少額の借り入れで返済が苦しくなってしまう、現在の返済方式を規制することが一番の課題です。

楽天銀行カードローンはアルバイトでも契約可能

銀行のカードローンは、ノンバンクのカードローンと比較すると、低金利かつ高利用限度額であるケースが多いですし、総量規制対象外なので年収に関係なく借り入れができるというメリットが有ります。その一方で、雇用形態がアルバイトなどの場合は契約するのが難しいという問題もあります。

しかしながら、楽天銀行カードローンは銀行系カードろーんでありながら、アルバイトでも契約ができるという大きなメリットをもったカードローンとなります。楽天銀行カードローンについて、詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

利用限度額については最高で800万円までと高利用限度額になっていますし、金利に関しては年0.95%~7.25%(2017年9月1日現在)と大変な低金利となっています。お得に借り入れがしたいという人にはピッタリのカードローンですね。

・申込み要件

申込み要件については、満20歳以上62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)であり、日本国内に住居していて、申込者本人あるいは配偶者に安定した収入があること、とされています。

雇用形態が正社員でなくても契約可能なのがうれしいですね。

・契約に必要なもの

運転免許証等の本人確認書類と源泉徴収票などの収入証明書類があれば契約可能となります。