キャッシングローンのデメリット!目的別ローンの審査では不利になる!その理由は?

銀行や消費者金融など、キャッシングローンは日常的な現金の不足から長期に亘る借り入れまで対応することが出来ます。特にカードローンは、自分の都合に合わせて借り入れが出来る上、突発的な出費にも対応出来ます。

しかしながら、カードローンは目的別のキャッシングローンに比べ、新たなローン契約をする上では不利になりがちです。そもそも、カードローンは大口融資ではなく、小口融資であり、1万円や2万円といった少額の借り入れが出来ます。しかし、少額の借り入れほど、家計収支の管理が出来ていないと判断される可能性があります。1万円や2万円といった金額は、日常生活において節約次第で簡単に確保出来てしまいます。

そして、何度も借り入れをすることは収支管理が出来ていないだけでなく、預貯金も出来ないという印象を与えてしまいます。借金と預貯金はあまり関係のないものと考えがちですが、お金を計画的に利用するという点では似た性質があり、借金とマイナスをゼロまで貯金するというものと考えられます。

つまり、生活費が足りないからといって頻繁に利用することは、お金に対する考え方や管理がルーズと判断される要因になります。そのため、自動車ローンや住宅ローンの返済リスクが高く評価されてしまいます。

そのため、カードローンは必要最小限の利用限度額とし直ぐに返済する、高額な融資は借り入れ後、返済のみの目的別ローンにするなどといった方法が好ましくなります。10万円の利用限度額であれば、結婚式が3回続いてもご祝儀は捻出できる上、ボーナスで一括返済も可能です。重要なことは、1年以内に完済出来る金額に留めておくことであり、新たなローン契約前に完済状態に出来るかどうかです。

キャッシング契約が出来ない場合、中小消費者金融へ契約を申し込むといったケースがあるものの、よりお金に対する考え方はシビアなため、悪いイメージを与えない様にするのがポイントです。

主婦はキャッシングできる?

主婦でも、突然お金が必要になることってありますよね。

まとまったお金が必要になったけど、夫には言えない。そんなこともあるのではないでしょうか。そんな時、さてどうするか。親がまず思い浮かびますが、老いた両親も年金暮らしだったり細々とした生活をしているのに頼りたくない。友人などには絶対にお金を借りたくない。

こんな時、専業主婦でもキャッシングという手があります。

キャッシングという言葉にすごく抵抗感を持っている方もいらっしゃるでしょうが、きちんと返せる範囲で借りるなら健全なもの。住宅ローンや車のローンと同じようなものです。借りて消せばいいだけ。そんなに非難されるようなものではないのです。

銀行系のカードローンならパートやアルバイトで収入のある方はもちろんですが、無収入の主婦でも借り入れできるものもあります。最近のレディースローンですと、オペレーターも女性だったり、とても親切で相談しやすいと思います。それに嬉しいことに「30日間まで無利息」なんていうカードローンも多いのです。

そして何よりこれは大事なのですが「夫にバレないで借りられる」ものが多いってこと。これが一番不安ですよね。

主婦の方も、突然のお金が必要になったらキャッシングという手もあることを忘れないでくださいね。

無利息でお得にキャッシングができるサービスのメリット

冠婚葬祭や仕事に必要なアイテムを買う費用が急に必要になったときなど、手元の資金が足りない時にキャッシングをすると便利です。キャッシングというと利息がかかると思いがちですが、無利息で簡単でお得に資金を手に入れることが可能なキャッシングの方法があります。それは、大手のクレジットカード会社が行っている30日間無利息キャッシングサービスです。利息がかからないので、お得にキャッシングをしたいユーザーに人気が高いです。1ヶ月以内の返済をすれば無利息なので、給料日が近い場合などすぐにお金が入る予定がある人にとってお得なサービスです。

キャッシングを大手消費者金融ですることはポピュラーですが、消費者金融でお金を借りることに抵抗がある人にとって便利なのが、銀行でキャッシングをすることです。銀行の中にも30日間無利息キャッシングができるところがあります。また、アルバイトの人や専業主婦でも気軽にキャッシングができるのが楽天銀行です。専業主婦の人でも条件が合えば簡単に審査を通るので人気が高いです。手続きも分かりやすいので、あまりキャッシングをしたことがない人で安心です。楽天ローンの契約はスマホですることができるので、仕事で忙しくて時間がない人にとって便利です。

キャッシングの申込み先を比較して自分に合ったカードローンを選ぼう

キャッシングの申込み先は、金融業者の数だけ多く存在していますが、申込者にとって最適なカードローン商品は少ないです。なぜなら、カードローン商品ごとに金利設定が異なるだけでなく、契約可能な人の属性範囲に違いがあるので、最初から契約属性として審査通過対象とならないケースもあるからです。

金融業者が受け付けているオンライン申込みの中には、レディースローンでありながら、男性が申し込んでいたりという場合もあります。戸籍上の性別と異なるトランスジェンダー問題があるので、個別に状況を把握する必要があり、システム上で弾いてしまわないようにしている金融業者にとっては、申込み条件を満たさない申込みに対する否決連絡すらも人件費を多く使う内容となってしまいます。

利用規約に明記されていなくても、簡易審査を導入している金融業者が増えているのは、申込み希望者にじっくり選んでもらいたいという事情が見え隠れしているわけです。金利だけでなく、返済日についても指定日のみという金融業者もいれば、最大月6日の中から給与日に合わせて選べる金融業者も登場しています。キャッシング先を選ぶ時には、細かい内容まで比較した上で選ぶことが、申込者だけでなく金融業者にとってもメリットが多いわけです。

即日利用できるキャッシングは海外旅行の際、重宝します

学生時代に海外滞在中、往復航空券のみ購入し、滞在場所など何も決めずに無計画な旅行を決行しました。

もともとの持ち合わせの現金が少ない事もあり、復路航空券の1週間も前に現金が底を尽きてしまいました。

クレジットカードにキャッシングの機能があるとも知らず、ゲストハウス等で手伝いをしながらなんとかしのげました。

やっと帰国の日になり、残ったのはわずかな小銭のみ。日本の空港につけば、お金の引き落としできるし…。と思い安堵していたのもつかの間。

その空港には、空港使用税を現金で払わなければいけなかったのです。必死に説明しました。

クレジットカードはないのか?と言われ、あれよあれよという間にATMでキャッシング方法を教わりました。

上述のストーリの後、異国の土地での現金調達に明け暮れていた1週間の苦労はなんだったのか。あれよあれよという間に現金が手元に!!

無事、税金を支払えたのは良かったです。しかし、もっと早く教えてくれれば…、もっと充実した海外旅行になっていたと思いました。

次の海外旅行からは、高額の現金を持ち歩くリスクもあるので、キャッシングできるATMがある場所を予め把握し、

少額の現金のみ持ち歩き、海外でも口座引き落としのように利用する事がふえました。ほんとに便利で助かります。

日本での日常生活では、口座引き落としで代替の事は足りるかと思いますが、

海外でのピンチの時と、使い方を考えればとても便利な方法です。

むやみに使うと、後からの支払に追われたり大変になりますが、計画的な使用はこれほど便利な物はありません。

キャッシング契約時の希望額で注意することとは?

消費者金融のキャシングローンの場合、総量規制により年収の1/3が上限となっています。また、銀行カードローンの場合は、自主規制により年収制限を設けるケースがあり、年収の1/2ないしは消費者金融同様に1/3までなってているケースがあります。申し込み時には、他社借入件数や借入金額を申告する必要があり、返済能力に応じた利用限度額になります。

しかし、契約時に決定される限度額の査定には、総所得になることが多く、返済に充てられる現実的な金額とは異なってしまいます。そのため、希望する限度額は契約者が自ら生活状況に応じた金額を希望することが非常に重要です。金融機関は、融資を行うことで利息収益を得ることが優先され、年収に基づく限界ラインまで提示することがあります。その結果、必要以上の借り入れを生じさせてしまい、契約者自身に掛かる負担の方が増加する傾向にあります。

そのため、金利の高いキャッシング契約は1年以内に完済出来る金額を希望することで、返済遅延や債務超過といったリスクを低減することが可能になります。安易に高額な利用限度額を希望してしまった場合、返済関するリスク以外に他ローンの契約審査に不利な条件ともなるため、計画的な利用以前の事から考えておく必要があります。

Web完結でキャッシングが出来る業者

現在IT社会と言われているのでキャッシングもインターネットでする時代になっています。最近ではスマートフォンも普及してきたのでWeb完結でキャッシングが出来るようにもなっています。Web完結でキャッシング出来ると来店不要で他の人に知られてしまう事もなくなるメリットがあります。そこでWeb完結でキャッシングが出来る業者を紹介していきましょう。

・プロミス

プロミスはホームページからWeb完結で申し込む事が可能で融資スピードも優れている消費者金融です。借り入れする時も融資の依頼をしてから指定の口座に振り込まれるまで最短10秒という早さです。しかし三井住友銀行など指定の口座が必要となるので口座開設しておく必要があります。

・アコム

アコムもプロミスと同様にホームページからWeb完結で申し込む事が可能です。アコムは無人契約機のむじんくんが有名ですが、最近ではWeb完結で申し込む人の方が増えています。しかしアコムはカードが自宅に郵送される形なので郵送物が発生してしまいます。

・みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは低金利で利用限度額が高いのが特徴の大手銀行のカードローンでWeb完結で利用する事が出来ます。みずほ銀行の口座を持っていると即日融資を受ける事が出来ます。しかしみずほ銀行の口座を持っていないと口座開設の時間が必要になってしまうので融資を受ける事が出来るまで約1ヶ月かかってしまいます。

キャッシングの在籍確認について

キャッシングを利用すると、ほぼ確実に職場へと電話連絡があります。これは本当に会社に在籍しているかを確認するための電話です。本人が出るまで会社名は言わないなどのキャッシング会社だと知らせない工夫はありますが、ほぼ非通知でかかってくるため、会社には出来ることなら事前に電話があることを職場の方へ知らせておきましょう。

電話確認以外の方法では、モビットがWeb完結申し込みなどによって書類審査をしていますが、いずれにせよ在籍確認は必ずされると覚えておきましょう。

その他、在籍確認が出来る書類さえあれば審査を通る会社も中にはあります。その場合は社員証や給与明細、源泉徴収票などが必要になりますので、しっかり取っておきましょう。

電話などで在籍確認が取れないと審査に落ちてしまう場合もあります。何度も掛ける会社もありますが、基本的に在籍確認出来ないと落ちると考えていいでしょう。

また、ウソの在籍などをしても落ちてしまう上、会社はその記録を残すので後々の審査にも影響が出ます。

返済が遅れそうになったら、、、

返済がおくれたと分かった時点で、はやくくカード会社に送れることを連絡することです。早めに連絡すれば返済日を送らせてくれたり、利息分だけの支払いでその月は済ませてくれるケースがあります。そして、どうしても返済できなければ返済するためのキャッシングをする方法もあって、カードでのキャッシングは他のローンより審査に通りやすくて、手軽にかりられて、借金を返すため借入をする方は多いです。

そして、クレジットカードキャッシングはお金をかりる機能で、これにはショッピング機能とキャッシぐ機能といった2つの機能があって、これで買い物をしてキャッシング機能でお金を借りる仕組み。そして、勝っ寝具機能とまぎらわしい名前を持った機能などもあります。

クレジットカードはショッピング機能・キャッシぐ機能2つがあって、ショッピング機能は買い物の機能で、ショッピング枠といった枠の中で利用可能です。そしてキャッシングはお金を借りる機能で、キャッシング枠という枠の中で利用できます。そして、キャッシング枠はショッピング枠中に入っていてショッピング枠・キャッシング枠がフルに使えるのではないです。キャッシング枠と同じようにクレジットでお金を借りるにはクレジットカード現金化があります。

総量規制対象外のキャッシングとは

キャッシングには総量規制の対象になるものとそうでないものの二通りがあります。総量規制を受けるキャッシングの場合、全社合わせて年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。そのため、既にキャッシングでお金を借りている人は、信用力に余力があっても総量規制にかかって審査落ちになる可能性があります。

総量規制は貸金業法にその規定があります。したがって貸金業法が適用されない会社のキャッシングはすべて総量規制対象外となります。具体的には銀行、信用金庫などのキャッシングが総量規制対象外です。これに対して消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の適用を受けます。これらのキャッシングは総量規制の対象となります。

総量規制対象外のキャッシングのほうが制限を気にしなくてもよいぶん、使いやすいのは事実です。ただ、一般的に銀行などのキャッシングは審査が厳しくなる傾向にあります。総量規制を受けるキャッシング、総量規制対象外のキャッシングはともにそれぞれの特徴があるので、自分の利用方法や信用力に応じて上手に使い分けましょう。