学生でもキャッシングは利用可能か?

学生の方も学費や遊興費など様々なところでお金が必要になることでしょう。そんな臨時の出費に対して利用できるのが学生ローンです。

学生ローンは18歳以上の大学生・短大生・専門学校生などの方々が利用できるサービスです。利用可能額は通常通り総量規制に則りアルバイトなどの年収から3分の1に相当する金額だけ利用可能です。

金利については業者によってバラつきますが、基本的には大手金融業者よりも少し高めに設定されていることがほとんどです。

ただし返済についての一月の金額も少額で対応ができるなど学生ローンならではのサービス内容も存在します。
審査については通常のローン契約と同様の審査を行いますので審査が通りやすいというような事は決してありません。

キャッシングの審査について

キャッシングは非常に便利なお金の貸入方法ですがいくつか注意すべき点もあります。

キャッシングには大きく分けると消費者金融によるものと銀行によるカードキャッシングがあります。
この二つのうちで特に多く利用されていて審査も早いのが消費者金融によるキャッシングです。

この消費者金融で融資を受けるには無人のATMに行くだけで可能です。
様々な消費者金融が無人のATMを構えていますのでそこで審査を受けます。

通常お金の借入をする場合は担保や保証人をつけなくてはいけない場合が多いですが、
消費者金融の審査にはこれらがいりません。

そのために審査を受けた即日に融資を受けれる場合が多いのも特徴です。

ここまでは消費者金融でのキャッシングでのメリットですが便利な反面で注意すべき点もあります。

それは平均的なキャッシングよりも金利が高い事があります。
消費者金融でのキャッシングは審査も早く通りやすい事から安易に借入をしてしまう場合があります。

借入をする際は、そのお金が本当に今必要なものなのか、
返済計画はできているかをしっかりと確認する事が必要です。

その確認を怠ると高い金利に元金の返済が間に合わず利子の返済に追われ多重債務に陥る可能性があります。
これが消費者金融のキャッシングで融資を受ける際の特に気をつけなければならない点です。

審査が早く現在ではどこにでもある無人の消費者金融キャッシングですが
注意すべき点をしっかりと認識すれば非常に便利な借入方法ですので
借入する際は御自分の返済計画をしっかりと確認されるといいと思います。

キャッシングのアコム店舗・ATM情報
http://cashinglabo.info/acom/

キャッシングにおける銀行と消費者金融の違い

キャッシングには銀行で行う場合と消費者金融で行う場合があります。
いずれもキャッシングをすること自体には変わりはありませんが、条件面などにおいていくつか違うところがあります。

まず金利面ですが、消費者金融の場合は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれた時代もあり、年利30%以上というのも珍しくはありませんでした。

しかし現在はそのような高金利は法律で禁止されていますので、大体18%くらいまでとなっています。

消費者金融同士では禁裏はどこもそれほど大きくは変わりません。
ですので、お互いにサービスの質をいかに向上させていくかでしのぎを削っています。

一方、銀行の金利は、消費者金融に比べるとかなり低く抑えられています。
これは、銀行というのは昔から地域に根ざして、住民との信頼関係をしっかり築き上げてきているため、低金利となっているのです。

また、融資限度額については、消費者金融は銀行よりも低めになります。

これは金融庁の指導で、借りすぎによるトラブルを防止するため、貸金業法で、年間所得の3分の1までしか借入はできないようになっているためです。

これを総量規制といいます。それに対して、銀行は貸金業法ではなく銀行業法に基づいて運営しており、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、融資限度額は消費者金融よりも高く設定されているのです。

ただ、銀行は審査が厳しく、融資には慎重であることが多いのが一般的です。