クレジットカードのキャッシングの利息

クレジットカードにはキャッシング枠が付帯しています。もちろん、これは自分で申込みをして、審査に通過していれば、という話ではあるのですが、ATMですぐに現金が借りられる点は、カードローンと似た性質といえるでしょう。お手軽に使えるのは借入ができるのは大きいです。

ほとんどのカードの上限金利は18%となっていますから、この点のみは注意しておきましょう。ですが、比較的持ちやすいということもありますし、借入までのアプローチが楽と言う点は大きなメリットであるといえるでしょう。

長期的に借り入れることにはあまり向いていないのですが、短期間であれば高めの金利も高い利息には繋がらないことでしょうから心配することはないです。

クレジットカードのキャッシング枠を0にする方法

クレジットカードにもキャッシング枠というのはありますが、基本的に使わなかったりする人もいるでしょう。

しかしキャッシング枠が設定されていると、基本的にローンの際に不利になったりするようなケースがあります。

そこでキャッシング枠を焼失させたいときに、どんな方法をとればいいのか?

実は意外と簡単で、クレジット会社に直接電話をし手見たり、クレジット会社のHPなどからキャッシング枠をなくすという連絡をすれば

簡単に借入枠はなくなります。

インターネットが苦手でも、電話などをするだけでほんの数分程度できゃっしんぐわくはなくなりますので、とても簡単です。

ローンを組んだり、キャッシング枠が必要ない、悪用されるのを避けたいというようなときには、解約をしてみるといいでしょう。

クレジットカードの支払をキャッシングで対応するのは避けるべき!

キャッシングローンの使用例として、生活費の補填や旅行費用、資格取得費用や就職活動費などさまざま挙げられています。しかし、現在ではこれらの多くがクレジットカード決済可能であり、クレジットカードの支払が厳しいといってキャッシングローンで穴埋めするのは避ける必要があります。

特に分割払いを行っている場合、間接的に分割手数料に利息が上乗せされる結果となり、返済負担は大きなものとなります。さらにリボ払いを行っている場合はより総返済額が増える状況を引き起こしてしまいます。

銀行や消費者金融が認めている使用例であっても、返済リスクの増加が考慮されていないケースも多いため、商品紹介などの情報を信じるのは避ける必要があります。

本当に一時的なキャッシングであればクレジットカードの方がお得?

インターネット上でお得なキャッシング方法と言えば、銀行や消費者金融のカードローンを比較するものが多くあります。
しかし、本当にお得なのかと言えば、利息が発生し続けるため、お得とは言い難いのが現状です。
毎月の返済額が少額という反面、返済期間が長期化し易いという問題があります。
例え、口座引き落としにした場合でも、だらだらと返済することになり、金利が低くてもメリットがありません。

一方、クレジットカードのキャッシング枠は利用枠が少額になり、金利も高いことからデメリットが大きいと考えてしまいます。
しかし、翌月に一括返済するという方式が一般的であり、銀行や消費者金融のカードローンに比べ、総返済額が少なくて済むという特徴があります。
さらに、追加返済を行う必要が無いため、提携ATMで発生する手数料も気にしなくて済みます。

より、お得にキャッシングを利用するのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を利用することは悪い方法ではありません。