主婦の節約生活

主婦の話題によくのぼるのが節約の話です。

最近水道代の話を知人としました。

水道代が光熱費の中でも節約できるのではないかと意見が一致。

そこで、まずは水道の開栓を少し締めてみました。

シャワーの量が減る点では少し不満は残り、勢いよく水が出るシャワーヘッドに交換しました。

子どもたちが手を洗う時、歯磨きの時などの無駄な水は節水できているように感じます。

また節水になると聞いたので食洗器も購入しました。

食洗器に関しては、節水もそうですが家事の負担が減り購入して大正解でした。

月に平均1000円もの節水になりました。

初期投資をしてしまったので出費がありましたが、長い目で見て節約になっているということで納得しています。

また貯蓄に関しては、なかなか他の人と話しにくい話題です。

私は図書館に通い、投資信託の勉強をしました。

積立NISAで口座から引き落とされるように設定しました。

またそれとは別に、毎月給料から積立をはじめました。

これらは強制的に引き落とされているので、かなり効果があるように感じます。

今月は苦しいから預金を下ろしたいと思っても、簡単に下せないのもいい点です。

目標の金額によって貯蓄の仕方も変わると思いますが、さきどり貯蓄はおすすめです。

キャッシングはありがたいです。

世の中にはキャッシングをよくないと捉える風潮がありますが、キャッシングはとても便利でありがたいものだと思っています。私は主婦ですがキャッシングを利用したことがあります。まとまったお金が必要だったのですがすぐに用意ができなくてキャッシングしました。

主人に何も頼ることなく、自分の力でできているので誰にも迷惑はかけていません。パート代で賄える額しかキャッシングもしなかったし、キャッシングの返済も期日内だったので無駄な利息を払うこともありませんでした。お金を他人に借りると言う事は親しい友人であってもいいにくいです。

なので、きちんとしたところでお金を借りれる事はとてもありがたいことだと思います。利用する際に計画性があれば本当に便利です。

主婦はキャッシングできる?

主婦でも、突然お金が必要になることってありますよね。

まとまったお金が必要になったけど、夫には言えない。そんなこともあるのではないでしょうか。そんな時、さてどうするか。親がまず思い浮かびますが、老いた両親も年金暮らしだったり細々とした生活をしているのに頼りたくない。友人などには絶対にお金を借りたくない。

こんな時、専業主婦でもキャッシングという手があります。

キャッシングという言葉にすごく抵抗感を持っている方もいらっしゃるでしょうが、きちんと返せる範囲で借りるなら健全なもの。住宅ローンや車のローンと同じようなものです。借りて消せばいいだけ。そんなに非難されるようなものではないのです。

銀行系のカードローンならパートやアルバイトで収入のある方はもちろんですが、無収入の主婦でも借り入れできるものもあります。最近のレディースローンですと、オペレーターも女性だったり、とても親切で相談しやすいと思います。それに嬉しいことに「30日間まで無利息」なんていうカードローンも多いのです。

そして何よりこれは大事なのですが「夫にバレないで借りられる」ものが多いってこと。これが一番不安ですよね。

主婦の方も、突然のお金が必要になったらキャッシングという手もあることを忘れないでくださいね。