キャッシングローンのデメリット!目的別ローンの審査では不利になる!その理由は?

銀行や消費者金融など、キャッシングローンは日常的な現金の不足から長期に亘る借り入れまで対応することが出来ます。特にカードローンは、自分の都合に合わせて借り入れが出来る上、突発的な出費にも対応出来ます。

しかしながら、カードローンは目的別のキャッシングローンに比べ、新たなローン契約をする上では不利になりがちです。そもそも、カードローンは大口融資ではなく、小口融資であり、1万円や2万円といった少額の借り入れが出来ます。しかし、少額の借り入れほど、家計収支の管理が出来ていないと判断される可能性があります。1万円や2万円といった金額は、日常生活において節約次第で簡単に確保出来てしまいます。

そして、何度も借り入れをすることは収支管理が出来ていないだけでなく、預貯金も出来ないという印象を与えてしまいます。借金と預貯金はあまり関係のないものと考えがちですが、お金を計画的に利用するという点では似た性質があり、借金とマイナスをゼロまで貯金するというものと考えられます。

つまり、生活費が足りないからといって頻繁に利用することは、お金に対する考え方や管理がルーズと判断される要因になります。そのため、自動車ローンや住宅ローンの返済リスクが高く評価されてしまいます。

そのため、カードローンは必要最小限の利用限度額とし直ぐに返済する、高額な融資は借り入れ後、返済のみの目的別ローンにするなどといった方法が好ましくなります。10万円の利用限度額であれば、結婚式が3回続いてもご祝儀は捻出できる上、ボーナスで一括返済も可能です。重要なことは、1年以内に完済出来る金額に留めておくことであり、新たなローン契約前に完済状態に出来るかどうかです。

キャッシング契約が出来ない場合、中小消費者金融へ契約を申し込むといったケースがあるものの、よりお金に対する考え方はシビアなため、悪いイメージを与えない様にするのがポイントです。

消費者金融の審査は内容の正確性が重視されます

消費者金融からお金を借りる際には、申し込み時に入力する個人情報と勤務先情報について正確に入力する必要があります。審査段階で過去に他の金融業者から借入を行っている場合には、個人信用情報機関へ登録されている内容と整合性が取れていなければなりません。一度申し込みを行っても、何故か審査に通らなかった場合には、すぐに次の申し込みをせずに、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って登録されている内容を確認してみると良いでしょう。

過去または現在に他の金融業者と取引がある場合には、個人信用情報機関へ取引内容ごとに細かく登録されています。登録されている内容に間違いがある場合には、過去に取引があった金融業者経由で登録修正を依頼することが大切です。次に申し込む消費者金融に対しては、本人確認時に個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる部分を指定して、審査に影響が出ないように経緯を説明すると良いです。

前回の申し込みで審査落ちした理由は開示されませんが、少なくとも個人信用情報機関へ登録されている内容が原因で審査落ちしたのであれば、開示請求を行った事実と内容が誤っていることを伝えることも次の申し込みを突破する可能性を広げる意味では重要です。

キャッシングをする際には比較が大切です

大きな出費をする機会は誰にでも訪れます。

そのような時に、貯蓄があれば問題ないですが、そのような方ばかりではないです。

そのような時に、自力で工面ができない場合はキャッシングをするという事も一つの方法です。

しかし、何も考えずに一番近くの業者を選んでしまうと、利息が高かったり審査に通らなかったりという事も考えられます。

そのような事にならない為には、事前にリサーチをする事が重要です。

しかし、実際に店舗に行ってしまえばその場で決断しなければならない事も予想されます。

その事を回避する為には、インターネットなどでリサーチをすれば問題がないです。

インターネットであれば、自由な時間で検索が出来ますし、忙しい人でもキャッシング業者の比較が出来る為、安心です。

キャッシングの審査について

キャッシングは非常に便利なお金の貸入方法ですがいくつか注意すべき点もあります。

キャッシングには大きく分けると消費者金融によるものと銀行によるカードキャッシングがあります。
この二つのうちで特に多く利用されていて審査も早いのが消費者金融によるキャッシングです。

この消費者金融で融資を受けるには無人のATMに行くだけで可能です。
様々な消費者金融が無人のATMを構えていますのでそこで審査を受けます。

通常お金の借入をする場合は担保や保証人をつけなくてはいけない場合が多いですが、
消費者金融の審査にはこれらがいりません。

そのために審査を受けた即日に融資を受けれる場合が多いのも特徴です。

ここまでは消費者金融でのキャッシングでのメリットですが便利な反面で注意すべき点もあります。

それは平均的なキャッシングよりも金利が高い事があります。
消費者金融でのキャッシングは審査も早く通りやすい事から安易に借入をしてしまう場合があります。

借入をする際は、そのお金が本当に今必要なものなのか、
返済計画はできているかをしっかりと確認する事が必要です。

その確認を怠ると高い金利に元金の返済が間に合わず利子の返済に追われ多重債務に陥る可能性があります。
これが消費者金融のキャッシングで融資を受ける際の特に気をつけなければならない点です。

審査が早く現在ではどこにでもある無人の消費者金融キャッシングですが
注意すべき点をしっかりと認識すれば非常に便利な借入方法ですので
借入する際は御自分の返済計画をしっかりと確認されるといいと思います。

キャッシングのアコム店舗・ATM情報
http://cashinglabo.info/acom/