カードローンの比較検討について

最近、テレビCMやネットの広告などで、よく見かけるカードローン、キャッシング。

毎月の給料があと1万、3万多かったらいいのにな…、今月ちょっと使い過ぎちゃった…などなど、そんな時にお金を簡単に借りることが出来る広告を見ると、ついつい手を出してしまう人が多いのではないかと思います。

分割で返済も出来るし、大丈夫か?と思い込んでしまう人が多く、最初は少額から、だんだん感覚がマヒして、ついつい一万二万…と借り入れ金額が増えていきます。

そこがカードローンの恐ろしいところです。

借りる前にまず、返済時の利率をしっかり確認することが大切です。

アイフルやレイクなどの消費者金融より、銀行系のカードローンのほうが利率が低いところが多いです。

また、初回の借り入れは、会社によりますが、一週間?二週間無利子!というところが多いので、給料日前などに一時的に借りて、給料が入ったら、無利子期間中に返す。それなら、全く損はしません。

あとは、初回の審査で、必ず勤め先に在籍確認の電話がいきます。

会社名は名乗らずに…というところがほとんどですが、そのような電話がかかってくると、怪しく思われたりもするので、事前に会社の人に上手くいっておく(クレジットカード新しく作るので、もしかしたら在籍確認あるかも…など)と良いと思います。

ますは、しっかり色々な会社を調べ、比較検討してから始めてください。

勢いでは始めないほうがいいことは、間違えないです。

キャッシングの申込み先を比較して自分に合ったカードローンを選ぼう

キャッシングの申込み先は、金融業者の数だけ多く存在していますが、申込者にとって最適なカードローン商品は少ないです。なぜなら、カードローン商品ごとに金利設定が異なるだけでなく、契約可能な人の属性範囲に違いがあるので、最初から契約属性として審査通過対象とならないケースもあるからです。

金融業者が受け付けているオンライン申込みの中には、レディースローンでありながら、男性が申し込んでいたりという場合もあります。戸籍上の性別と異なるトランスジェンダー問題があるので、個別に状況を把握する必要があり、システム上で弾いてしまわないようにしている金融業者にとっては、申込み条件を満たさない申込みに対する否決連絡すらも人件費を多く使う内容となってしまいます。

利用規約に明記されていなくても、簡易審査を導入している金融業者が増えているのは、申込み希望者にじっくり選んでもらいたいという事情が見え隠れしているわけです。金利だけでなく、返済日についても指定日のみという金融業者もいれば、最大月6日の中から給与日に合わせて選べる金融業者も登場しています。キャッシング先を選ぶ時には、細かい内容まで比較した上で選ぶことが、申込者だけでなく金融業者にとってもメリットが多いわけです。

アコムとアイフルとプロミスの無利息期間の比較

最近では大手消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは、初めて利用する人であれば、一定期間無利息で利用できる特典が付くことが多くなっています。大手消費者金融として有名なアコム、アイフル、プロミスも初めて契約してキャッシングをする人を対象に、いずれも最大で30日間無利息でキャッシングできるサービスを提供しているのですが、条件や無利息期間開始時期などは微妙に異なります。それぞれの金融機関の無利息期間について解説をします。

・アコム

条件は、アコムの利用が初めてであり、尚且つ返済期日を35日ごととしてカードローンを契約をした人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でカードローンの利用ができます。

・アイフル

条件は、アイフルの利用が初めてであり、キャッシングローンを契約した人となります。契約日の翌日から最大で30日間、無利息でキャッシングの利用ができます。

・プロミス

条件は、プロミスの利用が初めてであり、尚且つeメールアドレスを登録して、ウェブ明細サービスを利用する、とした人となります。初回出金日の翌日から最大で30日間無利息でサービス利用ができます。

それぞれの金融機関の違いをよく理解して、うまく活用したいですね。

キャッシングをする際には比較が大切です

大きな出費をする機会は誰にでも訪れます。

そのような時に、貯蓄があれば問題ないですが、そのような方ばかりではないです。

そのような時に、自力で工面ができない場合はキャッシングをするという事も一つの方法です。

しかし、何も考えずに一番近くの業者を選んでしまうと、利息が高かったり審査に通らなかったりという事も考えられます。

そのような事にならない為には、事前にリサーチをする事が重要です。

しかし、実際に店舗に行ってしまえばその場で決断しなければならない事も予想されます。

その事を回避する為には、インターネットなどでリサーチをすれば問題がないです。

インターネットであれば、自由な時間で検索が出来ますし、忙しい人でもキャッシング業者の比較が出来る為、安心です。