中小の消費者金融を利用する時は最高金利の設定に注意!

中小の消費者金融は大手の消費者金融より審査に柔軟性があるので可決率も高いと言われています。それでどうしてもお金が必要な時は中小の消費者金融でキャッシングをした方が好都合になる事が多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

中小の消費者金融は最高金利が20%で設定されている業者が多いですが、中にはそれ以上に金利になっている事もあります。しかし法律で20%以上の貸付を行うのは違法になるので最高金利が20%で設定されている悪質な業者の可能性が高いです。

利用してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので中小の消費者金融を利用する時は最高金利が20%以下で設定されている事をしっかり確認してから申し込みをするようにしましょう。

アイフルでキャッシングをする事が出来る人は?

アイフルは即日融資を受ける事が出来る大手の消費者金融なので金欠の状態になった時に利用するとすごく助かります。しかし誰でも利用する事が出来るわけではないので注意が必要です。そこでアイフルはどのような人が利用する事が出来るのか確認していきましょう。

アイフルは20歳以上69歳以下で毎月収入を得ている人となっています。それで正社員、派遣社員、アルバイトなどは該当していれば利用する事が可能です。また学生や主婦でも20歳以上69歳以下で毎月収入を得ていれば利用する事が可能です。しかしアイフルは給与所得でないと収入として認められないので専業主婦や年金受給者は利用する事が出来ません。アイフルにキャッシングの申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

消費者金融会社のカードローンを使ったキャッシングで充実した日常を

消費者金融会社でお金を借りる場合、カードローンやキャッシングといった方法が選べます。銀行グループ傘下の消費者金融会社であれば、カードローンという形で融資を受けられます。その為、ローン契約機が銀行の各支店のATMコーナーに設置されている事もあります。

消費者金融会社のカードローンは、キャッシングサービスと同じ使い方が出来ますので、使用用途が色々と考えられます。但し、家や車を購入するといった場合には、目的別ローンを利用した方が金利面や返済方法などの要素で有利です。

カードローンとキャッシングは借入利率を比較しながら選びますと、返済の時の返済総額を抑えられますので、利用者は負担を減らせます。計画的な使い方が利用者の日常を充実したものにしてくれるでしょう。

おまとめローン利用時でも借り入れできるところはあるのか?

おまとめローンは利用中は他から借入できないという風に一般的に言われています。

確かに消費者金融などの規約を見ていると借入できないようなところが多いといわれています。

それも祖もはず、借入金額が多いのに他から借り入れをしたら、返済ができないかもしれないリスクが大きいからです。

ですが、金融機関の中には他からの借り入れができるような場合もあります。

こういったことがある理由としては総量規制によって借入上限があるから、あまりにも借入することはできないという面があるからです。

そうなれば、あまりに返済しきれないお金を借入するようなこともありませんので、安心感があるからこそ

ある程度まではいいという風にしていることがあるのです。

金融事故情報で連鎖的に利用停止や解約の可能性も!

銀行や消費者金融でのローン契約、クレジットカードの契約では個人信用情報が重要です。新規申し込み時に個人信用情報に事故情報があると審査通過は困難になっています。ですが、利用期間中でも注意が必要であり、カードローンの返済遅延でクレジットカードも利用停止になるリスクがあります。

キャッシングを提供する貸金業者は消費者金融だけではなく、クレジットカード会社もあります。特にクレジットカードにショッピング枠の他にキャッシング枠を設けていると連鎖的に利用停止になるケースがあります。貸金業法では、契約者の途上与信を3ヶ月ごとに確認することが義務付けられています。つまり、キャッシング枠のあるクレジットカードも対象となり、結果としてクレジットカード会社にも知られることになります。

現在では、クレジットカードを持っている方が多く、キャッシング枠も知らずに契約していることがあるため、連鎖的に利用停止にならないよう注意が必要です。そのため、クレジットカードではキャッシングを利用しないなどの対策が重要になります。

貸金業者の中には、返済遅延に厳しい対応を取る会社もあり、一回の返済遅延が生活全体に大きなデメリットを与えることもあります。そのため、契約先の検討も慎重に行う必要があります。

大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点

大手の消費者金融は即日融資に対応しているので今すぐお金を借りたい時に利用するとすごく便利です。金欠の状態になった時の対処法として大手の消費者金融でお金を借りるのが定番となってきていますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで大手の消費者金融でお金を借りる時の注意点を確認していきましょう。

・借り過ぎや長期間の返済は危険

大手の消費者金融は即日融資を受ける事が出来るメリットがありますが、金利が高く設定されているデメリットもあります。それにより借り過ぎたり返済期間が長くなると加算される利息も多くなるので返済するのが困難になってしまう可能性があります。借金が膨らむ原因になるので大手の消費者金融でお金を借りる時は必要最低限のお金を借りて早めに返済する事を心掛けましょう。

・借り入れや返済で提携ATMは利用しない

大手の消費者金融の借入方法や返済方法はいろいろありますが、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用する事も可能です。提携ATMはどこにでもあるのですごく便利ですが、利用すると1回ごとに手数料が発生してしまいます。1回ごとに手数料を支払っていると返済する時の負担も大きくなるので提携ATMは利用しないようにしましょう。

消費者金融の審査は内容の正確性が重視されます

消費者金融からお金を借りる際には、申し込み時に入力する個人情報と勤務先情報について正確に入力する必要があります。審査段階で過去に他の金融業者から借入を行っている場合には、個人信用情報機関へ登録されている内容と整合性が取れていなければなりません。一度申し込みを行っても、何故か審査に通らなかった場合には、すぐに次の申し込みをせずに、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行って登録されている内容を確認してみると良いでしょう。

過去または現在に他の金融業者と取引がある場合には、個人信用情報機関へ取引内容ごとに細かく登録されています。登録されている内容に間違いがある場合には、過去に取引があった金融業者経由で登録修正を依頼することが大切です。次に申し込む消費者金融に対しては、本人確認時に個人信用情報機関へ登録されている内容と異なる部分を指定して、審査に影響が出ないように経緯を説明すると良いです。

前回の申し込みで審査落ちした理由は開示されませんが、少なくとも個人信用情報機関へ登録されている内容が原因で審査落ちしたのであれば、開示請求を行った事実と内容が誤っていることを伝えることも次の申し込みを突破する可能性を広げる意味では重要です。

キャッシングにおける銀行と消費者金融の違い

キャッシングには銀行で行う場合と消費者金融で行う場合があります。
いずれもキャッシングをすること自体には変わりはありませんが、条件面などにおいていくつか違うところがあります。

まず金利面ですが、消費者金融の場合は、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれた時代もあり、年利30%以上というのも珍しくはありませんでした。

しかし現在はそのような高金利は法律で禁止されていますので、大体18%くらいまでとなっています。

消費者金融同士では禁裏はどこもそれほど大きくは変わりません。
ですので、お互いにサービスの質をいかに向上させていくかでしのぎを削っています。

一方、銀行の金利は、消費者金融に比べるとかなり低く抑えられています。
これは、銀行というのは昔から地域に根ざして、住民との信頼関係をしっかり築き上げてきているため、低金利となっているのです。

また、融資限度額については、消費者金融は銀行よりも低めになります。

これは金融庁の指導で、借りすぎによるトラブルを防止するため、貸金業法で、年間所得の3分の1までしか借入はできないようになっているためです。

これを総量規制といいます。それに対して、銀行は貸金業法ではなく銀行業法に基づいて運営しており、総量規制の対象とはなっていません。
そのため、融資限度額は消費者金融よりも高く設定されているのです。

ただ、銀行は審査が厳しく、融資には慎重であることが多いのが一般的です。