大手消費者金融の特徴について

大手消費者金融には、中小の消費者金融にはなかなかない特徴があります。

一つは借り入れ、返済の手段が多いことです。 大手の資金力や情報網などは中小では太刀打ちできないもので、全国のコンビニなどで返済で来たり

借り入れの手段も電話やインターネット、自動契約機など種類がかなり豊富です。

二つ目はサポート体制です。 インターネットや電話など、良くわからないことをしっかりとさぽーつできるだけではなく、返済に関しての相談や

商品の種類も豊富で、女性向けや個人事業主向け、各目的別のローンなど金融商品の種類も1社で提供している数が多いです。

契約者には、別のお店などでも利用できるお得な割引などの特典といったものもあり、利用者に大きなサービスが付くようなこともあります。

複数の消費者金融にキャッシングの申し込みをしてはいけない理由は?

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われるので可決されるかどうか不安になる事もありますよね。その影響で複数の消費者金融にキャッシングの申し込みをしてしまう人もいます。

一つの業者で審査が否決になっても他で可決されればいいと保険をかけているつもりですが、絶対にしてはいけません。そこでなぜ複数の消費者金融にキャッシングの申し込みをしてはいけないのか見ていきましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをするとリアルタイムで信用情報に履歴が残ります。複数の消費者金融にキャッシングの申し込みをすると申し込みブラックと判断されて多重債務のリスクがあると思われてしまいます。その影響で審査が否決される可能性が高いので複数の消費者金融にキャッシングの申し込みは絶対にしないようにしましょう。

消費者金融で即日お金をキャッシング

私は3年前にギャンブルにはまってしまい毎月給料のほとんどをギャンブルにつぎ込むような生活を送っていました。

別に実家暮らしとかで独り身なら問題ないでしょ!って思われるかもしれませんが結婚はしていなかったものの同棲している彼女がおり、賃貸のアパートに暮らしていました。

田舎なのでそこまで家賃や生活費が高いわけではありませんが給料のほとんどをギャンブルにつぎ込んでしまった時はさすがに家賃や生活費がほとんどなく彼女にばれたらやばいと思い何か方法はないかと友人に相談したところ某有名な消費者金融を紹介してもらいました。

最初は正直消費者金融かーと不安はあったんですが迷っている暇もないと思い早速自動キャッシングコーナーに向かい無事審査も通り30万を即日キャッシングすることが出来なんとか生き延びる事が出来ました!

消費者金融の無利息期間は契約日に要注意

大手消費者金融各社は初めて利用する方などに一定期間無利息でキャッシングを行なうことができる無利息期間を設けています。

これにより、急な要件でお金が必要になった場合でも決められた期間内に返済することで利息を払わずにキャッシングを行なうことができるのです。

ただしこの無利息期間には注意しなければならない点もあり、無利息期間が始まるタイミングが契約日の翌日からになっている場合があるという点です。

契約した日とキャッシングをした日が異なる場合でも無利息期間は契約日の翌日から始まってしまう消費者金融もあるので、申し込みをする前に無利息期間がいつから開始になるのかしっかりと確認をしましょう。

無利息期間を過ぎてしまうと日割り計算で利息が1日ずつ加算されていくため、できるだけ早く返済した方が返済額を少なく済ませることができます。

消費者金融は即日融資が便利

消費者金融からお金を借りる時には、即日融資が可能なところを選ぶのがポイントです。消費者金融からお金の融資をうけたいと考える時には急いでいることが多いため、少しでも早くお金が手に入ったほうが便利ですし、予定も立てやすくなります。

即日融資をしてもらえるポイントは、早めに申し込みを済ませておくことです。ネットから融資可能かのシミュレーションが出来ますし、可能と診断されたらすぐに申し込みを済ませておけば、早くて1時間程度で審査が完了します。申し込みをした後コールセンターに電話をして急いでいる旨を伝えておくと、優先的に審査をしてもらうことが可能です。支払い期限が迫っていたり冠婚葬祭でお金が足りないという時に便利です。

中小の消費者金融を利用する時は最高金利の設定に注意!

中小の消費者金融は大手の消費者金融より審査に柔軟性があるので可決率も高いと言われています。それでどうしてもお金が必要な時は中小の消費者金融でキャッシングをした方が好都合になる事が多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

中小の消費者金融は最高金利が20%で設定されている業者が多いですが、中にはそれ以上に金利になっている事もあります。しかし法律で20%以上の貸付を行うのは違法になるので最高金利が20%で設定されている悪質な業者の可能性が高いです。

利用してしまうとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので中小の消費者金融を利用する時は最高金利が20%以下で設定されている事をしっかり確認してから申し込みをするようにしましょう。

アイフルでキャッシングをする事が出来る人は?

アイフルは即日融資を受ける事が出来る大手の消費者金融なので金欠の状態になった時に利用するとすごく助かります。しかし誰でも利用する事が出来るわけではないので注意が必要です。そこでアイフルはどのような人が利用する事が出来るのか確認していきましょう。

アイフルは20歳以上69歳以下で毎月収入を得ている人となっています。それで正社員、派遣社員、アルバイトなどは該当していれば利用する事が可能です。また学生や主婦でも20歳以上69歳以下で毎月収入を得ていれば利用する事が可能です。しかしアイフルは給与所得でないと収入として認められないので専業主婦や年金受給者は利用する事が出来ません。アイフルにキャッシングの申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

消費者金融会社のカードローンを使ったキャッシングで充実した日常を

消費者金融会社でお金を借りる場合、カードローンやキャッシングといった方法が選べます。銀行グループ傘下の消費者金融会社であれば、カードローンという形で融資を受けられます。その為、ローン契約機が銀行の各支店のATMコーナーに設置されている事もあります。

消費者金融会社のカードローンは、キャッシングサービスと同じ使い方が出来ますので、使用用途が色々と考えられます。但し、家や車を購入するといった場合には、目的別ローンを利用した方が金利面や返済方法などの要素で有利です。

カードローンとキャッシングは借入利率を比較しながら選びますと、返済の時の返済総額を抑えられますので、利用者は負担を減らせます。計画的な使い方が利用者の日常を充実したものにしてくれるでしょう。

おまとめローン利用時でも借り入れできるところはあるのか?

おまとめローンは利用中は他から借入できないという風に一般的に言われています。

確かに消費者金融などの規約を見ていると借入できないようなところが多いといわれています。

それも祖もはず、借入金額が多いのに他から借り入れをしたら、返済ができないかもしれないリスクが大きいからです。

ですが、金融機関の中には他からの借り入れができるような場合もあります。

こういったことがある理由としては総量規制によって借入上限があるから、あまりにも借入することはできないという面があるからです。

そうなれば、あまりに返済しきれないお金を借入するようなこともありませんので、安心感があるからこそ

ある程度まではいいという風にしていることがあるのです。

金融事故情報で連鎖的に利用停止や解約の可能性も!

銀行や消費者金融でのローン契約、クレジットカードの契約では個人信用情報が重要です。新規申し込み時に個人信用情報に事故情報があると審査通過は困難になっています。ですが、利用期間中でも注意が必要であり、カードローンの返済遅延でクレジットカードも利用停止になるリスクがあります。

キャッシングを提供する貸金業者は消費者金融だけではなく、クレジットカード会社もあります。特にクレジットカードにショッピング枠の他にキャッシング枠を設けていると連鎖的に利用停止になるケースがあります。貸金業法では、契約者の途上与信を3ヶ月ごとに確認することが義務付けられています。つまり、キャッシング枠のあるクレジットカードも対象となり、結果としてクレジットカード会社にも知られることになります。

現在では、クレジットカードを持っている方が多く、キャッシング枠も知らずに契約していることがあるため、連鎖的に利用停止にならないよう注意が必要です。そのため、クレジットカードではキャッシングを利用しないなどの対策が重要になります。

貸金業者の中には、返済遅延に厳しい対応を取る会社もあり、一回の返済遅延が生活全体に大きなデメリットを与えることもあります。そのため、契約先の検討も慎重に行う必要があります。