キャッシングローンのデメリット!目的別ローンの審査では不利になる!その理由は?

銀行や消費者金融など、キャッシングローンは日常的な現金の不足から長期に亘る借り入れまで対応することが出来ます。特にカードローンは、自分の都合に合わせて借り入れが出来る上、突発的な出費にも対応出来ます。

しかしながら、カードローンは目的別のキャッシングローンに比べ、新たなローン契約をする上では不利になりがちです。そもそも、カードローンは大口融資ではなく、小口融資であり、1万円や2万円といった少額の借り入れが出来ます。しかし、少額の借り入れほど、家計収支の管理が出来ていないと判断される可能性があります。1万円や2万円といった金額は、日常生活において節約次第で簡単に確保出来てしまいます。

そして、何度も借り入れをすることは収支管理が出来ていないだけでなく、預貯金も出来ないという印象を与えてしまいます。借金と預貯金はあまり関係のないものと考えがちですが、お金を計画的に利用するという点では似た性質があり、借金とマイナスをゼロまで貯金するというものと考えられます。

つまり、生活費が足りないからといって頻繁に利用することは、お金に対する考え方や管理がルーズと判断される要因になります。そのため、自動車ローンや住宅ローンの返済リスクが高く評価されてしまいます。

そのため、カードローンは必要最小限の利用限度額とし直ぐに返済する、高額な融資は借り入れ後、返済のみの目的別ローンにするなどといった方法が好ましくなります。10万円の利用限度額であれば、結婚式が3回続いてもご祝儀は捻出できる上、ボーナスで一括返済も可能です。重要なことは、1年以内に完済出来る金額に留めておくことであり、新たなローン契約前に完済状態に出来るかどうかです。

キャッシング契約が出来ない場合、中小消費者金融へ契約を申し込むといったケースがあるものの、よりお金に対する考え方はシビアなため、悪いイメージを与えない様にするのがポイントです。