主婦の節約生活

主婦の話題によくのぼるのが節約の話です。

最近水道代の話を知人としました。

水道代が光熱費の中でも節約できるのではないかと意見が一致。

そこで、まずは水道の開栓を少し締めてみました。

シャワーの量が減る点では少し不満は残り、勢いよく水が出るシャワーヘッドに交換しました。

子どもたちが手を洗う時、歯磨きの時などの無駄な水は節水できているように感じます。

また節水になると聞いたので食洗器も購入しました。

食洗器に関しては、節水もそうですが家事の負担が減り購入して大正解でした。

月に平均1000円もの節水になりました。

初期投資をしてしまったので出費がありましたが、長い目で見て節約になっているということで納得しています。

また貯蓄に関しては、なかなか他の人と話しにくい話題です。

私は図書館に通い、投資信託の勉強をしました。

積立NISAで口座から引き落とされるように設定しました。

またそれとは別に、毎月給料から積立をはじめました。

これらは強制的に引き落とされているので、かなり効果があるように感じます。

今月は苦しいから預金を下ろしたいと思っても、簡単に下せないのもいい点です。

目標の金額によって貯蓄の仕方も変わると思いますが、さきどり貯蓄はおすすめです。

貯蓄や節約の先にあるものは?

この記事を読んでる方はおそらく将来のことでお金についての不安が大なり小なりあるのかなと思います。

貯蓄や節約は確かにないよりはあった方がいいと思います。

ですが、貯金や節約をしているという話を聞くと生活を切り詰めてという内容も少なくないですよね。

そんな人に聞きたいのですが、そもそも貯蓄や節約をすることが目的になってはいないでしょうか?

お金はあくまでなにかを成し遂げるための道具に過ぎません。

道具を増やすことを目的としては生活はいつまでたっても変わらないですし、気持ち的にも辛くならないですかね?

切り詰めるだけではなくて、ガス抜きも必要だと私は思います。

将来のことは考えてもわからないので、まず3ヶ月分程度の給与分を貯めてみましょう。

生活費の見直しをしてみるのもよいですね。

日々、なににいくらお金を使ってしまっているのか、明らかにすることでみえてくることもあります。

また貯金が全然できないという人は固定費の見直しも必要です。

引っ越し代がかかってしまいますが、ランニングコストを考えると検討してみる価値はありますよ。

貯金ができている人は投資などで増やすという方法があります。

投資はこわいものだと思うかもしれませんが、好きな企業を応援して、リターンで商品券がもらえたりします。

場合によっては元金割れのリスクもありますが、少額ずつ生活に支障のない額を積み立てていくと何年後かには増えているなんてこともあります。

銀行に預けているだけでの利息では増えません。

あくまで1つの案として投資なども考えてみてください。

楽天スーパーポイントで節約

様々なお店のポイントやポイントサイトがありますが、私はできるだけ楽天スーパーポイントにまとめるようにしています。

まとめることによって、ポイントを多く貯め、商品の購入代金を少しでも節約するためです。

クレジットカードは楽天カードにし、カード払いでポイントを貯める。スマホ代もキャリアから楽天モバイルに変更し、こちらでも貯める。(ポイントでスマホ代を安くすることもできます。) 楽天銀行の口座を開設し、こちらでも貯める、など…

また、ATMの引き出し手数料もできるだけ節約したいので、楽天銀行のデビッドカードも作っています。

あまり現金を引き出さず、クレジットカード、デビッドカードをうまく使い分け、手数料を節約しつつポイントを貯める、というようにしています。

私は個人事業主なので、毎年確定申告をしなければいけません。税金対策と同時に食費の節約にもなる「ふるさと納税」でも楽天を利用しています。

「ふるさと納税」は給与所得の方にもぜひオススメです。自己負担額が実質2000円で、納税するはずだった金額分の返礼品がいただけるのですから…

私の場合は徹底的に楽天スーパーポイントにまとめて生活費を節約していますが、現在いろいろ分散してポイントを貯めている方も多いかと思います。見直してどれか一つにまとめると、かなり節約できると思います。