総量規制を気にせずお金を借りられる銀行カードローン

消費者に対してお金の融資を行っているサービスは何種類もありますが、それらのサービスの中には法律によって融資を受けられる金額に上限が決められているものもあります。法律による借入可能額の上限のことを総量規制といいますが、この規制では年収の三分の一までが融資を受けられる上限と定められており、その対象は消費者金融や信販会社、クレジット会社などとなっています。

そのため、消費者金融のキャッシングなどでは総量規制の影響を受けて自身の年収によっては自分の希望額の融資を受けられないケースもあります、万が一、総量規制の影響で消費者金融などからの融資が受けられないという場合には、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを利用してお金のの工面をするようにしましょう。

金利の面で有利な銀行キャッシング

まとまった額の借り入れの場合、色々な面から消費者金融よりも銀行のキャッシングサービスが非常に有利になってきます。

まず第一に、同じ額を借り入れるなら銀行の金利の方が安くなることが多いです。消費者金融よりも若干審査が厳しいかとは思いますが、現在他社で借り入れがなく信用情報に傷のない方でしたらまず銀行のキャッシングの審査を受けてみると良いでしょう。

また、まとまった額の借り入れの場合、消費者金融ですと総量規制がありますので収入の1/3までしか借りられませんが、銀行の場合はその総量規制の対象外となりますので、必要額が大きい時は銀行のキャッシングを利用することになります。

急ぎの出費にも、消費者金融と変わらないくらいスピーディに借入の契約ができる銀行もありますので、非常に便利なサービスですね。

総量規制がネックで借り入れできない?!

お金を借りようとすると当然審査を受けることになりますが、
総量規制という法律がネックで借り入れができない人もいます。

この法律は貸金業者に適用される法律なのですが、
年収の3分の1までしか融資できないというものです。

利用者の借りすぎを規制するための法律ではあるのですが、
人によってはこれを超えて借り入れをしたいという人もいるようです。

そうした人は銀行のカードローンのようなサービスを利用するといいです。

というのも銀行の借り入れは総量規制の対象外となっているので、
審査をする上でもカウントされません。

もちろん審査では返済能力について検討されることになるので
総量規制の対象外だからといって際限なく借り入れができるわけではありません。