総量規制対象外とは?

お金を貸し付けることに関して規制があります。それは本当に色々とあるのですが総量規制というのもあるのです。キャッシングサービス、カードローンサービスにおいて、総量規制というのが課せられるようになりました。貸し付ける総量に対する規制になりますから、よく覚えておきましょう。それが年収の三分の一、ということになっています。

しかし、対象外となることもありますから、色々とタイプがある、ということはよく理解しておきましょう。まず総量規制対象外となるのが銀行です。あくまで総量規制とは貸金業に対する規制になりますから、要するに消費者金融などが規制の対象になるわけです。つまりは、銀行のカードローンなどは総量規制、貸し付け制限が課せられることがない、ということになります。しかし、だからといって銀行が年収の三分の一以上を確実に貸してくれるわけではない、ということは認識しておきましょう。

もう一つ、規制の対象外となるのが、おまとめローンなどになります。総量規制とは貸し付ける側の規制ではあるのですがおまとめローンの場合、借り手が金利面などでお得になります。お得になるわけですから、それに関しては規制外になっています。

総量規制対象外のキャッシングとは

キャッシングには総量規制の対象になるものとそうでないものの二通りがあります。総量規制を受けるキャッシングの場合、全社合わせて年収の3分の1までしかお金を借りることはできません。そのため、既にキャッシングでお金を借りている人は、信用力に余力があっても総量規制にかかって審査落ちになる可能性があります。

総量規制は貸金業法にその規定があります。したがって貸金業法が適用されない会社のキャッシングはすべて総量規制対象外となります。具体的には銀行、信用金庫などのキャッシングが総量規制対象外です。これに対して消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の適用を受けます。これらのキャッシングは総量規制の対象となります。

総量規制対象外のキャッシングのほうが制限を気にしなくてもよいぶん、使いやすいのは事実です。ただ、一般的に銀行などのキャッシングは審査が厳しくなる傾向にあります。総量規制を受けるキャッシング、総量規制対象外のキャッシングはともにそれぞれの特徴があるので、自分の利用方法や信用力に応じて上手に使い分けましょう。