金融事故情報で連鎖的に利用停止や解約の可能性も!

銀行や消費者金融でのローン契約、クレジットカードの契約では個人信用情報が重要です。新規申し込み時に個人信用情報に事故情報があると審査通過は困難になっています。ですが、利用期間中でも注意が必要であり、カードローンの返済遅延でクレジットカードも利用停止になるリスクがあります。

キャッシングを提供する貸金業者は消費者金融だけではなく、クレジットカード会社もあります。特にクレジットカードにショッピング枠の他にキャッシング枠を設けていると連鎖的に利用停止になるケースがあります。貸金業法では、契約者の途上与信を3ヶ月ごとに確認することが義務付けられています。つまり、キャッシング枠のあるクレジットカードも対象となり、結果としてクレジットカード会社にも知られることになります。

現在では、クレジットカードを持っている方が多く、キャッシング枠も知らずに契約していることがあるため、連鎖的に利用停止にならないよう注意が必要です。そのため、クレジットカードではキャッシングを利用しないなどの対策が重要になります。

貸金業者の中には、返済遅延に厳しい対応を取る会社もあり、一回の返済遅延が生活全体に大きなデメリットを与えることもあります。そのため、契約先の検討も慎重に行う必要があります。