1ヶ月無利息プロミスへの返済が終わりました

2週間ほど前に義理の両親から借金の申し込みが携帯電話に入りました。

年金生活で確実に入金されるのは間違いがないので返済への不安や心配は全くありません。

電話で相談をされた次の日には指定口座に入金しました。

ところが今度は私たち家族の中で緊急でお金が必要になってしまいました。

主人と話し合って消費者金融への申し込みをする事にしました。

主人は仕事で時間が合わないので、私の名義で申し込みをする事にしました。

レディースキャッシングで女性のオペレーターの人が対応してくれたので安心しました。

必要事項を相手に伝えて30分程で審査結果の連絡がありました。

今は身分証も携帯カメラで撮影して送る事が出来るので驚きました。

審査には無事に承諾され、必要な5万円の希望額でしたが10万円までの枠がありました。

多く引出をしても返済が大変になると困るので、必要な5万円だけ振込みで入金してもらいました。

カードは後日、自宅に届きました。

この5万円の返済ですが借り入れから1か月までは無利子になります。

振込みから1週間ほどで自宅にカードが届きました。

その返済の為に5万円をコンビニのATMから返済してきました。

急な出費に対応してもらえて、無事に無金利で返済が出来たので本当に助かりました。

次回に必要なお金の入用があるまで、カードは大切に保管しておきます。

おまとめローン利用時の鉄則とは

おまとめローンを利用することが出来れば、目に見えるようなデメリットは感じられることはありません。おまとめローンは利用する側のメリットが多いローン商品であることは間違いない事実です。
しかし、一見するとおまとめローンのメリットに見える「月々の返済金額」を減らせるということは実はデメッリトになる可能性が高いので、おまとめローンを利用するときには「月々の返済額」についてはよほど注意して設定することが必要です。

月々の返済額を減額するということは、その返済額に対して元本への充当額が少なくなるということを意味しています。
元本への充当額が少なくなれば当然ながら、元本が減っていくスピードは遅くなることが考えられます。
つまり、いつまでたっても返済が終わらず、おまとめローンのメリットを享受するどころか、たくさんの利息額を払うことによっておまとめローンの金融機関を喜ばせるだけということになってしまいます。

それぞれのおまとめローンの返済シュミレーションを利用してメリットのある月々の返済額を設定する必要がありますが、もし月々の返済額に不安がある場合には月々の返済額を少なくして、繰り上げ返済をできるだけ利用して早期完済を目指すべきでしょう。

おまとめローンを効果的に活用するには

おまとめローンを利用すれば、複数の金融機関からの借入の管理が簡素化されることになりますし、金利も下がることがほとんどです。実質的に借金が減額されるわけではありませんが、おまとめローンを活用することで返済が容易になることが考えられます。

おまとめローンを活用するためには月々の返済額をどうするかしっかりと考えなければなりません。おまとめローンでは月々の返済額を少なくすることもできますが、あまりに月々の返済額を減らしてしまいますと、返済期間が長期化することになり、総返済額が増えることにつながりかねません。

逆に月々の返済額を以前と変わらないくらいの金額にするとか、以前の返済額よりも総額すれば、金利が下がることから総返済額が大幅に減額されることが考えられます。もちろん、借金の総返済額に対する金利の効果は大きいですから、月々の返済額を少し減らしても総返済額が減ることもありますが、おまとめローンのメリットをフルに活用するためには月々の返済額をしっかりと検討するべきです。

極論をすればおまとめローンを利用するならば少なくとも総返済額が減るように活用しなければおまとめローンの意味はないといってもいいでしょう。

返済が遅れそうになったら、、、

返済がおくれたと分かった時点で、はやくくカード会社に送れることを連絡することです。早めに連絡すれば返済日を送らせてくれたり、利息分だけの支払いでその月は済ませてくれるケースがあります。そして、どうしても返済できなければ返済するためのキャッシングをする方法もあって、カードでのキャッシングは他のローンより審査に通りやすくて、手軽にかりられて、借金を返すため借入をする方は多いです。

そして、クレジットカードキャッシングはお金をかりる機能で、これにはショッピング機能とキャッシぐ機能といった2つの機能があって、これで買い物をしてキャッシング機能でお金を借りる仕組み。そして、勝っ寝具機能とまぎらわしい名前を持った機能などもあります。

クレジットカードはショッピング機能・キャッシぐ機能2つがあって、ショッピング機能は買い物の機能で、ショッピング枠といった枠の中で利用可能です。そしてキャッシングはお金を借りる機能で、キャッシング枠という枠の中で利用できます。そして、キャッシング枠はショッピング枠中に入っていてショッピング枠・キャッシング枠がフルに使えるのではないです。キャッシング枠と同じようにクレジットでお金を借りるにはクレジットカード現金化があります。

返済は最優先に行う

「借りたものは返す」これは至極当然のルールであると言えます。借りる相手を問わず、借りたものをしっかりと返すことが出来なければ人としての信用を無くしてしまうだけでなく、それ以降は何も貸してもらえない状況に陥ってしまう可能性も高くなります。

今やキャッシングを利用してお金を借りる人は非常に多くなりました。それぞれ理由は違うにしても共通していることは「お金を借りる」ということです。もし、自分がお金を貸してそれがしっかりと返済されなければどう思うでしょうか。おそらく「この人は信用できない。もう貸すことは止めよう。外の人にも教えてあげよう。」といった内容を思う方が大半かと思います。これは消費者金融においても同様のものです。

しかし、一つ個人間の問題と違うことは、「客観的な事実として広く共有されてしまう」ということです。ご存知の方いるでしょうが、キャッシングを提供している業者はそれぞれある情報を共有しています。この情報こそが「個人信用情報」というものであり、キャッシング利用における審査はこの情報が大きな影響を持っています。

もし、返済を怠ってしまったり踏み倒そうとするとその事実はしっかりと刻まれ、それ以降は信用取引(キャッシングや一部ローンなど)を組むことが非常に難しくなってしまいます。もちろん、食事も我慢して返済をしろということはありませんが、自分を律して極力返済を優先していくことが重要です。