総量規制対象外とは?

お金を貸し付けることに関して規制があります。それは本当に色々とあるのですが総量規制というのもあるのです。キャッシングサービス、カードローンサービスにおいて、総量規制というのが課せられるようになりました。貸し付ける総量に対する規制になりますから、よく覚えておきましょう。それが年収の三分の一、ということになっています。

しかし、対象外となることもありますから、色々とタイプがある、ということはよく理解しておきましょう。まず総量規制対象外となるのが銀行です。あくまで総量規制とは貸金業に対する規制になりますから、要するに消費者金融などが規制の対象になるわけです。つまりは、銀行のカードローンなどは総量規制、貸し付け制限が課せられることがない、ということになります。しかし、だからといって銀行が年収の三分の一以上を確実に貸してくれるわけではない、ということは認識しておきましょう。

もう一つ、規制の対象外となるのが、おまとめローンなどになります。総量規制とは貸し付ける側の規制ではあるのですがおまとめローンの場合、借り手が金利面などでお得になります。お得になるわけですから、それに関しては規制外になっています。

おまとめローンを効果的に活用するには

おまとめローンを利用すれば、複数の金融機関からの借入の管理が簡素化されることになりますし、金利も下がることがほとんどです。実質的に借金が減額されるわけではありませんが、おまとめローンを活用することで返済が容易になることが考えられます。

おまとめローンを活用するためには月々の返済額をどうするかしっかりと考えなければなりません。おまとめローンでは月々の返済額を少なくすることもできますが、あまりに月々の返済額を減らしてしまいますと、返済期間が長期化することになり、総返済額が増えることにつながりかねません。

逆に月々の返済額を以前と変わらないくらいの金額にするとか、以前の返済額よりも総額すれば、金利が下がることから総返済額が大幅に減額されることが考えられます。もちろん、借金の総返済額に対する金利の効果は大きいですから、月々の返済額を少し減らしても総返済額が減ることもありますが、おまとめローンのメリットをフルに活用するためには月々の返済額をしっかりと検討するべきです。

極論をすればおまとめローンを利用するならば少なくとも総返済額が減るように活用しなければおまとめローンの意味はないといってもいいでしょう。