みずほ銀行のATMが止まって困っている人がたくさんいるらしい

さっきテレビのニュースを見ていると、この3連休みずほ銀行は新システムに移行するためATMやネットバンキングが使えなくて現金を引き出せない人が結構いるようです。インタビューに答えていた若者は「あと3000円しかない」と半べそをかいていました。私はみずほ銀行の口座を持っていないので関係ありませんが、もしメインバンクのATMが使えなくなったらどうするか考えてみました。

まず手持ちのお金が全くないなら、親か友達に頭を下げて5000円でも借りるでしょうね。もし断られたら大手消費者金融に駆け込むかもしれません。なぜなら大手消費者金融なら、連休中でも午後9時くらいまでは即日融資が受けられるからです。担当者に事情を話して、とりあえず5000円ほど借りて無利息期間中に返済すれば問題ありません。

コンビニATMで余計な借り入れになった!余った分は専用ATMで返済!

銀行や消費者金融のカードローンは、今やコンビニATMを利用することでいつでも自由に利用することができます。ただし、提携ATMは契約先とは異なる金融機関を経由するため、利用手数料が発生してしまいます。

急いでいる時には便利ではあるものの、通常時は可能な限り利用を避けるのがベストです。しかし、コンビニATMの落とし穴はこれだけではありません。

最低利用金額が千円単位ではなく、1万円単位が一般的であり、必要な金額に対して余計に借り入れしてしまうことがあります。その結果、無駄な利息を発生させてしまうといった問題もあります。

そこで、余計に借り入れしてしまった分については、速やかに専用ATMから返済することがおすすめです。当日であれば利息を発生させることも無い上、利用手数料の発生も避けられます。急いで現金が必要だったとしても、支払後に時間の余裕が生じる際にはこの方法により返済してしまうのがポイントです。